2020年10月28日

福が相手に福をもたらしてとらほ〜\(^o^)/、ホークス3年ぶりのリーグ優勝など、10/27のプロ野球の件

最初に、阪神甲子園球場の【JERA セ・リーグ公式戦】阪神タイガース vs 中日ドラゴンズ・22回戦の件
◇開始 18時00分 ◇試合時間 3時間2分 ◇入場者 10,051人
【勝利投手】岩崎(5勝2敗)
【敗戦投手】福(5勝4敗)
【セーブ】スアレス(2勝1敗24S)
バッテリー:
【中日】 福谷、福、又吉ー木下拓
【阪神】 青柳、岩崎、スアレスー坂本
本塁打:
【阪神】 木浪 3号(2回ソロ 福谷)
試合概要(阪神目線):
先発はタイガースは青柳、ドラゴンズは福谷でプレイボール!
2回裏、木浪がライトポール際に入る第3号ソロホームランで先制します!
しかし好投を見せていた青柳は6回表、木下拓のセンターオーバースリーベースヒットから大島にセンターへタイムリーを放たれ同点に追いつかれてしまいます。
青柳は投げ続けていた8回表、先頭打者の木下拓にセンター前ヒットを打たれここで降板し、代わった2番手岩崎が二死1・3塁のピンチを作ってしまいますが、阿部をセンターフライに抑えます!
勝ち越ししたいタイガースは8回裏、福の連続2失策からチャンスを作り、二死2・3塁から近本がライトへ2点タイムリースリーベースヒットで勝ち越しに成功します!さらに続く糸原がピッチャー強襲のタイムリー内野安打でリードを広げます!
9回表、3番手スアレスがマウンドに上がり、ビシエドにライト線へツーベースを浴びてしまいますが、以降を三者連続三振で締めてゲームセット!
管理人自身がこの試合を見始めたのは8回裏から。それ以降の経過は1つ前のエントリー(2020年10月27日のTweetまとめ)中の実況Tweet(午後8:34~9:02)のとおりですが、
ヒーローインタビューは別の試合の方で年1回の重要シーンに向けてあとひとりとなったため、見てませんので、ここに掲載。
ともあれ、甲子園の試合に関するさらに詳しいことや、両チームファンの見解等はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
福岡の試合の方へチャンネル切り替えた時点で、二死一、二塁で鳥谷。最後のバッターになりませんように🙏という願いはサードのエラーかないましたが、次の福田秀平は古巣への恩返しかなわず。
という2試合を含めた昨日(10/27)のプロ野球の結果は以下のとおり。
個々の試合に関する詳しいことや総括等ははこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ
  ↑  ↑  ↑
という野球系の人は自分だけではないはず^^;
なお、パ・セ両リーグの順位は以下のとおり。
パはホークス優勝もCSがあるので、2位争いも重要。まだ西武にも2年続けてリーグ優勝も日本シリーズに出られなかったリベンジを果たすチャンスあり。
一方、セも巨人の優勝は時間の問題の一方で、2位と3位の差がパと同じくらいになってますが、CSがないのでひっくり返すモチベーションがあまりない?
一番じゃなきゃダメですか? - 蓮舫
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: