2017年03月25日

3月24日のセンバツの件などを前振りに、「人生が変わる最高の教科書 論語」

まずは、昨日の選抜高校野球大会5日目の結果から
この中で一番の注目は第2試合。
早実の清宮に注目が集まるのは、お約束としても…
そのあたりも含め、詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
(「おかしいだろ!」と言えば)昨日公式RTした件にからめ、
という流れでこの本。
人生が変わる最高の教科書 論語 -
📖人生が変わる最高の教科書 論語


「論語」といえば学生時代に学ぶし、社会に出てからも折に触れて接する機会が多いわけですが、当ブログにおいては、過去の読書感想文エントリーで「論語」をメインにした本はなし。

結局、見つかったのはこの2つ

信なくば立たず(2007年2月21日)
孔子の言う、政治の3条件
「食料を十分にし、軍備を十分にして、人民には政治を信頼させることだ。」の優先順位についての話ですが、最終的には国民に政治家や政治を信用する気持ちがなくなったら、国家は成り立っていかないのではないか。国家と国民の間に信用・信頼がなくなったら、その国は必ず滅びることでしょう。


【書評】工藤健策「野村克也は本当に名将か」+αで年始のスポーツ関係の件(2010年1月9日)
(当該書籍中で)生半可な論語の知識で落合が名球会入りしなかったことを批判
→「和して同ぜず」/ノムさんは「小人は同して和せず
→名球会内では「ノムさんは文句ばかり言って何もしない」との非難も

野村の実践「論語」 - ←こんな本もあるらしいし…借りんけど…

📖小宮一慶/人生が変わる最高の教科書「論語」KADOKAWA
人生、仕事、どうもうまくいかない、壁にぶつかった…。そんなときこそ論語を読もう。経営コンサルタントとして、トップビジネスパーソンとして走り続ける著者が、強くしなやかに生き抜くための秘訣を伝授。

【内容情報】(出版社より)
人生、仕事、どうもうまくいかない、壁にぶつかった…。そんなときこそ論語を読もう。経営コンサルタントとして、トップビジネスパーソンとして走り続ける著者が、強くしなやかに生き抜くための秘訣を伝授。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
新しい自分になれる。幸せな生き方ができる!あれこれ自己流で考える前に、学ぼう。もっと強く、しなやかに生きるためにー2500年の時を超えあなたを救う37のメッセージ。

【目次】
第1章 自分を磨く
(評価されたいなら、目の前のことに真剣になろうー「人知らずして慍みず、亦た君子ならずや」、・あれこれ自己流で考える前に、学ぼうー「吾れ嘗て終日食らわず、終夜寝ねず、以て思う。益なし。学ぶに如かざるなり」 ほか)
第2章 人間関係を整える
(調和を大切に。でも流されないー「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」/自分より優れた人たちとつき合おうー「己れに如かざる者を友とすること無かれ」 ほか)
第3章 結果を出す
(言葉で語らず、行動で示そうー「巧言令色、鮮なし仁」「剛毅木訥、仁に近し」/もう一歩だけ深掘りするー「吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の浴する所に従って、矩を踰えず」 ほか)
第4章 逆境の自分と向き合う
(明日の自分を見るのではなく、今日の自分を振り返るー「吾れ日に三たび吾が身を省る」/間違ったら、素直に改めるー「過ちて改めざる、是れを過ちと謂う」 ほか)
第5章 世のため、人のために生きることが自分のためになる
(利益はあとからついてくるー「利に放りて行なえば、怨み多し」/「利」と「義」を一致させるー「不義にして富み且つ貴きは、我れに於いて浮雲の如し」 ほか)
論語 (岩波文庫 青202-1) - ←本書の「読みおろし文」「対訳」についてはこの本を主に参照したとのこと

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
小宮一慶(コミヤカズヨシ)
経営コンサルタント。株式会社小宮コンサルタンツ代表。十数社の非常勤取締役や監査役、顧問も務める。1957年、大阪府生まれ。81年に京都大学法学部卒業後、東京銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。在職中の84年から2年間、米ダートマス大学タック経営大学院に留学、MBA取得。91年、岡本アソシエイツ取締役に転じ、国際コンサルティングにあたる。その間の93年初夏には、カンボジアPKOに国際選挙監視員として参加。94年からは、日本福祉サービス(現・セントケア・ホールディング)企画部長として在宅介護の問題に取り組む。95年に小宮コンサルタンツを設立し、現在に至る。2014年に名古屋大学客員教授に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2016年2月発行/2016.12.23読了】
ともあれ、「論語」ってAudible(オーディブル))〜本を聴くAmazonの新サービス向きですね。
Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス -


【備忘録】
はじめに
・「人生うまくいかない」と思っている人にこそ『論語』は生き方のヒントを与えてくれるはず
・『論語』には、人生を強く、しなやかに生きるうえで必要な原理原則が書かれている
・『論語』にあるのは、人生を豊かに生きるための「考え方」(原理原則)です

第1章 自分を磨く
・自分の言葉で語れて、はじめて「わかった」といえる〜「これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らざると為せ
・孔子のような立派な人物でも、物事の道理を知るのは難しい〜「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり
・自分で限界をつくらない〜「力足らざる者は中道にして癈す
・目標は細かく設定しよう

第2章 人間関係を整える
・「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」〜苦手な人とは適度に距離を保つ
・大切なことは「できないこと、やらないことを簡単に約束しないこと」。そして「やると言ったことは必ず守る。」それを心がけるだけでも、信用を得られる
・昔からの友人を大切にしているか?〜「晏平仲、善く人と交わる。久しくして之を敬す
・他人を責める前に自分を正す
・本当に伝えたいことを伝えないと、仲間を失う〜「与(とも)に言うべくしてこれと言わざれば、人を失う。与に言うべからずしてこれと言えば、言を失う
・自分に必要な相手と、そうでない相手を見極めて伝えよう
・「この人のために」と敬われる存在になる〜「老者はこれを安んじ、朋友はこれを信じ、少者はこれを懐けん
・評価できる人がいたら、その場にいなくても褒めよう

第3章 結果を出す
・「郷原は徳の賊なり」〜「世渡り上手なお調子者」は周囲を不幸にしてしまう
・状況にあわせて、よく考えながら行動する〜〜「君子は言に訥にして、行いに敏ならんことをと欲す
・まずは行動する。ただし、二回は考えてから
・考え抜いても迷うなら、行動を起こさない
・「人の生くるは直し。それを罔いて生くるは幸いにして免るるなり。」〜「素直」は謙虚につながる
最高の人生教科書 易経 -
・絶対に守るべきことと、柔軟に変えていいことを明確に分けられている人が、人生でもビジネスでも良い結果を得ることができる

第4章 逆境の自分と向き合う
・小さな過ちほど深く反省する
・「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以て師となるべし。」(温故知新)
・うまくいかないときほど、基本に返ってみよう
・本質を勉強しなさい〜「本質」を知っていると「現象」にいつでもうまく対応できる
・うまくいかないことは自分のせいで起こっている〜「君子は諸を己に求め、小人は諸を人に求む

第5章 世のため、人のために生きることが自分のためになる
・社会が求めているのは、良い商品やサービスを世に送り出し、社会に貢献してくれる会社

【参考書評等】
浜松の物流会社 −アトランス−の社長ブログ
栗坊日記
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
なお、昨日の阪神のオープン戦関連の件の詳細はこちらで。
 ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramで人気ブログを分析
ラベル:選抜高校野球
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック