2016年12月29日

菊池大介が浦和へ、三竿雄斗は弟のところへなど12月28日の湘南ベルマーレニュース+百田尚樹「カエルの楽園 」+α

本題に入る前に、自分自身は昨日で仕事納め。
自分が見たのには、「○○商事」って業者のネーム入りでしたが、こんなデザインのカレンダー
引用のお礼ついでに、流山おおたかの森駅前 美容室RuBell(ルーベル)さんのスタッフブログへのリンクを貼っておきます
流山おおたかの森.jpg
ちなみに、流山おおたかの森は、この前(12月24日)TXから東武アーバンパークラインへの乗り換えに通っただけなので、(駅前にあるとはいえども)この店の外観すら見てませんがなにか(..;)
それはさておき、昨日湘南ベルマーレからは10時前にこのニュースリリースに始まり浦和レッズから期限付移籍で来ている山田直輝岡本拓也の期限付き移籍期間延長のお知らせ
8番が山田直輝.jpg(8番が山田直輝)
そして、(下の写真右の)菊池大介が浦和レッズ、(同左の)三竿雄斗が(弟のいる)鹿島アントラーズへそれぞれ移籍(´・ω・`)
去る三竿と大介.jpg(真ん中の人は残る?)
さらに、GK村山智彦が松本山雅に復帰し大竹洋平はファジアーノ岡山へ移籍サガン鳥栖から期限付き移籍で来ていた岡本知剛は期限付き移籍期間満了で、2017シーズンより松本山雅に移籍
個人的には「去る者は追わず、来る者は拒まず」というスタンスなので、特に大介の移籍には残念な気持ちもありますが残った人やこれから来る人を応援するのが優先。
さらに詳しいことやひろさんはじめベルサポ各位の見解はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogramによるブログ分析
鹿島アントラーズの方が住友金属サッカー部からたどって70年と20年+α歴史は長いですが、読売サッカークラブ(現)よりは1年長いし…
それはさておき、しかおさん。リーグ戦でまだこのカエルに会ったことないでしょう。
20121007_031.jpg
20130824 (5).jpg
来年は鯱のところにも行くし…、ってうらやましくはないか(..;)
という流れでこの本。
カエルの楽園 - 📖カエルの楽園
もちろん、こいつが主人公の小説ではなく、
というお話です。

📖百田尚樹カエルの楽園」(新潮社
【内容情報】(出版社より)
最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。平和な地を求め旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、理想的な国「ナパージュ」に辿り着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こるーー。著者自らが「私の最高傑作」と断言。大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまではー。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
百田尚樹(ヒャクタナオキ)
1956(昭和31)年、大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊とよばれた男』(第10回本屋大賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2016年2月発行/2016.10.6読了】

ネタバレになるので、いつもの【備忘録】は省略します。

ともあれ、お題目のように『三戒の教え』を守っても、すべての人が『三戒の教え』を守るわけでもないし…

【参考書評等】
百田尚樹『カエルの楽園』店頭で目立たない様に陳列される事案発生(NAVERまとめ)
百田尚樹の改憲扇動小説『カエルの楽園』の安易さがスゴい! はすみとしこ大絶賛でネトウヨ同士意気投合(笑)(トカナ)
百田尚樹『カエルの楽園』の「村上春樹」揶揄に新潮社が大弱り! 百田にキャラ名の変更頼むも拒否され作家タブーの板挟みに(リテラ)
"朝日論法"皮肉る百田氏の『カエルの楽園』 - BLOGOS
「憲法9条さえ守っていれば日本は平和である。たとえ滅んでも平和である。」(宇佐美典也のブログ)
百田尚樹「カエルの楽園」 登場人物とあらすじ&感想(ネタバレなし)(こどもいろ.com)
やくみつる 護憲派 SEALDSはなぜ「カエルの楽園」を推薦しないのか(自ら考え、行動するためのブログ)
『カエルの楽園』から思うこと(公務員のためいき)
『カエルの楽園』百田尚樹著 読了(なないろ日記〜りんごの国から〜)
Amazon書評
読書メーター

posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 10:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442473598

この記事へのトラックバック

菊池大介の移籍(なぜ赤いチームにばかり・・・)
Excerpt:    湘南ベルマーレの菊池大介が浦和レッズに移籍することが正式に発表されました。
Weblog: 大江戸時夫の東京温度
Tracked: 2016-12-29 23:37