2015年09月21日

甲子園に帰ったら勝ってしまった件【阪神8−1ヤクルト】はじめ、9月20日のプロ野球とJリーグの件等

本題に入る前に、昨日のエントリーの最後の方で触れた「歴史的勝利の桜の勇者」の件
昨日出先からの帰りにニッポン放送のナイター中継で「原監督も『最後まで諦めらたらいけないということですね』とコメントしてました」と聴いたんはずが…
選手にはそれが伝わっていなかったようで(^_^;)

一方、金・土と連敗して、個人的にはあきらめムードで、
と無責任なことを言っては見たものの…

野球9/20 18:01〜 阪神−ヤクルト23回戦(阪神13勝10敗、甲子園、2時間43分)
ヤ 000000010−1 
神 32001002×−8
【バッテリー】
阪神:岩田○(8勝9敗)、歳内−梅野、鶴岡
ヤクルト:山中●(6勝1敗)、徳山、松岡、中澤−中村
【得点経過】
1回裏 福留:ランナー3塁の0-1からセンターへの先制タイムリーツーベース、ゴメス:ランナー2塁の1-0から左中間への2ランホームランで計3点(神3-0ヤ)
2回裏 鳥谷:ランナー2,3塁の2-1からセンターへの犠牲フライ、今成:ランナー3塁の2-0からライトへのタイムリーヒットで計2点(神5-0ヤ)
5回裏 福留:ランナー1,2塁の2-2からセンターへタイムリーツーベース(神6-0ヤ)
8回表 荒木:0アウト満塁の1-0からレフトへの犠牲フライ(神6-1ヤ)
8回裏 鳥谷:ランナー1,3塁の1-0からライトへのタイムリーヒット、今成:2アウト1,2塁の2-2からレフトへのタイムリーヒット 神8-1ヤ 1,2塁

【観衆】じんさんはじめ46,902人         
【戦評】
 阪神は初回、福留の適時二塁打とゴメスの2ランで計3点を先制する。その後は2回裏に今成の適時打で追加点を奪うなど、終わってみれば13安打で8得点を挙げた。投げては先発・岩田が8回1失点の好投で今季8勝目。敗れたヤクルトは、攻守ともに振るわなかった。
本当になんとかなってしまった件( ・´ー・`)どや
さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramで人気ブログを分析
「ヤクルトに優勝にふさわしい格が出て来たかな。」と褒め殺ししておいたのと、サンデーモーニングの続きを読む
ラベル:岩田
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 03:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする