2020年09月04日

勝ちに不思議の勝ちありでとらほ〜など、9/3のプロ野球+α

最初に、2020年9月3日(木)阪神甲子園球場で開催された【JERA セ・リーグ公式戦】阪神タイガース vs 東京ヤクルトスワローズ・15回戦の件
◇開始 18時00分 ◇試合時間 3時間17分 ◇入場者 4,965人
【勝利投手】岩貞(5勝2敗)
【敗戦投手】高橋(1勝3敗)
【セーブ】岩崎(2勝2敗1S)
バッテリー:
【東京ヤクルト】 風張、高橋、マクガフ、星ー西田
【阪神】 青柳、能見、岩貞、ガンケル、岩崎ー梅野
試合概要(阪神目線):
1勝1敗で迎えた対スワローズ第3戦、タイガースが青柳、スワローズが風張の両先発でプレイボール。
タイガースは初回、1番近本がデッドボールで出塁すると、続く木浪がすかさず右中間に運ぶタイムリーツーベースを放ち先制を決めます!さらに大山のセンター前タイムリーヒットで得点は2対0!
タイガース先発の青柳は持ち前の打たせて取るピッチングで3回までヒットを許しません。
ところが4回、先頭の青木に出塁を許すと、続く山田哲、村上に連打を浴びて2対1、さらには塩見セカンドゴロの間に1点を取られて同点とされます。後続は打ち取りますが、ゲームは振り出しに。
その後タイガース打線はスワローズの2番手、高橋の前になかなか塁に出ることができません。
ゲームが動いたのは7回表、青柳はこの回の先頭坂口とエスコバーにヒットを打たれ、無死2・3塁のピンチを迎えます。アウトを2つ取ったところで青柳はマウンドを降り、能見がリリーフで登板します。ところがバッター山崎のピッチャー返しが直撃、1塁に投げることができず勝ち越しを許します。治療のためベンチ裏に下がった能見ですが、戻ってくることはできず3番手岩貞がマウンドに上がります。この岩貞が青木を打ち取り、ピンチを脱します。
追いつきたいタイガースはその裏、ボーアと代打陽川のヒット、その陽川の今季2つ目の盗塁で二死2・3塁のチャンスを作り出します!直後、相手ピッチャーの3番手マクガフが誰もいない1塁に牽制球を投げてしまい、その間に代走の植田、そして陽川まで生還します!
逆転に成功した後はガンケル、岩崎と繋いでゲームセット!岩崎はプロ初セーブを挙げます!
マクガフがなんで無人の一塁に投げたかはしらんけど、次の日曜日朝9時台TBS系で某老人から「喝!」間違いなし案件。そのあたりも含めさらに詳しいことや総括はこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ ヤクルトスワローズへ
この甲子園の試合も含め昨日のプロ野球の結果は続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日のTweetまとめ

続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 00:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | Tweetまとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする