2015年09月11日

すべては「必要、必然、最善」

【最初におことわり:9月4日のエントリーからタイトルの長さを「人が一度に知覚できる」らしい「13文字以内」におさめることにこだわっていますので、今回は紹介する本のタイトルで。字数を考慮しないとタイトルは『歴史的役割を果たした阪神タイガースなど9月10日のプロ野球の件をからめ、舩井幸雄遺作/すべては「必要、必然、最善」』となります】
昨日のデイリースポーツによれば、
となるはずが…

「なりふり構わない戦い」って、今日巨人は試合がないから澤村のイニングまたぎは当然の流れかと思いますが…
相手の打者にぶつけるのはヾ(*`Д´*)ノ"
もっとも、「空白の一日」とか伝統的に手段を選ばない紳士(笑)球団とその球団から職業野球リーグ結成の誘いを受けて設立された球団との対戦では、後者がここで前者に引導を渡すはずがないとも思っていたので、この結果は想定の範囲内。
というその試合に関しては、Liveでは出先で、
というシーンとその裏の鳥谷のタイムリー以外は見ていない(当然、ニュースも見ない)ので詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ 巨人へblogramで人気ブログを分析
引用したTweetは別の試合の件ですが、それは置いといて…

ともあれ、セ・リーグ発足以降「巨人優勝、2位阪神」というのは数えきれないほどありますが、「阪神優勝、2位巨人」というのは一度もない件。今年も阪神が優勝するとしても2位はヤクルトか?!せっかくなので、この設立80周年の節目に今までなかったケースを実現させようではないですか…しかも、ソフトバンクともどもCSで敗退して日本シリーズ中に合同ファン感謝祭と称して、甲子園とヤフオクドームで各1試合ずつリアル日本一決定戦をやるとか(^_^;)

そんなことも考えながらこの本。

すべては「必要、必然、最善」

管理人自身はどんな結果が出てもそう思えるほど人間出来てませんが(^_^;)

2015年4月28日付で朝倉慶氏との共著「失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ 恐慌前夜の資産防衛」の書評をUPした際に舩井幸雄が最後に伝えたかった真実 船井流“経営と生き方”のコツとこの本はまだ読んでいない旨を書きましたが、図書館で借りられたので今ここで紹介。

基本的には過去の著書にも書かれていることと重複することが多いです。

そのあたりは、「船井総研創業者舩井幸雄氏のご逝去を悼み、当ブログでの氏の著書紹介まとめ(2014.1.24)」でも書いてありますので、そちらもご参考に。

本舩井幸雄すべては「必要、必然、最善」』(ビジネス社
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
いまだから舩井幸雄が伝えたいこと。これからの日本の行く末を語る!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 サムシンググレートから与えられた新しい使命
第2章 精神世界の研究に没頭した本当の理由
第3章 父と子の対話から「神との対話」へ
第4章 より良い世界の到来を予感させるシグナル
第5章 本物技術が世界の支配・被支配構造を崩壊させる
第6章 みんなが自由で平等な世界が実現する

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
舩井幸雄(フナイユキオ)
1933年大阪府に生まれ。56年京都大学農学部農林経済学科を卒業。日本マネジメント協会の経営コンサルタント、理事などを経て、70年に(株)日本マーケティングセンターを設立。85年同社を(株)船井総合研究所に社名変更。88年、経営コンサルタント会社として世界ではじめて株式を上場(現在、東証一部上場会社)。社長、会長を経て、2003年に同社の役員を退任。(株)船井本社の会長、(株)船井総合研究所、(株)本物研究所、(株)船井メディアなどの最高顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2004年8月発行/2015.6.16読了】

【備忘録】
第1章 サムシンググレートから与えられた新しい使命
・すべて必然、必要。肯定して勉強し、プラス発想して成長しよう。

第2章 精神世界の研究に没頭した本当の理由
・船井総研の社風(自由、よく働く、徹底した客志向)
・人間として大切なこと(自由、正しい哲学を持つ、大志を持ち、誰にでも親身で、仕事にはいのちをかけて)
・経営者の信仰する神さまには対抗するためには、コンサルタントとして神さまの勉強をしなければいけない
・舩井幸雄の本棚
のらくろ」はよく読んだ(舩井勝仁氏)
・犬は日本、豚は中国、羊は朝鮮、熊はソ連
・スピリチュアルな世界のことに興味があるのは圧倒的に女性が多いと思います
・女性は本来感受性に優れているし、論理的なことにあまりこだわらないので、超自然現象も素直に受け取れる
・世の中は論理的・科学的ですべてをお金に変えていこうとする男性中心社会から、情緒や人情や愛とかのお金では測れない価値観に重きを置いて、直感力を主体に物事を進めていことする女性中心社会に変化していくのではないか
・舩井幸雄が熱海に移り住んだのは富士山を守るため?

