2017年06月15日

6月14日のプロ野球の件は軽く流して、「なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?」

まずは、昨日のプロ野球の結果から
個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析

先発の能見投手が立ち上がりの制球に苦しみ、カウントを取りに行ったボールをライオンズの主砲・中村剛也に捕らえられた。1回表、ランナー1・2塁に溜めたところで鮮やかにライト前へ流し打ち、ライオンズが1点を先制。3回表も同じくランナー1・2塁の場面で、またも中村の大砲が炸裂し、自身にとって甲子園で初となる右中間スタンドへのスリーランホームラン。結局はこのホームランが決勝点となり、中村1人に4打点と決められてしまった。打線もライオンズを上回る8安打を放ち、高山、中谷、鳥谷の3人がマルチヒットを記録するも連打が続かず、4点差をひっくり返すには至らなかった。最大のチャンスは5回裏、俊介のセカンドゴロと梅野のセンター犠牲フライで2点を返し、さらにランナー無しから新井良太が今シーズン初ヒット、糸原のフォアボールで同点を窺う場面があったが、もう一押しが無くゲームセット。先週のホークス戦こそ負け越したが、タイガースは交流戦3カードを勝ち越している。これで対ライオンズ戦は1勝1敗、明日は先発陣の勝ち頭メッセンジャーの登板で、このカードも勝ち越しといきたい。

スーパーサウスポーあさちゃん。さん(@ssasachan)がシェアした投稿 -

甲子園の方は(文化放送しか聴いてないので詳細も含め)おかわりひとりにやられたといっていい?
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramで人気ブログを分析
それはさておき、
という流れでこの本。
なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?――“カワイイ"を世界共通語にしたキャラクター -
📖なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?――“カワイイ"を世界共通語にしたキャラクター
2016-01-31_あゆコロちゃんバースデーセレモニー(EX30) (59).jpgKitty at SEIBU.jpg
それにしても、仕事を選ばない子猫ちゃんw
150405_新宿サンリオでかいキティちゃん.jpg宮ヶ瀬キティイルミ.JPG
実は猫でもないらしいし(^_^;)
それにしても、この本。分厚くて字が小さくて読むのがかなりしんどいんですが…
📖クリスティン・ヤノ「なぜ世界中の人がキティちゃんを愛するのか?〜カワイイ”を世界共通語にしたキャラクター作品社
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の“カワイイ”文化は世界を制覇し、“クールジャパン”を象徴する言葉となった。その先頭旗手こそが“ハローキティ”である。なぜキティは、国境や文化を乗り越え、人種やジェンダーをも超えて愛され、さらにはパンクやLGBTの人々のアイコンになるまでに至ったか。本書は、サンリオの理念と戦略、海外での社会的背景の調査、そして世界のキティファンへのインタビュー等を通じて、その謎と秘密を解き明かしたものである。

【目次】(「BOOK」データベースより)
まえがき 猫のしっぽを捕まえたつもりが、捕まったのは私の方
第1章 ハローキティ、世界にゆくーなかよしとしあわせを売る戦略
第2章 世界に広がるキティーここにもそこにも至るところで
第3章 キティ叩きーキュートがそんなに悪いのか?
第4章 反逆のスピリッツー「ピンク・イズ・ビューティフル」への進化
第5章 キティをいじりたおせーとんでもない場所でキティ・アート
第6章 ジャパニーズ・キュート=クールは暗黙の了解でまわる
第7章 キティー日本ー世界
第8章 キティの生まれた国ー日本の「かわいい」文化とキャラクター・ビジネス
訳者あとがき マジョリティとマイノリティのはざまで

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ヤノ・クリスティン(Yano,Christine R.)
ハワイ大学人類学部教授。人類学博士。日系人。研究対象は大衆文化における民族文化で、ジェンダー、マイノリティ、階級、ナショナリズム、グローバリズムという大きな枠組みの中で、どのように形成・維持されているかを具体的に分析している

久美 薫(クミカオル)
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2017年5月発行/2017.6.6読了】

【備忘録】
☆本書のキーワード
・ジャパニーズ・キュート(女らしさ)=クール(男らしさ)(の両立)
・カワイイ(英語のCUTEとじゃ似て非なるもの)
prettyは大人向け、cuteは子供向け
・ウインク(またはウインク・オン・ピンク
・キャラクター(英語のcharacterとは異なる)

まえがき 猫のしっぽを捕まえたつもりが、捕まったのは私の方

第1章 ハローキティ、世界にゆくーなかよしとしあわせを売る戦略

これがサンリオの秘密です。 -
キティの涙 -
💿ハロー・リサ - リサ・ローブ
ハロー・リサ - リサ・ローブ

第2章 世界に広がるキティーここにもそこにも至るところで
・アジア系アメリカ市民〜ハローキティはまさに優等生少数人種(モデル・マイノリティ)の象徴

第3章 キティ叩きーキュートがそんなに悪いのか?
Hello Kitty Must Die【電子書籍】[ Angela S. Choi ] - 楽天Kobo電子書籍ストア


第4章 反逆のスピリッツー「ピンク・イズ・ビューティフル」への進化
・ひとは自分の憧れや目指すものにいちいち反逆心を抱いたりしない

第5章 キティをいじりたおせーとんでもない場所でキティ・アート


第6章 ジャパニーズ・キュート=クールは暗黙の了解でまわる

第7章 キティー日本ー世界



第8章 キティの生まれた国ー日本の「かわいい」文化とキャラクター・ビジネス
>それにしても、何がいいたいのかよくわからなかったし…
>キティと援助交際がどう結びつくのか…

【参考書評等】
・Amazon書評は現時点でなし
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 11:24| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
訳していてほんとうに神経がやられてしまいました。そのぐらいヤノ教授の文は悪文です。なんとか日本語にかみ砕きましたが歯ぎしりしすぎて奥歯がやられて歯医者に通ってました。本当です。
Posted by KK at 2017年06月19日 16:12
>KKさん
訳者自らコメントありがとうございます。

悪文翻訳ご苦労様でした.
Posted by スーパーサウスポーあさちゃん。@管理人 at 2017年06月20日 12:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450625171

この記事へのトラックバック