2016年01月18日

阪神淡路大震災から21年と丸山桂里奈引退騒動の件を前振りに、「大儀見の流技 アスリートとして、女性として輝くために」

本題に入る前に、昨日で阪神淡路大震災から21年。
【ご参考】
・2015年(追悼Tweet/ブログ)
・2014年(追悼Tweet/ブログ)
・2013年(追悼Tweet/ブログ)
・2012年(追悼Tweet/ブログ)
・2011年(追悼Tweet/ブログ)
・2010年(ブログ)
・2009年(ブログ)
・2008年(ブログ)
このように、ここ数年は地震発生時刻に追悼Tweet。そして、同じ日のブログ更新ではこの件に絡めて書いて、震災を風化させないようにしていたものの、今年は昨日のブログエントリーではまったく触れていなかったので、改めていまここで。
【巡回先エントリー】
あれから21年たった(雫石鉄也のとつぜんブログ)
今も残る不安(ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
1.17 21年目の阪神・淡路大震災(しっとう?岩田亜矢那)

関西のプロ野球の2チームのうち、オリックスでは毎年恒例の黙祷。阪神の江越大賀外野手と歳内宏明投手は同日、神戸市長田区で開催された阪神淡路大震災のイベント「第12回 神戸フリーライブ『ONE HEART』」に出演。
一方、サッカー(J1)ヴィッセル神戸ではチャリティサッカー開催。
そのあたりの詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へblogramによるブログ分析
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramで人気ブログを分析
チャリティーサッカーには、15日に引退を発表した海堀あゆみさん(INAC神戸)も参加したようですが…
こう言われては、丸山さんも今年限りで引退するって思いますよね(^_^;)
最初から「去年は澤さんが引退して、ついこの前に海堀が引退…。すっごく寂しい気持ちだけど、いつか誰でも引退する日は来る。また詳しくブログに書きますが、私も今年は最後になってもいいと言う気持ちで。とにかく全力でやります。( ´ ▽ ` )ノ(113字)」とTweetしておけば…
むしろ、かまってちゃんとしては騒動になってよかったのか?!
ともあれ、
逆転力〜マイナスをプラスにかえる力 -
逆転力〜マイナスをプラスにかえる力」で頑張ってと言っておきましょう。

そして、そんな丸山さんにもお勧めしたい本。
大儀見の流技 アスリートとして、女性として輝くために -
大儀見の流技 アスリートとして、女性として輝くために

まずこの本を読み始めて最初に感じたのは、「大儀見さんって、女子サッカー界の勝間和代か?!」

超前向きなところが一緒(^_^;)

この人の父親の本は
常識を超えれば夢は叶う: 問いかけ、気づかせ、導くコーチング -
2014年1月19日付のエントリーで書評を書いてはありますが、大儀見さん自身は「父親は厳しい人」といってはいるものの、
という親の気持ちは十分理解しているんでしょうね。

それから、この本のかなりの部分を占めているメンタルトレーニング臭。
勝つ人のメンタル (日経プレミアシリーズ) -
ダンナさんへの関節支援


📖大儀見優季大儀見の流技」(KANZEN
【内容説明】
なでしこJAPANの不動のストライカーとして、現在はイングランドのプレミアリーグ・チェルシーで活躍する大儀見優季選手
私生活ではFIFAワールドカップドイツ大会で優勝した2011年にメンタルトレーナーの大儀見浩介氏と結婚し、
アスリートとして一人の女性として充実した日々を過ごしている。

人生をいかに充実させ、輝かしいものにするか。
それは人間誰しもが願っていることだ。

選手生命を脅かす二度の大けがに見舞われながらも、どうして乗り越えられたのか。ファッションにまったく興味がなかった著者が、
なぜ女性磨きを意識するようになったのか。
なぜ、夢を次々に叶えることができ、ステップアップできているのか。
本書には、大儀見式の8つの流儀(技)と、日々実践しているメンタルトレーニング・体幹トレーニングを収録している。