第3章 父と子の対話から「神との対話」へ
・舩井幸雄 原価意識(Google検索

人を育てる自分を育てる ズバリ船井流 5000社以上を成功に導いた「船井流」51の鉄則
・一度辞めると言った社員のことは何があっても引き止めてはいけない〜リーダーが人事で借りを作ったら致命的なことになる

日本でいちばん大切にしたい会社
・マネーゲームと借金はするな、お金は貸すのも保証をするのもダメ
これからの時代はますます人の思いが大切になり、思いによって現実が左右されることもある
>ここ重要。
>試合中にネガツイをしてもいい結果は生みません。

・舩井流稼ぎ方の極意〜一生懸命にハードワークをする
・有能な経営者になるには「カリスマ」が必要
勉強ずき すなお プラス発想
・神と対話して気づいたこと
1.どんなに辛くとも自殺はするべきではない
2,逃げてはいけない
3.他からの情報に溺れてはいけない
4.主体は自分だ。ただ「神」に全部任せればよい。そういう神を探すべきだし、求めれば現れる
5.敬意をもって神に接すべきである
等々

第4章 より良い世界の到来を予感させるシグナル
・「俺が異世界に行った話をする
・宮澤賢治「世界全体が幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」

こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した その小さな「積み重ね」があなたの未来を動かす

第5章 本物技術が世界の支配・被支配構造を崩壊させる
ハイレベルエネルギーの原則と特性
<原則>
蘇生・活性化
バランスコントロール
融和、調和
<機能特性>
高次元
害を与えない
縦波で循環型(アナログ型)
伝播する
遮蔽物を透過する
電気的に中性
・これまで多岐にわたって仕組まれてきた「民衆を洗脳する社会のカラクリ」に人類が気付き始めた
・お金の力で人の心を買う構造〜「世界金融支配体制」
・「幸福度・世界一」を世界に先駆けて実現することが、これからの日本の役割・ミッション

第6章 みんなが自由で平等な世界が実現する
・セラミックは情報を記憶する優れた媒体
・良い商品を作るためには、良い材料を使えばいいという、当然の結論に行き着いた
静電三法―植物波農法・物質変性法・人体波健康法 - 静電三法―植物波農法・物質変性法・人体波健康法
・白血病はガンではない〜疲弊した白血球にすぎない
がんの盲点 白血病はがんではない
・本物の研究は抹殺されない

・古い資本主義体制〜「奪う」ことに豊かになろうとする経済システム
→ポスト資本主義体制〜「与える」ことによって豊かになろうとする人たちがつくる社会
バンクシア事業
(@農業〜農耕民族・日本人の変えるところ、A食〜発酵王国・日本、Bバンクシア・ブックス、Cバンクシア・フィットネス

あとがき
・2010年11月29日『舩井幸雄.com』「日本語の大事さ」から日本人の特性
@和が好きで競争はきらいというか下手。お人よし。
A自然に同調的。自然を支配しようとは原則的には思わない。
B母音言語を使う珍しい人種。しかも一人称も二人称もできるかぎり使用としない。
C「真の宇宙の理」的人間(善と美を目標し、自由化・シンプル化・調和化・効率化が好き。)(したがって世界でもっとも約束を守る)が多くいる
Dよいと思えばどんなものとも同化できる。包み込める。

【参考書評等】
のとみいの金融日記
のんちゃんの杉野書店日記
堺市ハッピー薬店のダイエット法
Amazon書評
読書メータ−

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogramによるブログ分析

最後に、昨日のプロ野球の結果をまとめて。
9月10日のセ・リーグ
◇ヤクルト3―1DeNA
 ヤクルトが今季最多タイの貯金6とし首位阪神にゲーム差で並んだ。二回に大引、四回に山田がソロを放ち、石川が七回途中まで好投した。

◇広島4―2中日
 広島は八回、新井の適時二塁打で同点。石原の2点適時打で勝ち越した。ジョンソンに八回2死まで無安打の中日は今季の負け越しが決定。

◇巨人5―4阪神
 巨人は二回、村田の犠飛などで2点を先制。六回は阿部に2試合連続となる2ラン、八回は坂本がソロを放ち、貴重な追加点を挙げた。投げては、先発・ポレダが7回途中3失点と試合をつくり今季8勝目。敗れた阪神は終盤に追い上げを見せるもあと一歩及ばずヤクルトとのゲーム差がなくなった

9月10日のパ・リーグ
◇ソフトバンク7―3日本ハム
 ソフトバンクが日本ハムに今季3度目の同一カード3連勝で優勝マジック6に。六回に今宮の2点適時打で勝ち越し、摂津が5年連続の2桁勝利を手にした。

◇オリックス6―1ロッテ
 オリックスは八回に安達、縞田の適時打などで4点を勝ち越し。継投で逃げ切った。ロッテは七回に満塁の好機を逃したのが痛かった。
個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
大盟主東京読売巨人軍の関係者におかれましては今年はこちらだけで満足していただきたいんですが…
自然界のことじゃないから関係ないって(^_^;)
ラベル:舩井幸雄
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:16| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック