2017年06月28日

6月27日のプロ野球の件を前振りに、板東眞理子「すべては書くことから始まる」

まずは、昨日(6月27日)のプロ野球の結果
個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
   ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramで人気ブログを分析

野球関連はここまでにして、書き溜めてあった読書感想文シリーズの中から今回はこれ。
すべては書くことから始まる - 📖すべては書くことから始まる

キーワードは「和感英論」。

日本的な感情、人情の特徴(和感)とビジネスや国際政治など論理の世界(英論)の両方で通用するのがグローバルな人材。

📖坂東眞理子「すべては書くことから始まる」(クロスメディア・パブリッシング
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
美しく正しい日本語が書ける人は、言いたいことがちゃんと伝わる。思考力、読解力、話し方、コミュニケーション能力、本物の人脈…。ベストセラー『女性の品格』の著者が明かす、仕事と人生を切り開く極意!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 品格のあるメール
第2章 仕事がはかどる文書・資料のつくり方
第3章 正しく伝わる文章の作法
第4章 語彙力を高めてワンランク上の書く力を
第5章 心が通じる手書きと手紙
第6章 「和感英論」のすすめ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
坂東眞理子(バンドウマリコ)
1946年富山県生まれ。東京大学卒業後、1969年、総理府入省。内閣広報室参事官、男女共同参画室長、埼玉県副知事を経て、1998年、オーストラリア・ブリスベン総領事に就任。2001年、内閣府初代男女共同参画局長。2007年4月より昭和女子大学学長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2016年12月発行/2017.3.22読了】

【備忘録】
はじめに
・仕事で必要なのは「明快な文書を書く力」〜正確に事実を述べる/筋道立てて物事を述べる論理的な書く力

第1章 品格のあるメール
・受信したメールには受理したことを告げ、要件にすぐに返信できるもの以外は、何日くらいかかるかを伝えておく
・表題は一目で内容がわかるように的確につける
・下手な個性より賢い模倣
・(ブログ、SNSでは)書きたいことを書くのではなく、人に読まれてもいいように自制して書く
・発信する際の危険を知り、それをできるだけ小さくするように努める

第2章 仕事がはかどる文書・資料のつくり方
・ビジネス文書は目的を達成するために作成する
・課題を見つけて目標を設定
・いつまでにどのような水準で完成すればよいか確認
・最低限各ジャンルで3つずつ集める
・良い文章を書く秘訣は、材料は出来るだけ集めた上で取捨選択すること。自分で構成を考え、そのストーリーに沿って書き進めること
>当ブログもそのつもりではやってはいるものの、どうしても横道にそれがち(..;)
・文の構成の王道は「結論からお伝えします」と始めること
・書く前に主題を確認したら、最後まで一貫してフォローすることが必要
・正確な言い回し、語彙を使う
・誰に向かって書いているのか?文書の目的は何か?TPO(いつまでに完成、使う場所、)

第3章 正しく伝わる文章の作法
・端的に、具体的に、明快に書く
・主語述語を明確に
・重ね言葉や繰り返しをなくす
・ワンセンテンスは40字
・「が」で文章をつなげるのは1回だけ

第4章 語彙力を高めてワンランク上の書く力を
・大事なのは言葉、語彙の豊かさ
・書く力は読む力

第5章 心が通じる手書きと手紙
・熱意と気合いを入れて依頼する場合の書き方
 @冒頭から相手に関する情報を書く
 A具体的な条件を書く
 B最後は丁寧に繰り返し依頼を

第6章 「和感英論」のすすめ
・丁寧な表現は正しく使う
・アサーティブであることとは、相手を傷つけずに自分の言いたいことを伝えられ。また、相手からの反応を受け入れて健全なコミュニケーションが出来ること

【参考書評等】
「正しい日本語」が書けるようになりたくないですか?(TABI LABO)
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 10:59| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック