2020年10月31日

巨人延長引き分けも、中日大敗、阪神引き分けで2年連続38回目のセ・リーグ優勝決定など、10/30のプロ野球の件+α

昨日(10/30)の試合開始前の時点ではマジック1としていた巨人。

優勝決定条件は、以下の3とおり。
1.巨人勝利→優勝
2.巨人負け→阪神負け、かつ中日が負けか分けで優勝
3.巨人引き分け→阪神が負けか分けで優勝

最初に終わったのはナゴヤドーム
これで中日は優勝の可能性が完全消滅。

一方、ハマスタは新型コロナ感染防止対策の実証実験として入場者数制限を引き上げ、今シーズン最多の16,594人を動員する中、9回表終了段階で3対1で阪神がリード。スアレスがセーブ王タイトルへ向けて登板も、あとひとりというところで、ロペスに2ラン被弾で同点になり延長戦へ。延長10回表、二死満塁から植田がデッドボールで押し出しで勝ち越しと思いきや、ラミレス監督のリクエストが実り幻に。結局、阪神は勝ち越せず、同点のまま試合終了。

この時点で東京ドームでも延長戦で10回表にヤクルトが勝ち越さない限り、巨人の優勝が決まる状況下、二死ランナーなしで村上が空振り三振となり、巨人の引き分け以上が確定で2年連続38回目のセカンドントラル・リーグ優勝決定
そして、試合は引き分けで終了。
決まり方はなんとも締まらないものでしたが、リーグ優勝できたのはここまでの蓄積があったからで、他の5球団。特に、2位ながらも巨人に7つも貯金を与えた阪神が不甲斐ない。
と思う🐯系の人は自分だけではないはず。
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
というセ・リーグ3試合を含む昨日のプロ野球6試合の結果は以下のとおり。
個々の試合に関する詳しいことや総括等はこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ
謝罪するだけまだまし。超ワールドなんちゃらなんて検証記事出す言うて1年以上もなんの音沙汰なしですから(●`ε´●)
よい謝罪 仕事の危機を乗り切るための謝る技術 - 竹中 功
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:57| 神奈川 | Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: