2020年11月22日

「SMBC日本シリーズ2020」第1戦⚾の件を前振りに、川崎の優勝はお・あ・ず・け&豊スタは存在した11/21の⚽J1第28節&J2第35節の件

時系列的には逆になりますが、まずは結局最初から最後正確には勝利監督インタビュー直前で中継終了)まで見てしまった⚾NPB「SMBC日本シリーズ2020第1戦の件
戦評@スポナビ
ソフトバンクが日本シリーズの初戦を制した。ソフトバンクは2回表、栗原の2ランで先制に成功する。その後は、6回に栗原が2点適時打を放つと、8回には中村晃の適時打が飛び出し、リードを広げた。投げては、先発・千賀が7回無失点の好投。敗れた巨人は、打線が4安打1得点と沈黙した。
個人的には日本シリーズはあくまでも両リーグの代表チーム(今年は各リーグの優勝チーム)のどっちが強いかを決めるものであって、2年連続ホークスが巨人に圧勝したとしても(ソフトバンクが圧倒的に強いことを証明しただけで)リーグそのものの実力差を証明できるものではないとは思うんですが…
その一方で、パ・リーグをNPB一部、セ・リーグを同二部とみなして、パ最下位のオリックス対セ優勝の巨人のパ⇔セ入れ替え戦(しかも、会場がオリックスの本拠地でちょうどいいし…)にした方がいい勝負になるのでは?とも思えるわけで(^_^;)
そのあたりも踏まえて、当該試合に関するさらに詳しいことや今後の展望等はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 読売巨人軍へにほんブログ村 野球ブログ ソフトバンクへ
今後プロ野球チームを増やすにあたっては、現状のパ・セの(一応)2トップリーグ体制を見直して、東都大学野球や⚽Jリーグのように上下複数リーグ制を採用。新規参入球団は最初は2部から。一部の最下位と二部優勝チームの入れ替え戦(あるいは、一部最下位と二部優勝は自動入れ替えで、一部のブービーと二部二位との入れ替え戦でも可)という方式でいくべきとは思いますが…
このコロナ禍の経済停滞が長引き、パはソフトバンク、セは巨人がリーグを圧倒するものの、日本シリーズで両者が対戦するといつもソフトバンクが圧倒する展開が数年続くようだと、球団経営に魅力を感じないところが(ポスト宮内体制下のオリックスを筆頭に)複数出てきて(身売り先があるならまだマシで)引受先が見つからず、球団消滅。必然的に1リーグ化待ったなしの可能性の方が高いと思ってますが(^_^;)
近鉄バファローズ球団史―1950ー2004 (B・B MOOK 833 スポーツシリーズ NO. 703)歴史に学ぶ プロ野球 16球団拡大構想 (日経プレミアシリーズ) - 安西 巧サッカーマガジン2021年1月号 (不屈のチームと選手) - サッカーマガジン編集部
前振りが長くなりましたが、上下複数リーグ制をとってる⚽Jリーグ。去る18日(水)にブラウブリッツ秋田がJ3優勝&J2昇格を決め、昨日も圧倒的首位の川崎フロンターレが勝って最短でのJ1優勝を決めるのかと思いきや、(自分自身が)仕事が終わって結果を確認したところ…

お ・ あ ・ ず ・ け

今日他力(浦和対ガンバで引き分けか浦和の勝ち)で優勝が決まる可能性もありますが、フロサポ的には早く決めたいのか?
それとも、次の水曜日(25日)に自力(ホーム等々力でガンバ大阪との直接対決にて勝ちか引き分け)で決めたいのか?
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
川崎フロンターレ「マッチデープログラム」(366号) 川崎フロンターレマッチデープログラム (雑誌) - 川崎フロンターレ松井玲奈 SKE48卒業コンサートin豊田スタジアム〜2588DAYS〜 2015.8.29 豊田スタジアム - SKE48, ---, 秋元康
それはさておき、⚽の試合はもとより、過去には松井玲奈さんのSKE48卒業コンサートも行われたものの、ベルサポ的には幻だった存在。
なお、試合は…
個人的には、LIVEで見れたのは後半途中から。
この時点で、既に3−1で名古屋がリードしていていて、その後スコアは動かず。名古屋フィッカデンティ、湘南浮嶋両監督のインタビューまでは見たものの、得点シーンはダイジェストならびにJリーグタイムでしか確認できませんでした。それを見る限り順位差(試合開始時点で3位対16位)通りの結果。個の技では名古屋が一枚も二枚も上手なのは理解できるものの、ボールロストの仕方が良くなかった。金子と田中聡の不在が響いたのと、未月のアンカーは厳しい。岩崎は走るだけ?良かったところとして、坂のヘッドの有効性の証明と結果にはつながらなかったもののコバショウの2トップ起用が意外と有効なことと、オリベイラも短い時間出場時間で存在感を示したという印象。
そのあたりも踏まえて、この試合に関するさらに詳しいことや両サポの見解等はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへにほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへ
これらの2試合も含めた昨日のJ1第28節ならびにJ2第35節の結果は以下のとおり。
(正確には上から2試合はそれ以前に開催済み)
個々の試合に関する詳しいことや総括等は(今回のエントリーでは結果の掲載をも省略したJ3第29節9試合中昨日開催の1試合の件も含め)こちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
大事なことなので?もう一度。
本当のところは1シーズン通して、1リーグ制総当りでやってみないとわかりませんが、12球団をレベル分けすると

【圧倒的に強い】ソフトバンク

【2番手争い】巨人、ロッテ、西武

【中位争い】楽天、阪神、中日、DeNA、広島、日ハム

オリックスはもしかしたら中位争いに食い込むかもしらんけど…

ヤクルトは突然変異で強くなるシーズンもないことはないけど、基本的には12球団では一番下と見ています。

(注:あくまでも個人的な見解です)

野球崩壊 深刻化する「野球離れ」を食い止めろ! - 広尾 晃
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 11:39| 神奈川 ☀| Comment(0) | スポーツ全般(複数カテはこちら) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: