2016年01月06日

第94回全国高校サッカー選手権大会準々決勝の件を前振りに、渡部昇一「戦後七十年の真実」

本題に入る前に、昨日開催の「第94回全国高校サッカー選手権大会準々決勝4試合の結果から。
準々決勝(1/5)
<ニッパツ三ツ沢球技場>
⚽青森山田 1−0 富山第一
[青]高橋壱晟(71分)

⚽國學院久我山 1−0 前橋育英
[國]内桶峻(52分)

【駒沢陸上競技場】
⚽駒澤大高 0−1 東福岡
[東]橋本和征(62分)

⚽星稜 3−0 明徳義塾
[星]阿部雅志2(27分、53分)、大倉尚勲(39分)
このうち管理人は、
ノジマのTV売り場で見たのは、このシーンと日テレの方で4試合のダイジェストと今さっきTV朝日のニュースでも見ただけなので、さらに詳しいことは(三ツ沢に行っていたひろさんのエントリーや)こちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析
Wikiでこの大会の歴史を調べたら、最初の方は関西の学校だけの参加。しかも、予選なしだったとか…【ご参考:歴代優勝校
で、1941年から1945年までは太平洋戦争のため中止になっていたことも踏まえて、無理矢理にこの本に引っ張ってくる件。
戦後七十年の真実 -
戦後七十年の真実

ひとことで言えば、著者の自伝に基づいた続きを読む
ラベル:高校サッカー
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする