2015年03月11日

女子サッカーのアルガルベ・カップと侍ジャパン対欧州代表戦の件などを前振りに、「最後の英語やり直し!」+「対話力アップ ビジネス英語フレーズ800」

本題に入る前に、昨日のエントリーでは取り上げきれなかった女子サッカーのアルガルベ・カップ、日本のグループリーグ3戦(対フランス戦)の件。【詳細スコア
管理人自身は得失点シーンしか見ていないので、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析
  ↑  ↑  ↑
4年前がピークだったのか、それともW杯に向けて相手を油断させる作戦?
一方、昨晩東京ドームであった雄平劇場こと、侍ジャパン強化試合対欧州代表第1戦の件。【詳細スコア
こちらも雄平の落球シーンと、筒香・松田・雄平の3連打で逆転したシーンくらいしか見ていないので、藤浪投手のピッチング内容などさらに詳しいことは(雪の中の甲子園でのオープン戦の件なども含めて)こちらをご覧いただくとして、
  ↓   ↓   ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
新井さんは元気です。


それ以外になにかwww

話がそれてしまいましたが、国際試合2試合の件を前振りに持ってきたのはこの本につなげるためで…
最後の英語やり直し!

英語は必要があればできるようになるって…

小さい頃から英語を勉強させると日本語の方がおろそかになるって…

本当に必要なのは「英語」+「中身」

この3点については、著者に禿同。

あと「語彙が増えなければ意味がない」ということで、
NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800 -
NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800」も図書館で借りたんですが、2週間では読みきれず、他の方の予約が入っていたため途中まで読んだところで一旦返却。
というか、それは買ったほうがいい本(^_^;)

本勝間和代「最後の英語やり直し!」(毎日新聞社

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「コツ」から「蓄積」へーあなたの英語学習イメージを変える
第2章 私も英語で苦労したー外資系の「落ちこぼれ」だった私
第3章 英語であなたの世界は60倍に広がるー「象さん(感情)」への動機付け
第4章 語彙が増えなければ意味がないー安く、楽しく、英語をインプットする方法
第5章 「日本語なまり」で問題なしーアウトプットのために

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
勝間和代(カツマカズヨ)
1968年、東京都生まれ。経済評論家。早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在、株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、国土交通省社会資本整備審議会委員、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。少子化問題、若者の雇用問題、ワークライフバランス、ITを活用した個人の生産性向上など、幅広い分野で発言をしており、ネットリテラシーの高い若年層を中心に高い支持を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2014年2月発行/2015.1.24読了】

【備忘録】
はじめに
・(発音や文法にこだわるのではなく)本当に必要なのは、英語を使いこなすための十分なボキャブラリーや言い回しや文章

第1章 「コツ」から「蓄積」へーあなたの英語学習イメージを変える
・英語学習とダイエット〜どちらも多くの人が関心を持っている割にはなかなか実現できない。ゆえに関連本は永遠の売れ筋
やせる!
・英語学習の本質は「英語との十分な接触時間」(ある程度使えるようになるまで1,000時間、熟達まで1万時間)
天才!成功する人々の法則
・時間さえかければ、英語がうまくなるわけではない〜毎日コツコツとできない人が多い。
・英語の学習は、自転車の乗り方を覚えるのに似ている

第2章 私も英語で苦労したー外資系の「落ちこぼれ」だった私
・英語が出来る人ほど早期教育(の効果)には懐疑的〜本人に意欲がなければ効果はない。母国語と干渉する
・早期教育よりもっと実務に則した内容に変えることが大事だと思う

第3章 英語であなたの世界は60倍に広がるー「象さん(感情)」への動機付け
・英語ができたらどんなにいいかを具体的に想像すること
・英語しか通じないところに行けばできるようになる
・日本企業でも近いうちに英語がエクセルどころか、掛け算や割り算くらいの必須技能になるだろう
・「英語ができないと、海外商品を英文サイトで安く変えるチャンスを逃してしまう」←これも動機になる
・フィリピンはアジアで一番女性進出が進んでいる国
外国語学習の科学 第二言語習得論とは何か
1.インプットが基本だが、アウトプットも必要
2.自分が分かるものや興味があるものを、読んだり聞いたりする時間を増やすこと
3.英語を活用すること(英語そのものを勉強するのではなく、英語で情報を得る。英語で活動する)
4.とにかくモチベーションを保ち続けること
5.語彙が増えなければ意味がない(勝間氏補足)
>男性が働かない国だから?!

第4章 語彙が増えなければ意味がないー安く、楽しく、英語をインプットする方法
・「発音」「文法」「語彙」〜この中で語彙習得はCPが高い
・大人の学習のポイント
1.あなた中心の目標
〜自分が分かるものや興味があるものを、読んだり聞いたりする時間を増やすこと
〜英語を活用すること(英語そのものを勉強するのではなく、英語で情報を得る。英語で活動する)
2.電子メディアの活用

第5章 「日本語なまり」で問題なしーアウトプットのために
・アウトプットはインプットの5分の1くらいでいい
・「外国人への道案内」は無料のいい実践のアウトプット
>管理人はよく外国人に話しかけられるし、日本人からも含めて道をよく聞かれるし、写真撮ってくださいとも(^_^;)
・アウトプットに必要なのは恥を怖れない積極性
・抑揚(Cadence)は特に意識したほうがいい。(日本人の弱い分野)


【参考書評等】
特集:最後の英語やり直し!(週刊エコノミスト 2014年4月22日号)
つぶやきコミューン
37歳からの脱中級!英語学習
なんとなく感じたこと、違和感、雑感をなるべく書く。
Amazon書評
読書メーター

にほんブログ村 本ブログへblogramで人気ブログを分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:26| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サッカー女子、悩み多き逆転負け
Excerpt: 女子サッカーのアルガルベ・カップ、日本のグループリーグ3戦目の相手は強豪フランス
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2015-03-11 11:16