【目次】
第1章 当たり前に「感謝」する
第2章 自分を、相手を、社会を「知る」
第3章 無意識を「意識」へ―夢や目標を達成させるために―
第4章 自分との戦いに「克つ」
第5章 物事を「ポジティブ」にとらえる
第6章 「出会い」を大切にする
第7章 「セルフマネジメント」をする
第8章 変化を恐れずに「楽しむ」

大儀見優季とメンタルトレーニング
大儀見優季と体幹トレーニング

【著者プロフィール】
大儀見優季(おおぎみ ゆうき)
1987年7月15日生まれ。神奈川県厚木市出身。ポジションはFW。兄の影響を受け、林サッカークラブでサッカーを始める。2000年、日テレ・メニーナに入団、02年、U-18全国ユース選手権優勝・MVP獲得し、Lリーグデビュー(現なでしこリーグ)を果たす。03年、日テレ・ベレーザへ昇格、04年に日本代表Aマッチデビュー(アテネオリンピックアジア予選タイ戦)。06年、東海大学に進学。Lリーグではベストイレブン・リーグ得点王・アジアカップ2006得点王に輝いた。10年に1.FFCトゥルビネ・ポツダム(ドイツ)へ移籍、ブンデスリーガ優勝(10試合出場6得点)、CL優勝(5試合出場2得点)に貢献した。11年、日本代表をFIFA女子ワールドカップ優勝へ導く。12年、ロンドンオリンピック準優勝、ブンデスリーガ得点王(ポツダムはリーグ連覇)。13年、チェルシーLFC(イングランド)へ移籍した。現在は、チェルシー・日本代表ともに不動のストライカーとして活躍している。

[体幹トレーニングページ監修]
木場克己(こば かつみ)
株式会社アスリートウェーブ代表取締役。有限会社コバメディカル・ジャパン代表取締役。KOBAスポーツエンターテイメント株式会社代表取締役。一般社団法人TTC(トータルセラピストコミュニティ)会長。1965年、鹿児島県出身。2002年までFC東京のヘッドトレーナーを担当するかたわら、江東区の整骨院を中心にスポーツ選手の治療やトレーニングに携わる。現在は、長友佑都選手(インテル)や大儀見優季選手(チェルシー)の個人トレーナーをはじめ、プロサッカー選手から高校・中学など育成年代まで幅広い指導実績を持つ。

[メンタルトレーニングページ監修]
大儀見浩介(おおぎみ こうすけ)
1979年、静岡県清水市生まれ。東海大学一中(現・東海大学付属翔洋高等学校中等部)サッカー部時代に、元日本代表の高原直泰氏とともに全国優勝を経験。東海大一高ではサッカー部主将として鈴木啓太選手(浦和レッズ/元日本代表)とプレーした。東海大学進学後、高妻容一研究室にて応用スポーツ心理学(メンタルトレーニング)を学び、現在はスポーツだけでなく、教育、受験対策、ビジネス、社員研修など、様々な分野でメンタルトレーニングを指導している。2012年、メンタルトレーニングを広く伝える組織「メンタリスタ」を立ち上げ、代表取締役に就任。2011年に大儀見(旧姓・永里)優季氏と結婚した。
【2014年4月発行/2015.11.30読了】

【備忘録】
第1章 当たり前に「感謝」する
・母の存在
・怪我をしたことで(できなかったふだんのトレーニングに代わりに)筋トレ
・怪我を経験した選手の方が精神的に強くなれる
・当たり前のことに「幸せ」が
・大儀見の好きな言葉〜The greatest thing in your life is being who you are

第2章 自分を、相手を、社会を「知る」
・中身や書き方はどうであれ、1日の終わりに文字にして書いて見るだけでも、自分自身と向き合うことができ、客観視できるのではないだろうか
・人は人、自分は自分
・大儀見の好きな言葉〜追い込まれて気付く喜びは、財産となる

第3章 無意識を「意識」へ―夢や目標を達成させるために―
・自分が本当にイメージできたものは、必ず具現化できると思う
・無意識を意識に
・試合までに逆算して行動

第4章 自分との戦いに「克つ」
・周りの作ったイメージに負けない自分でいたい
・試合のときの感情をいかにコントロールするかが課題
・周りはすべて自分の想像どおりや思うとおりに動くわけではない
・ベストのパフォーマンスを出したければ、自分自身にイライラすることこそ、もっとも避けなければいけない
・立場が変わることで役割も変わってくるし、やるべきことも増えてくる〜それに合わせて行動することが結果的には自分自身の成長につながる

第5章 物事を「ポジティブ」にとらえる
・目標は自分自身で設定するもの
・他人から与えられた目標ではなく、自分自身で定めた目標だからこそ、本当の意味での達成感を感じられるようになる

第6章 「出会い」を大切にする
・協調性とは〜周りの人に合わせなくてはならないときは合わせるけれど、自分は貫く
・「トップを目指す」という意識、「考えるクセ」
・「変わりたい」と強く願っていれば、自分の人生を大きく左右する人との出会いがやってくるものだ
DVD 木場×大儀見が教える! 実践 体幹トレーニング - DVD 木場×大儀見が教える! 実践 体幹トレーニング
・プロポーズされたのは、2011ワールドカップの期間中。優勝の表彰台でみんなに伝える
・大切な人との出会いは自分を変えていくチャンス
・(それぞれの人の)「普通」が違ってあたりまえ

第7章 「セルフマネジメント」をする
・結婚式当日もいつもの走るトレーニング
・明日やろうは馬鹿野郎。今やれることは今やって、限られた時間を有効に使いたい
・自分自身の価値観で考えることを忘れてはならない
・「変わりたい」から大儀見に変えた
・自分の中で過去にこだわることはやめようと
・大儀見優季の好きな言葉〜”smile & happy”

第8章 変化を恐れずに「楽しむ」
・不安があるのは当たり前。勇気を持って一歩を踏み出すことで、世界が大きく変わることだってある
・小さなことでもいい。変化は成長するための大きなきっかけ

大儀見優季とメンタルトレーニング
・基本的な8つの心理的スキル
1.目標設定〜目標を決め、そこに向かう道筋を考える
2.リラクセーションサイキングアップ(心のウォーミングアップ)
3.イメージトレーニング〜理想の映像を頭の中に流し、脳を上手にだます
(新たな技術の習得に役立て、予行演習)
4.集中力〜自分がすべき行動に意識が向いている状態
5.プラス思考
6.セルフトーク〜自己暗示により、自分の力を最大限に引き出す
7.試合に対する心理的準備〜本番当日も平常心を保ち、試合に勝てる準備を整える
8.(円滑な)コミュニケーション〜相手の話をよく聞く/よいところを褒める/目標を共有する
体幹力を上げるコアトレーニング -

【参考書評等】
なでしこのキープレーヤー大儀見優季が語る、中学時代に2度の怪我を乗り越えて得たもの(FOOTBALL CHANNEL)
評判はいつだって的外れ‐なでしこ大儀見優季の真価‐(ちゃんと、言えない。)
nishi19 breaking news
Amazon書評
読書メーター

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析

【おまけ】
今日が公休日で良かったよ…
月曜美術館 休館日に、そこで何が起こっているのか -
月曜美術館 休館日に、そこで何が起こっているのか
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 10:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

あれから21年たった
Excerpt: あれから21年たった。今朝は寒い朝だ。あの日の朝も寒かった。人間には死ぬまで忘れられない日がある。小生の場合1月17日だ。毎年、この日が来ると、あの朝のことを思う。  大きな災害にあった経験はある。..
Weblog: とつぜんブログ
Tracked: 2016-01-19 10:53