2015年05月22日

5/21 阪神2−1巨人(甲子園)〜3試合得点合計3−9なのにカード勝ち越し\(^o^)/

火曜日からの甲子園での伝統の一戦。
伝統とは言っても「阪神は巨人の引き立て役」という伝統を守ったとも言う初戦は観衆 37,446人。
藤浪投手プロ初完封の第2戦は、観衆 38,482人。
そして昨日の第3戦の観衆 太郎兵衛(たろべえ)さんはじめ37,174人。
もっとも、あんまり人が入りすぎると選手にはプレッシャーになるみたいなので、このくらいでちょうどいい感じ?
もっとも、相手の監督がこっちの監督の裏目症候群に感染してしまったようで… 
細菌みたいな名前のピッチャーを先発させたから?
【阪神 2−1 巨人(甲子園)】
ということで、この試合に関しては巨人の先制シーンはTBSラジオ(下柳さん解説)、8回裏の攻撃あたりから中継終了まではTBS系列(せんだみつお槙原さん、金本さん解説)のTV中継をみただけなので、横山投手の好投はLiveでは見ていません。
そのあたりも含めこの試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ 巨人へblogramによるブログ分析
ひょっとして和田監督って名将?←迷将というなら誤変換とも言えないけど…

それと、気になったのは、
ここで「蛍の光」の是非をどうこういうつもりはなくて(むしろ巨人戦ではもっと煽れ派)、前奏部分。
かって、甲子園で「サヨナラ、サヨナラ、真弓!」って野次ってた人いたけど…

気持ちはわかるけど…

なお、この試合を含めた昨日のプロ野球の結果。
セ・リーグ
◇阪神2―1巨人(甲子園)
 阪神プロ初登板の横山はが7回1失点。1点を追う八回、代打・新井の中犠飛で追いつき、続く鳥谷の右前適時打で勝ち越した巨人は勝ちパターンの救援陣が崩れた。
◇ヤクルト4―3DeNA(神宮)
 ヤクルトが今季4度目のサヨナラ勝ち。同点の十一回2死満塁から畠山の左越え適時打で決めた。DeNAの負け越しは9カードぶり。

パ・リーグ
◇ソフトバンク10―6オリックス(ヤフオクドーム)
 8本塁打が出た乱打戦をソフトバンクが制した。四回に2者連続本塁打を放った李大浩と松田は計8打点。オリックスは最悪タイの借金12。

◇ロッテ10―6西武(西武プリンス)
 ロッテが一発攻勢で2連勝。二回に新人中村の3ランで先行。デスパイネの2打席連続アーチなど計5本塁打で圧倒した。唐川は今季初白星。

◇日本ハム9―5楽天(コボスタ宮城)
 日本ハムは延長十二回、2死満塁から中島の内野安打と中田の中前安打で一挙4点。楽天は延長十一回に追いついた後の2死満塁を生かせず。


個々の試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
これ録画するも忘れてたけど、フモフモさんちでだいたいのところはわかりました。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:36| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック