2015年07月24日

サッカー東アジア杯の男子代表23人に、遠藤航(湘南)ら初選出の件と「最新版サッカールールブック」

20150711_3_BMWス入場から試合開始まで (81).jpg
【Seesaaブログ】Googleフォト連携機能利用
まずは、サッカー東アジア杯の男子代表23人選出の件


3湘南乃誇(遠藤).jpg
「『湘南乃誇A代表初選出キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」とベルサポ各位大歓喜なんでしょうが世間的には…

20150603_1_湘南ーFC東京(ナビスコ・BMWス)スタジアム内 (23).jpg
(武藤嘉紀)「じゃない方の武藤」(雄樹)というのは本人が自虐的にネタにしているからいいとして
ともあれ、これはスタートラインに過ぎないしまずは次の試合へ集中
今はじゃない方の遠藤武藤でも、これから実績を積んでヤットやよっちの方をじゃない方にするくらいの成長を見せて欲しいとエールを送ったところで、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogramによるブログ分析
航、無理すんな(^_^;)
で、これを機に、サッカーのことをもっと勉強していこうという方におすすめの本。

最新版サッカールールブック (GAKKEN SPORTS BOOKS)
ほかの類似の本を読んだことがないので、日本で一番わかりやすいルールブックになっているかどうかはよくわかりませんが…

・「ピッチの名称」から始まって、プレーヤーの数は最低7人いなければならないこと。
>退場とかで6人になったら相手の勝ちかどうかまでは書いてありませんでしたが…

・ゴールキーパーが手を使えるのはペナルティエリア内に限られること。
・キーパー用グラブやキャップの着用は可。
・選手が身につけていいのは、金具なしのグローブ(手袋)、スポーツ用メガネとかケガをしている部分を守るものは柔らかくて安全なものであれば可。
・アンダータイツはパンツと同色。指輪、ネックレス、ピアスなどのアクセサリーは禁止。
・ラインから完全に出ないとアウトにならないこと。
・スローインは片足または両足が完全に中に入っているとファウルソロー。
・間接フリーキックと直接フリーキックになるケースの区別
・オフサイドの詳細な解説〜オフサイドラインは後ろから2番めの選手にゴールラインと平行に引いた線、オフサイドに関係するのは腕と手以外の位置関係のみ等々
・ファウルを取らないアドバンテージ
・オフサイドトラップ
等々

かなりわかりやすく書いてあるとは思います。

で、図書館で読むのではなく、買って手元に置いとくべき本ですね(^_^;)

本監修・高田静夫/著・三村高之「最新版サッカールールブック」 (GAKKEN SPORTS BOOKS)
とっつきにくいサッカールールの内容を、日本人が理解しやすいようにジャンル分けして構成。判定の難しいケースもイラストを多く使って、簡単にわかるように解説。「日本でいちばんわかりやすいルールブック」の最新版。何かあったときに簡単に調べられる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
前半(ピッチの名称/プレーヤーの数 ほか)
ハーフタイム(システム/トーナメントとリーグ戦 ほか)
後半(直接フリーキック/間接フリーキック ほか)
アディショナルタイム(ルールテスト)
アフター・ザ・ゲーム(オフサイドトラップ/マーク ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
高田静夫(タカダシズオ)
1947年8月5日生まれ。東京都出身。区立大泉中学時代にサッカーを始め、都立石神井高校を経て東京教育大(現筑波大)入学。関東大学リーグ優勝など、教育大の黄金時代を担った。卒業後、実家のスポーツ店を経営するかたわら、1973年に審判員の道へ。国際審判員となり、ワールドカップでは、86年メキシコ大会、90年イタリア大会で主審を務めた。元日本サッカー協会審判委員長

三村高之(ミムラタカユキ)
1960年10月23日生まれ。東京都出身。南米サッカー通のフォトジャーナリスト。リベルタドーレス杯、コパ・アメリカ、ワールドカップ南米予選や各国リーグなどを現地で精力的に取材している。その一方で、少年チームの指導や審判活動もこなし、サッカー界の底辺の拡大とレベルアップに務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2014年4月発行/2015.5.6読了】

【参考書評等】
読書メーター

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 本ブログへ

ラベル:遠藤航 武藤雄樹
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:38| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック