2016年11月23日

佐藤寿人の移籍と西岡剛の背番号変更の件を前振りに、「不安な未来を生き抜く知恵は、歴史名言が教えてくれる」

まずは、昨日のエントリーで書き切れなかったサンフレッチェ広島FW佐藤寿人が名古屋グランパスへ完全移籍の件
新しいGMも決まったようですが、風間さんの監督就任発表はチャンピオンシップが終わるまでお預けですか?
そのあたりのさらに詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へblogramによるブログ分析
そのあたりの詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramで人気ブログを分析
そんな西岡剛さんとグランパスサポ(だけじゃないけど)におすすめのこの本の件。
不安な未来を生き抜く知恵は、歴史名言が教えてくれる 「明日を変える力」を磨く55の言葉 (SB新書) -
📖不安な未来を生き抜く知恵は、歴史名言が教えてくれる 「明日を変える力」を磨く55の言葉 (SB新書)


一言で感想を言うと「大変参考になりました」
              以上

📖竹中平蔵「不安な未来を生き抜く知恵は、歴史名言が教えてくれる」(SB新書
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
歴史とは「終わってしまった過去」のことではありません。とりわけ過去の人物の「名言」には、私たちに未来を見通す洞察力を与え、人を巻き込んでいく力をつけ、そして自らの行動を戒め、導いてくれる力があります。未来が見通せないのは今も昔も同じこと。今よりさらに見通しの悪い時代を率いてきたリーダー達の名言は、時を超えて、私たちに「今、どう生きるべきか」を伝えてくれます。

【目次】
序章 歴史の名言から未来を読もう
1章 仕事に効く名言
2章 リーダーのあり方を見つめる名言
3章 イノベーションを起こすための名言
4章 人・組織を動かす名言
5章 名言で洞察力を持つ
6章 「学び」の名言
7章 名言で国際感覚を身につける
8章 世の中の本質と日本の問題を見抜く名言

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹中平蔵(タケナカヘイゾウ)
慶應義塾大学教授、グローバルセキュリティ研究所所長。1951年和歌山県生まれ。73年、一橋大学経済学部卒業。同年、日本開発銀行入行。その後、大蔵省財政金融研究所主任研究官、大阪大学経済学部助教授、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを歴任。98年に「経済戦略会議」メンバーとなる。2001年に経済財政政策担当大臣に就任し、金融担当大臣、経済財政政策・郵政民営化担当大臣、総務大臣などを務め、小泉純一郎内閣の「構造改革」を主導した。06年より現職。博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2015年12月発行/2016.9.18読了】

【備忘録】
序章 歴史の名言から未来を読もう
・「川を上れ(歴史を学べ)、海を渡れ!(海外の事例や経験を学べ)」
・ビスマルク「愚者は経験から学び、賢者は歴史に学ぶ」
>経験からも学べない○○は、愚者以下(..;)
・シュペンター「資本主義は成功のゆえに失敗する」
・ダーウィン「生き残るものは強いものでも賢いものでもない。変化できるものだけだ」
・生き残るリーダーには「語る力」が必須
・記憶に残る名言は、味わい深く意味深い〜人のふり見て我がふり直せ

1章 仕事に効く名言
・マーガレット・サッチャー「好かれようとしているだけなら、いつでも何でも妥協する用意があり、何も達成しないだろう」
・ラルフ・ワルド・エマーソン「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」
・ソフォクレス「自らを助けざるものは機会も力を貸さず」
・野村克也「勝ちに、不思議の勝ちあり。負けに、不思議の負けなし。」
負けに不思議の負けなし (朝日文庫) -
・イチロー「確実にこなさないといけないプレーを確実にこなせるチームが強い」
>聞いてる?超変革の人(..;)
未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ -
・トーマス・ヘンリー・ハクスレー「鎖につながれて正しく歩むよりも、自由のうちに誤って歩む方が人間にとってはマシである」
・時間を上手く使うには「捨てる勇気」が必要
・本田宗一郎「私は、得意なことしかやらない」
・孫 正義「最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけ。そこからすべてが始まった」
・チャップリン「人生に必要なものは夢と勇気とサムマネー(少しのお金)」

2章 リーダーのあり方を見つめる名言
・イングランド銀行「行動すれども弁明せず」
・加藤 寛「今や官僚は過去官僚(過去完了)、「前例がない」と同じことばかり言う旧官庁(九官鳥)」
・コルネリウス・タキトゥス「最悪の敵は、ほめそやす者なり」
・中山素平「問題は、解決されるためにある」
・ジョージ・バーナード・ショー「自由は責任を意味する。だからこそ、たいていの人間は自由を恐れる」

3章 イノベーションを起こすための名言
・ヘンリー・デイヴィッド・ソロー「ものが変わるのではなく、我々が変わるのだ」
森の生活 (ウォールデン) 上【電子書籍】[ ソロー ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
・P・ドラッカー「すべての資源は枯渇する。枯渇しない唯一の資源は人間の才能である」
・アリストテレス「改革は小事にあらざるも、小事より発生す」
・ブレーズ・パスカル「人間は常に自分に理解できない事項は何でも否定したがるものである」

4章 人・組織を動かす名言
・カール・ヒルディ「敵は大体において、人の弱点について最も正しい判断を持つ」
・マーガレット・サッチャー「コンセンサスは時間の浪費」「リーダーは好かれなくてもよい。しかし、尊敬されなくてはいけない」
・松下幸之助「失敗すればやり直せばいい。」

5章 名言で洞察力を持つ
・ウィストン・チャーチル「未来のことはわからない。しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである」
・ジョージ・サンタヤナ「過去を思い起こしえない者は、過去を繰り返すように運命づけられている」
・シェークスピア「愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知る」
・高橋是清→・安倍総理、麻生財務大臣も見習う高橋是清ってどんな人なの?(NAVERまとめ)
恐慌に立ち向かった男高橋是清 [ 松元崇 ] - 楽天ブックス

6章 「学び」の名言
・ルイ・パスツール「偶然は、準備のできてない人を助けない」
・ロビン・ジョージ・コリングウッド「人間は他人の経験を利用するという特殊能力を持った動物である」
・ヴォルテール「どんな人も他人の経験によって学び取るほど利口ではない」
・ゲーテ「外国語を知らない人は、自国語にとっても無知である」

7章 名言で国際感覚を身につける
・チャーチル「母国を愛する者は、人類も憎めない」
・モーパッサン「愛国主義という卵から、戦争が孵化する」
・マキャベリ「敵から身を守るのは、準備怠りない防衛力と友好関係である」
・アダム・スミス「国防は富裕より重要である」
・孟子「外患なくば、国は滅びる」

8章 世の中の本質と日本の問題を見抜く名言
・ドストエフスキー「金は鋳造された自由である」
・ベンジャミン・フランクリン「この世で避けて通れないものは「死」と「税金」」
・ウィリアム・アーサー・ウォード「平凡な教師は言って聞かせる。 よい教師は説明する。 優秀な教師はやってみせる。 しかし最高の教師 は子どもの心に火をつける。」
>金○さん、聞いてる(..;)

【参考書評等】
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
ラベル:佐藤寿人 西岡剛
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 01:46| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック