2015年11月28日

野球・サッカー関連のニュースを前振りに、三田ゾーマ「ウェブニュース一億総バカ時代」

本題に入る前に、昨日は野球関連では千葉ロッテからFAとなっていた今江敏晃内野手の東北楽天ゴールデンイーグルスへの入団決定
この件の詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
そして、サッカー関連ではFC岐阜が川口能活選手の契約満了を発表など各クラブで契約満了選手・監督などの発表が続々と…
その件はさておき、湘南ベルマーレでの選手・スタッフらの契約満了等の公式発表はまだなものの、大倉社長の退任は神奈川新聞に載ってしまったしチョウ・キジェ監督も(湘南から出るなら)京都サンガ一択のようなニュースが(ベルマーレ関連では比較的信ぴょう性の高い)スポニチの記事に…
という個人的な思いはあるものの、
という基本スタンスの自分があえてブログで触れたのは、この本につなげるため。
ウェブニュース一億総バカ時代 (双葉新書) -
ウェブニュース一億総バカ時代」 (双葉新書)

情報がこれだけ氾濫する時代の中、受け取り側のいわゆる「リテラシー」というか、取捨選択力が問われるということはよくわかりました。

これからはWebニュースの内容は「話半分」ぐらいの見方をすることをオススメというのにも和田一浩しく同意

で、所感をTweetした人の中に、
というのがありましたが、新聞だってステマっぽい記事あるじゃんヾ(*`Д´*)ノ"
とは言っても、新聞・雑誌も広告はあるものの、読み手からお金取ってますからね。「金返せヾ(*`Д´*)ノ"」と言われそうなレベルのことは自主規制できるんじゃないでしょうか?
それに、この本の著者が言うように広告?っぽい内容だとすれば「話半分」で受け取っているし、むしろここまで必死なのかとかえって同情心が湧いてくる??

タダで見れるというのはどっかで費用を負担している人がいるし、その方々の意向が入ってしまうのは必然的な流れ?

📖三田ゾーマウェブニュース一億総バカ時代」(双葉新書
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
騙されないためのウェブニュースの読み解き方教えます。新聞と同じように考えてはいけない!企業に都合よく作られた「広告」をあなたはバカ正直に信じていないか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ウェブニュースの基礎知識
(ウェブニュースって何?/ウェブニュースは「ヤフー」のこと? ほか)
第2章 ページビューを追いかけろ!
(ニュースサイトはページビューを競い合う/トップページ/記事ページ ほか)
第3章 広告だらけのウェブニュース
(広告がないと成り立たないウェブニュース/バナー広告 ほか)
第4章 あなたを騙す?ニュースのような広告
(ウェブニュースの世界ではすべてのニュースを疑え?/タイアップ広告とは? ほか)
第5章 ステマ作りの現場から
(パブ記事とは何か/うかつな編集Aが作ったパブ記事 ほか)

【2015年5月発行/2015.9.5読了】

編集コンテンツと誤認させて広告を届ける行為(ステルスマーケティング、いわゆるステマ)に対する考え(Yahoo!ニュース)

【備忘録】
第1章 ウェブニュースの基礎知識
テレビは日本人を「バカ」にしたか?―大宅壮一と「一億総白痴化」の時代 (平凡社新書) -
📖テレビは日本人を「バカ」にしたか?―大宅壮一と「一億総白痴化」の時代 (平凡社新書)
・Webはもっと「バカ」にした
・Webニュースの評価指標→「PV(ページビュー)」(TVでいう視聴率)
・広告の表記を記載していないタイアップ記事(いわゆる「ステマ」)はニュースサイトが抱える大きな問題点のひとつ

第2章 ページビューを追いかけろ!
・PVを上げるための仕掛け
→「続きを読む」、「画像の拡大」
→「1記事のページ分割」
(かってはデータ量節約とかいっぺんに表示しては見にくいのを回避するという狙いもあったがネットの高速化、モバイル端末の大画面化であまり意味がなくなり、かえってめんどくささが残るだけ)
・自身で取材し記事を書いてそれを掲載するニュースサイトか?
・上記のようなニュースサイトから記事を提供してもらい、それを載せるニュースポータルか?

第3章 広告だらけのウェブニュース
・広告がないと成り立たないウェブニュース
・バナー広告〜記事とは分離されているため、実際のところあまりクリックされない
ネット広告のクリック数のうち88〜98%はボットによるものだと判明(Gigazine)
・バナー広告からネイティブ広告(ユーザーがウェブサービスやアプリなどを利用している際に、「ユーザーの情報利用体験を妨げない広告」)
・Webニュースは、ニュースサイトが個人情報を売ってくれる代わりに無料で読めているだけ
・クッキーの設定をOFFにすればターゲティングはされないが、PWの自動入力ができなくなることにご注意を

第4章 あなたを騙す?ニュースのような広告
タイアップ広告の見分け方
@PRや広告などの文言が記事のどこかに記載
Aサイトの極めて目立つ箇所(特に右カラム)から誘導
B記事内で紹介されている製品やサービスへのリンクが過剰に貼り付けてある

第5章 ステマ作りの現場から
パブ記事
パブリシティ記事。略して「パブ記事」などと呼んでいる。
企業の製品や催事、サービスなどをメディアがニュースや記事として取り上げ、結果として宣伝になるという仕掛け

ステマ(ステルスマーケティング)
ステルスマーケティングとは、マーケティングの手法のうち、それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うことである。
・なぜウェブニュースでステマが広まったのか?
@ルール不在(広告ではない以上、誤認を招く不当表示から消費者を守る景表法の規制対象外)
「食べログ」事件でユーザーを装った業者による口コミ操作は消費者庁の指導対象になったが…
A編集者の地位(Webニュースは読者からは料金を取っていない以上、唯一の収入源である広告主には逆らえない)
・広告であることを知らされない出演者たち
・儲かるからステマをし続ける。ステマはし続けるから設けることができる…って、麻薬中毒みたいなもん?
・ステマがばれたら信用大失墜なのに…

【参考書評等】
松岡 佑季「【書評】ウェブニュース一億総バカ時代 匿名性が信憑性を下げるのではないでしょうか」
週刊朝日 2015年7月10日号 via ダイヤモンドオンライン〜おかしな方向へ進んでいるウェブニュースを徹底批判し、ニュース=報道のあるべき姿を取り戻すための「革命の書」として本書は読まれるべきである。
やまもといちろうブログ〜 いやー、こういう本を待っていたんですよね。単なる業界事情・内情暴露本ではありません。スマホ全盛時代になったこんにち、私たちが日々目にするネットニュースの記事が、いかに問題で汚染されているのかを現場からの悩みと葛藤を踏まえながら解き明かした好著であります。
『ウェブニュース 一億総バカ時代』っていう言い方は分からなくはないが、ステマやってる人からは言われたくない(tsunokenのブログ)〜なんか、泥棒が泥棒に入られた家の人にこんこんと説教しているみたいだなあ。
球根栽培法〜このステマ問題は”ウェブニュース”だけの問題なのだろうか?
琥珀色の戯言〜「タダより高いものはない」そんなことを考えずにはいられない内容でした。「広告」と書いてあるだけで毛嫌いする人は多いけれど、ちゃんとそう明記してあるものは、けっこう良心的なんですよね、むしろ。最近のニュースサイトでは、「記事のような広告」がどんどん増えてきています。
煩悩無罪はてなの広告営業 mtakanoの日記
Amazon書評
読書メーター

にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック