2015年02月27日

「JTB時刻表2015年3月(ダイヤ改正)号」購入の件を前振りに、「小田急今昔物語」+α


本題に入る前に、「JTB時刻表 2015年3月号」を購入したのは一昨日だったんですが、昨日のエントリーには話を展開しきれなかったので、1日遅れで。

一方、「東京時刻表 2015年3月号」には、私鉄各線の3月ダイヤ改正内容は(改正後の小田急ロマンスカーの時刻表以外は)載っていないので、こちらは4月号以降で購入予定。
去年は、相鉄が特急運転を開始した4月27日のダイヤ改正を反映した2014年5月号を買いましたが…

もっとも、最近はネットで調べた方が早いしので、時刻表を買っても買った当日以外はほとんど見ないんですが…
辞書や百科事典のようにあれば安心といったところでしょうか(^_^;)

で、今回着目したのは、自分は小田急線沿線民でほとんど影響はないんですけど…
(ページが前の方にあるというのもありますが)まずはそこのところから見ちゃいますよね(^_^;)

さらに詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 鉄道へ人気ブログをblogramで分析
小田急線では取手まで…

ということでこの本。

小田急今昔物語
2014-02-08(雪) (4-1).jpg
【雪の中を走るロマンスカーって珍しい】
20140214 (3).jpg
普通電車もね…

自分が記憶にあるのは、ロマンスカー3000形(SE車)、町田駅がかって新原町田駅だったこと、2400形唯一の冷房車、表紙の2200形9000形(が新車だった頃)辺りから…

細かい内容の紹介はさておき、著者がこの本でも何度も主張しているように「(電車は相互乗り入れするようになっても)鉄道会社をまたがると運賃が別立てで加算されるのはなんとかなりませんか?」

本生方良雄「小田急今昔物語」(戎光祥出版
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
小田急OBの鉄道作家・生方良雄氏が小田急の歴史と現況、そしてその魅力と楽しみ方を紹介。小田急電鉄の沿線風景や車両、ダイヤについても詳述。さらに、小田急電鉄の“知られざる”ユニークなエピソードも多数掲載、小田急ファン、沿線住民必読の書!

【目次】
1 日本の私鉄の雄として君臨 さらなる躍進を続ける小田急電鉄
2 乗客本位の列車設定を促進 多彩化する小田急の列車種別
3 私鉄特急のシンボル的存在 小田急ロマンスカー今昔物語
4 着工からわずか1年半で開業 小田原急行鉄道開業物語
5 大東急解散と小田急の戦後復興 新型特急車SE車の開発に着手
6 鉄道史に燦然と輝く名車 電車時代を切り拓いたSE車
7 首都圏の奥座敷のメインライン 箱根登山鉄道今昔物語
8 国鉄・JRとのコラボレーション 御殿場線乗り入れ今昔物語
9 都心部直結を実現 千代田線乗り入れ今昔物語
10 膨張する首都圏の輸送改善に寄与 多摩ニュータウン鉄道今昔物語
11 東京西部のセントラルステーション 新宿駅今昔物語
12 私鉄をリードしてきた名車たち 小田急一般車両全形式(1)
13 着々と進む輸送改善 小田急一般車両全形式(2)
14 技術開発を続ける小田急 小田急技術発展史
15 ロマンスカーで楽しむ車窓 小田原線前面展望ガイド
16 高架複々線区間の延伸 最終局面を迎えた複々線化工事
17 乗客本意のサービスを拡充 バリアフリーとホームドア
18 鉄道業との相乗効果を推進 多角経営を進める小田急
19 生方良雄回想録(1) 小田急奇譚
20 生方良雄回想録(2) 変わりゆく小田急、変わりゆくニッポン
21 鉄道と数字の不思議な関係 小田急の数字雑学
22 知られざる小田急の広報誌 ミニコミ誌『武相旅情』

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
生方良雄(ウブカタヨシオ)
1925(大正14)年、東京都出身。1948(昭和23)年、日大理工学部機械科卒。同年東京急行電鉄(大東急)に入社、東急電鉄の再編により小田急電鉄の所属となる。運輸、車両、運輸計画の各部長を歴任した後、箱根ロープウェイの専務取締役を経て、小田急電鉄事業団理事を務めた。鉄道趣味の世界でも長年にわたって活躍。鉄道友の会理事、評議員会議長を務めた後、現在は参与として鉄道趣味の普及に尽力している。小田急に勤務した経歴を活かし、小田急に関連する様々な情報を長年にわたって発信(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2014年12月発行/2015.2.8読了】



【備忘録&手持ち画像の貼り付け】
<今はなき車両>
10000 (2).jpg(10000形・HiSE)
20000 (2).jpg(20000形・RSE)
JR371_あさぎり7.jpg(JR東海371系)
5000形.JPG(5000形)
小田急2600系旧塗装色.JPG(2600形旧塗装色)
20110809_Fトレイン1号車(小田原側)正面.jpg
(期間限定塗装のF-Train/画像は東京都広告条例に引っかかったIの方です。)
箱根登山.JPG
小田原駅で撮影(今は箱根登山鉄道の車両は小田原までこないので貴重な映像となってしまった…)

(2006年3月に引退した)9000形なんて1枚くらいありそうなもんだけど…
VSEwith大山.JPG
町田VSE.jpg
5000形(VSE)ばっかり(^_^;)


<生方さんの主張に同意できる点>
・(電車は相互乗り入れで便利になったが、運賃が単純加算のままでは利用者の負担は大きい)利用者本位の運賃・料金体系を整備して欲しい
・小田急の先進性(全線を複線とした/相模大野での江ノ島線分岐を最初から立体交差にした/全線の架線柱を鉄柱とした)
・二層構造10両対応の新宿駅は1982年に完成しているが、スペースが狭く、線増はできず、バリアフリー化も困難
・複々線化は地下化よりも高架の方が良い。高架でも意外と騒音は聞こえないもの。地下だと電気代がかかる
・公共の設備には社会主義的な考え方も必要

【参考書評等】
戎光祥「小田急今昔物語」生方さんトークショー(木村裕子・鉄オタだって人間だあ!)
Amazon書評
読書メーター

にほんブログ村 本ブログへblogramで人気ブログを分析

なお、公式サイトでのネット投票は既に終わってしまいましたが、私的投票フォームの方は開幕当日(3/7)まで引っ張ります。
で、管理人自身の予想は、
7番の人が黄緑ユニで。
しおりん(12番)は白。
4番の人がピンクで、
6番の人が青ユニ。そして、13番の人が黄緑。
ってユニの色まで…

勝利の女神に逢いに
ラベル:時刻表 小田急
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック