2017年03月03日

池上彰のニュースそうだったのか!!3〜これくらい知っておきたい「戦争」の基礎知識

そんな中、参考書籍としてこの本。
池上彰のニュース そうだったのか!! 3  これくらい知っておきたい「戦争」の基礎知識 -
📖池上彰のニュース そうだったのか!! 3 これくらい知っておきたい「戦争」の基礎知識

例によって、感想はひとこと。
「(詳細はさておき、ざっくりとは分かって)勉強になりました。」

📖池上彰のニュース そうだったのか!! 3SBクリエイティブ
【内容情報】(出版社より)
◎大好評、池上彰さんの番組書籍第3弾!!
戦後71年を経て、安保関連法施行や日本周辺海域で繰り返される中国の領海侵入、さらには頻発する「イスラム国」によるテロなどから、いま、「戦争」が、これまでとは違う角度から論じられるようになりました。
本書では、第二次世界大戦の同じ敗戦国である「日本」と「ドイツ」が、これまでどのように戦争と向き合ってきたのか、その歩みを見ながら、これからの日本が、「戦争」とどう向き合っていけばよいのか、戦争の基礎知識を踏まえつつ、一緒に考えます。

◎戦争はどうやって始まり、どう終わるのか?
◎「安全保障」とはいったい何か?
◎「安保法成立」で日本の戦争へのリスクは本当に高まったのか?

巻末資料に「村山談話」、「安倍談話」、「新旧・日米安保条約」を全文掲載。日本人として、知っておくべき知識が満載です。
Part1 そうだったのか? 戦争-戦争はどうやって始まり、どう終わる?-
Part2 そうだったのか? 総理談話-総理談話とは何なのか?-
Part3 そうだったのか? 戦後の歩み-日本と同じ敗戦国ドイツは、戦後、どのように「戦争」と向き合ってきたのか?-
Part4 そうだったのか? 安全保障の歴史-安全保障って、いったい何だろう?歴史から見てみよう!-
Part5 そうだったのか? 安保関連法-安保関連法って、いいこと? 悪いこと?賛成派と反対派の意見を見てみよう!-
COLUMN 日本人として知っておきたい「東京裁判」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
池上 彰(イケガミアキラ)
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。さまざまな事件、災害、教育問題、消費者問題などを担当する。1994年4月から11年間にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。わかりやすく丁寧な解説に子どもだけでなく大人まで幅広い人気を得る。2005年3月、NHKの退職を機にフリーランスのジャーナリストとしてテレビ、新聞、雑誌、書籍など幅広いメディアで活動。2012年2月から2016年3月まで、東京工業大学リベラルアーツセンター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2016年8月発行/2016.11.23読了】

【備忘録】
1 そうだったのか!!戦争ー戦争はどうやって始まり、どう終わる?
・戦争にもルールはある〜宣戦布告で始まり、平和条約(または講和条約)で終わる
・日本の終戦
1945年8月15日 ポツダム宣言(戦争を終わらせる条件)受託発表
 同 9月2日 休戦協定締結
1951年9月8日 サンフランシスコ平和条約(領土、賠償金など取決め)締結
〜1952年中華民国と日華平和条約、1972年中華人民共和国と日中共同声明の中で戦争終結を確認)
〜ロシア(旧ソ連)とは、平和条約は領土が確定していないため結べない
・朝鮮戦争
1950年6月25日 開戦
1953年7月27日 休戦(正確にはまだ戦争は終わっていない)
・国連憲章の旧敵国条項〜次の国連憲章の改定時に削除する予定が放置…


2 そうだったのか!!総理談話ー総理談話とは何なのか?



・村山→小泉→安倍と(戦争の反省という)基本線は変わっていない

3 そうだったのか!!戦後の歩みー日本と同じ敗戦国ドイツは、戦後、どのように「戦争」と向き合ってきたのか?

4 そうだったのか!!安全保障の歴史ー安全保障って、いったい何だろう?歴史から見てみよう!
砂川判決

5 そうだったのか!!安保関連法ー安保関連法って、いいこと?悪いこと?賛成派と反対派の考えを見てみよう!
・安保関連法の成立を急いだワケは?
@米国連邦議会で2015年夏までに成立させると安倍首相自らが発言
A日本を取り巻く安全保障環境悪化
>個人的関係ですが、「集団的自衛権」は現法憲法下では違憲の可能性が高いという問題をあぶり出させて、だからこそ集団的自衛権を含めた自衛権を第9条第3項に追加して改正させようとする安倍総理関係者の高度戦略か?!
・武力行使の3要件(集団的自衛権を使う際の前提条件)
(1)密接な関係にある他国への武力攻撃が発生し、日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある(存立危機事態)
(2)我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない
(3)必要最小限度の実力行使にとどまる
→池上「基準があいまい」
・徴兵制はありえない?!

COLUMN 日本人として知っておきたい「東京裁判」
・裁かれたのはA級戦犯のみ
・侵略の定義は曖昧なまま、勝者が敗者を一方的に裁く〜公正・中立は軽んじられた
・第2次世界大戦以前の張作霖爆殺事件や満州事変まで持ち出されて追求
・東京裁判以降は戦争責任の問題は打ち止め
→東西冷戦で日本を西側に引き入れないといけないこと優先

【参考書評等】
How Many Books Do You Have?
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
タグ:池上彰
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444243835

この記事へのトラックバック