2021年02月26日

本日「明治安田生命J1リーグ2021」開幕につき、J1の順位予想を含む今年のJリーグ展望

本日(2/26)18時キックオフの川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス戦(等々力)をオープニングゲームに「明治安田生命J1リーグ2021」開幕。
ということで、毎年恒例の(湘南ベルマーレの所属している)J1の順位予想を含む今年のJリーグ展望。

1.J1順位予想
(2015年以降、湘南ベルマーレの所属するリーグの順位予想にしています)
01位:FC東京
02位:横浜F・マリノス
03位:鹿島アントラーズ
04位:川崎フロンターレ
05位:ガンバ大阪
06位:名古屋グランパス
07位:サンフレッチェ広島
08位:清水エスパルス
09位:ヴィッセル神戸
10位:セレッソ大阪
11位:湘南ベルマーレ
12位:柏レイソル
13位:北海道コンサドーレ札幌
14位:大分トリニータ
15位:横浜FC
16位:浦和レッズ
17位:サガン鳥栖
18位:ベガルタ仙台
19位:徳島ヴォルティス
20位:アビスパ福岡

例によって、湘南ベルマーレに関してはひいき目で中位に予想してますが、現実的には(世間一般の下馬評どおり)J2からの昇格2クラブ(徳島ヴォルティス、アビスパ福岡)と財政的に厳しいサガン鳥栖、ベガルタ仙台とともに残留争い(16位まで残留、17位以下はJ2自動降格)に巻き込まれると見込んでます。
そして、例年残留争いには意外なところが巻き込まれるが通例で、個人的には上掲の7位までに予想したクラブは巻き込まれる可能性はほぼないと思ってますが、予想の8位以下はどこが降格してもおかしくはないと思ってます。1つでも多くのクラブが残留争いに絡んだほうがベルマーレの残留確率が上がってくるものと…

一方、川崎フロンターレは中村憲剛の引退とACLの負担が大きく影響し、去年のようにぶっちぎりとはならないのでは?
そして、ACL組のガンバ、グランパス、セレッソもリーグ戦では勝ち点を積み上げ切れず。(2018年のフロンターレがACL敗退後に追い上げて連覇を果たしたように)ACLからいち早く解放された方が優勝争いに絡む可能性が高くなってくるかと…
ということで、ACLの負担のないマリノス、アントラーズ、FC東京が上がってくると見込んでます。

2.J2展望
J1昇格争い(2枠)に入りそうなところ
本命:長崎、対抗:甲府、新潟、大宮。ダークホース:京都
2019年にプレーオフで涙を飲んだ徳島が、昨年はJ2優勝したように、長崎に次点バネが働くかもしらんけどという理由で優勝予想。
かって、J1でギリギリの残留力を発揮した甲府、新潟、大宮はそろそろJ2での戦い方に慣れてきて長崎に続くか?そうでなければ、当面J2に定着するか?の試金石となるシーズンとなるでしょう。
一方、2000年代最初の10年のエレベータークラブだった京都はチョウ・キジェ監督で昇格できないとなれば…
さらに、かってJ1でも強豪だった(世間一般の期待値は高そうですが)磐田・東京V・千葉は引き続き中位に留まると予想。
個人的には、岡山や金沢とかのJ1未経験クラブの昇格を期待したいところですが…

残留争い(4枠)に巻き込まれそうなところ
J3から昇格した秋田、相模原のうち、秋田の方は(かってJ3優勝の勢いで検討した金沢、琉球、北九州などと同様に)中位まで行くと思いますが、相模原はキツイでしょうね。というか、(地域情勢の兼ね合いで)しばらくは、J2とJ3を往復して欲しい件。
それ以外では、去年最下位の山口と20位の愛媛は、降格なしルールを有効活用してわざと下にいたのか、本当に実力不足なのかはしらんけど…愛媛も下馬評が低いですが、秋元さんがゴールポストを死守して手堅く勝ち点を積み上げていければなんとか抜け出せる?(秋元自身に残留争いの経験がないのがちと不安?)
ということも踏まえて、相模原、愛媛、群馬、栃木、金沢、琉球、山口あたりを軸に、J1経験組でも松本はやばい?北九州も反動があるかもしらんけど…

3.J3展望(昇格争いしそうなところ)
毎年同じことを繰り返すようですが、個人的には管理人先祖伝来の地の長野にJ2昇格して欲しい…
(去年はホンマに惜しかった(´・ω・`)
それ以外はよくわかりませんので、(現時点での)予想は省略します。
(開幕が3/14とJ1&J2より2週間遅れになっているので、その前に予想するかもしらんけど…)

他の⚽系の方々の見解等はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへ

なお、例によってシーズン終了後に検証はしますが、前年度(2020年)以前の展望とその検証結果は以下のとおりです。

⚽2020年(開幕前の展望シーズン後の検証
【J1順位的中0、順位誤差平均3.8】
⚽2019年(開幕前の展望シーズン終了後の検証
【J1順位的中2、順位誤差4.4】
⚽2018年(開幕前の展望シーズン終了後の検証
【J1順位的中 0、順位誤差平均 5.9】
⚽2017年(開幕前の展望シーズン終了後の検証
【J2順位予想的中 5、順位誤差平均 3.14】
⚽2016年(展望検証
【J1順位予想的中 3、順位誤差平均 3.00】
⚽2015年(展望検証
【J1順位予想的中 3 、順位誤差平均 2.56】
⚽2014年(展望【J1J2&J3】/検証
⚽2013年(展望検証
⚽2012年(展望検証

ちなみに、エル・ゴラッソ2/24・25日号の順位予想(J1&J2・記者予想の平均値)は以下のとおりです。

【J1】
01位:川崎フロンターレ
02位:鹿島アントラーズ
03位:FC東京
04位:名古屋グランパス
05位:ガンバ大阪
06位:横浜F・マリノス
07位:サンフレッチェ広島
08位:柏レイソル
09位:清水エスパルス
10位:ヴィッセル神戸
11位:北海道コンサドーレ札幌
12位:浦和レッズ
13位:セレッソ大阪
14位:大分トリニータ
15位:サガン鳥栖
16位:横浜FC
17位:ベガルタ仙台
18位:徳島ヴォルティス
19位:アビスパ福岡
20位:湘南ベルマーレ

【J2】
1位:京都
2位:磐田
3位:山形
4位:長崎
5位:甲府
6位:大宮
7位:新潟
8位:千葉
9位:松本
10位:水戸
10位:町田
12位:東京V
13位:北九州
14位:栃木
15位:金沢
16位:琉球
17位:山口
18位:岡山
19位:秋田
20位:群馬
21位:愛媛
22位:相模原
サッカーダイジェスト 2021/2/25・3/11合併号 [雑誌] - 日本スポーツ企画出版社
こっちの方は見てません。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: