2020年07月31日

阪神・藤浪好投も味方の援護がないどころか足を引っ張られて3戦合計得失点差+7も負け越しなど7/30のプロ野球の件

最初に、東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース・9回戦(明治神宮野球場・7/30 18:00試合開始)の件から
勝:高橋1勝1敗
敗:藤浪2敗
阪神継投:藤浪 - 小川
ヤクルト継投:高橋 - 大下

【阪神目線の試合概要】
2回裏、吉田大成のレフトタイムリーツーベースヒットでヤクルトに先制されます。
さらに7回裏、坂口のピッチャー強襲のタイムリー内野安打と送球エラーや上田の2塁ベース後方の当たりが捕球エラーも重なり3点を追加され、藤浪は7回4失点(自責1)でマウンドを降ります。
加えて、8回裏、小川が一死満塁から代打川端にレフトへタイムリー、坂口に押し出し四球で2点追加されてしまいます。
反撃したいタイガースでしたが、高橋を捉えられずゲームセット。
藤浪、10奪三振はかなり良かったで!次の登板も期待してんで!

観衆:4,973人、試合時間:2時間53分、対戦成績:ヤクルト5勝4敗
7回のエラーがらみの失点がなければ、ヤクルトのピッチャーが良すぎた。火曜日にできるだけ失点しておいて相手の攻撃力を枯渇させたヤクルト(高津監督)の作戦大成功という評価だけなんですが、
とは言いつつも、藤浪本人が不運にも一切言い訳せず「ミスが出た時にこそ抑えてと思う」と言うてるので、次は来週の甲子園の読売戦で登板だと思うけど、そこで藤浪と北條が一緒にお立ち台にたてばええんよ。その前にDeNAに3試合\横浜優勝/自粛させたれ。
と切り替えることにしますが、さらに詳しいことや他の阪神・ヤクルト両ファンの見解は、こちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
という神宮の試合も含めた昨日のプロ野球の結果は以下のとおり。
個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ
ここまでのパ&セ両リーグの順位表。
パは。1チームだけ下にソーシャルディスタンスを取りつつあるのは残念ですが、上位が密なのは盛り上げの面でも大歓迎。
セも1つだけ上にソーシャルディスタンスを取ろうとしている1チームがあるも、火曜日からの3連戦で負け越し。下と少しは差が縮まってきたのは大歓迎。個人的には日本シリーズが2年同じ対戦になって欲しくはないので…(できれば阪神対パで一度も対戦のない楽天かオリックスを希望)
巨人たちの落日(中) (ソフトバンク文庫) - ケン・フォレット, Ken Follet, 戸田 裕之ソフトバンク崩壊の恐怖と農中・ゆうちょに迫る金融危機 (講談社+α新書) - 黒川敦彦
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: