2015年06月14日

なでしこ、カメルーンになんとか勝利し決勝トーナメント一番乗りの件などを前振りに、6月13日のセ・パ交流戦

DSC_1307.jpg
2011.12.30東証ホールにて撮影。左が佐々木監督、中央が安藤梢選手、右は中西哲生氏】
安藤選手にとっては無念でしょうが…

サッカー女子W杯2015:1次リーグ第2戦(C組)/日本2−1カメルーン
【得点】
前半:2-0/鮫島 彩(前半6分)、菅沢優衣香(前半17分)
後半:0-1/ヌシュット(後半45分)
【戦評】
 日本はシュート数で4対20とカメルーンに劣りながらも、序盤の好機を確実に生かした。前半6分、川澄からの右クロスを鮫島が左足で先制ゴール。同17分は左CKを起点に宮間のクロスを菅沢が頭で合わせた。
 その後はなかなか攻撃を組み立てられなかった。相手の速攻に苦しみ、終了間際には失点。さらにピンチを招いたが、逃げ切った
この試合は日本時間の13日11時(現地時間12日19時)に始まったわけですが、その時間帯は仕事中だったのでLiveでは昼休みにスマホのワンセグでチラ見した程度。家に帰ってからNHK BS1での録画中継を流してはいましたが、既に結果がわかっているので、集中しては見てません。なので、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカーblogramによるブログ分析
そのあたりは湘南ベルマーレの公式HPにも試合結果しか載ってないしベルサポで現地に行った人のレポも見つからず。エスパルスサポのブログを探したら、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 11:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ全般(複数カテはこちら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする