2015年09月03日

9月2日のプロ野球およびサッカーナビスコ杯の件を前振りに、「結果を出す人のメールの書き方: 読み手の心に刺さるビジネス短文の極意」

まずは、昨日のプロ野球およびサッカーナビスコ杯準決勝第1戦の結果。
9月2日のセ・リーグ
◇広島5―1阪神(甲子園)
 広島は1点を追う4回表、新井の本盗で同点とする。5回には、菊池の適時二塁打で勝ち越しに成功すると、さらにエルドレッドの3ランが飛び出しリードを広げた。投げては、先発・前田が7回1失点の好投で今季11勝目。敗れた阪神は先発・岩田が試合をつくれず3連敗
◇ヤクルト5―3巨人(金沢)
 ヤクルトが3連勝。四回に畠山の2点適時打で勝ち越し、五回に川端の適時打で加点した。小川は7回3失点と好投し、自身6連勝で10勝目。
◇DeNA3―2中日(ナゴド)
 DeNAが今季の中日戦勝ち越しを決めた。六回にロペスの2点適時打で突き放した。6回1失点の三浦は7月以来の白星。中日は5連敗。

9月2日のパ・リーグ
◇オリックス6―3楽天(コボスタ宮城)
 オリックスが連敗を5で止めた。1点を追う六回、中島の適時打、伊藤の犠飛などで逆転。東明は4連勝でチームトップの9勝目。

ロッテ4―2日本ハム(東京ドーム
 ロッテは一回に角中が2ラン、七回は荻野のソロで突き放した。石川は7回被安打3の好投。日本ハムは八回無死満塁の逸機が響いた。

◇ソフトバンク5―4西武(西武プリンスドーム)
 ソフトバンクは延長十二回無死から、柳田の左中間ソロ本塁打で勝ち越した。西武は4点差を追いついたが、十一回2死満塁の好機を生かせず。
>セは首位阪神と2位ヤクルトがゲーム差なし。
>1ゲーム差で3位巨人、4位広島も3.5ゲーム差と
詰まってきて面白くなった一方で
>パはソフトバンクが首位独走。2位も日ハム独走で
>セ・パ詰まってないし…


ナビスコ杯準々決勝第1戦
新潟 5-0 浦和
G大阪 1-1 名古屋
FC東京 2-2 鹿島
0-2 神戸
※第2戦は9月6日(日)に開催
このうち管理人は、クルマでの移動中に最初はなんとか入ったABCを聴いていたですが、その時点では阪神が1−0でリード。そして、海老名SAに着いた時点で広島が同点に追いついたのは認識していたものの、
これで同点だったとわね(^_^;)
その後の状況は、SA内での食事中にTwitterのTLで把握できたので、
という方針に基づき、ヤクルトと西武の応援を。その結果は上記のとおりですが、個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 サッカーブログへ人気ブログをblogramで分析
ドローンを飛ばすな!打球を飛ばせヾ(*`Д´*)ノ
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramで人気ブログを分析
という和田監督に読んで欲しい本。

結果を出す人のメールの書き方 読み手の心に刺さるビジネス短文の極意

もっとも、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする