2016年01月13日

湘南ベルマーレ新チーム始動の件を前振りに、「湘南ベルマーレあるある」【購入本】

本題に入る前に、昨日(1月12日)湘南ベルマーレ新チーム始動!
湘南始動!曹監督「1日1日を大切に」主将は高山薫(ニッカン)
【湘南】新チーム初始動!主将は高山、副主将に菊地(報知)
【馬入日記:1月12日】2016シーズン、新チームがいよいよ始動!!(湘南ベルマーレ公式)
その16日には「爆勝祈願2016in 江の島」があるのですが、仕事で行けない…
24日の「SHONAN×FUKUSHIMA フットボールフェスティバル2016 Presented by日本端子」には行きますが…
そのあたりも含めさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogramによるブログ分析
「湘南ベルマーレあるある」と、主力3人の移籍(大江戸時夫の東京温度)
一つの時代が終わり、新しい時代が始まる 湘南(毎日フットボール)
結構選手が入れ替わる(Shonan BMW スタジアム平塚にチャリ通)
2016年シーズン、湘南始動!!(湘南浪漫)
 いくら湘南から選手を引き抜こうとも、俺たちが湘南を愛する気持ちまでは引き抜けまい!!
移籍、そして新体制、羽ばたけ!湘南戦士!!(JさんのこまるこらむZ)
自分が巡回しているベルサポブログの直近の関連エントリーも紹介。

その中で、大江戸時夫さんが書いている
湘南ベルマーレあるある -
📖湘南ベルマーレあるある
発売日の12月20日に本厚木駅前の2書店には見当たらず。
平塚駅前の書店ではかなり売れているのに(^_^;)
やはり、ホームタウン内での小田急沿線側は熱くないと思いつつも、
23日には購入できましたが…

で、まずは感想をざっくりと。
(元所属GKの)KOBAのこととか、スタジアムナビゲーターの田子さん・ロンドさん、ベルクイのこと載ってないし、挿絵の選手も似てないし、さちえさんもスルーですか?!
という現実逃避にはいい本かも…

ともあれ、「あるある」というタイトルは付いていますが、ベルマーレに関するちょっとイイ話や豆知識的なエピソード集という内容なので、最近サポーターになった人には過去のこともわかっていい参考本になるのではないでしょうか。

📖 藤江直人「湘南ベルマーレあるあるTOブックス
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
湘南地域の7市3町がホームタウン地元を巻き込み、さらに前進する、地域密着型クラブ。選手、監督、OBはもちろんサポーター気質やスタジアム、街ネタまで、湘南ベルマーレの魅力を凝縮!納得の大ネタから、懐かしの逸話まで「湘南スタイル」の神髄を一挙公開!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 湘南ベルマーレ「愛」あるある
第2章 湘南ベルマーレ「紳士録」あるある
第3章 湘南ベルマーレ「カルチャー」あるある
第4章 湘南ベルマーレ「レジェンド」あるある

【著者紹介】
藤江直人
 1964年東京都渋谷区生まれ。早稲田大学卒。サンケイスポーツでJリーグの前身である日本リーグ時代からサッカーを取材。日本代表とカズやラモス瑠偉を擁して黄金期を築いていたヴェルディ川崎を担当して、1993年10月の「ドーハの悲劇」を眼前で目撃する。バルセロナ、アトランタ両夏季五輪特派員、米NY駐在員、スポーツ雑誌編集などを経て2007年に独立。フリーランスのノンフィクションライターとして、ライフワークのサッカー取材をメインにスポーツを追いかけている。
【2015年12月発行/同23日購入。2016年1月1日読了】

【参考書評等】
Bell-Mac
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析

【おことわり】
【備忘録】はあくまでも借りてきた本の内容を忘れないためのメモ的なものなので、購入本ではあえて書きません。


笑えるJリーグあるあるコレクション -
こっちの方がホンマもんのネタ本としての「あるある」?
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:44| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「湘南ベルマーレあるある」と、主力3人の移籍
Excerpt: 先ごろ発刊された『湘南ベルマーレあるある』(TO出版・1100円+税)を買い、あ
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2016-01-13 09:38