2015年10月09日

サッカー日本代表シリアに快勝の件を前振りに、【途中まで読んだ】「サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか」

まずは、昨晩のサッカー2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選E組:シリア対日本戦(オマーン・シーブスポーツスタジアム)の件

シリア 0(0 前半 0)3 日本
     (0 後半 3)
【得点】本田圭佑(後半10分)、岡崎慎司(後半25分)、宇佐美貴史(後半43分)
戦評
 日本が後半の3得点で快勝した。
 前半は好機でシュートの精度を欠いて0−0で折り返した。後半は押し込む場面が増え、岡崎が倒されて得たPKを本田が決めて先制。25分には香川の低い左クロスを岡崎が押し込んで加点し、43分に途中出場の宇佐美がダメ押し点を挙げた。
 シリアは決定機をものにできず、後半に失速した。
【関連記事】
難敵シリアに3−0完勝のハリルジャパン、グループ首位に浮上(LEGENDSSTADIUM)
管理人自身はLiveではこの試合を見ていないので、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析
フモフモさん、仕事早!

それはさておき、今回のメインはサッカー関連のこの本の紹介。
サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか -
サッカー データ革命 ロングボールは時代遅れか

この本は「FOOTxBRAIN」(テレ東)2015年3月14日の「絶対読みたい!サッカー本大賞」で紹介された本のひとつで、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする