2017年09月13日

9月12日のプロ野球の件をからめて、「大人の"かくれ発達障害"が増えている」

まずは、昨日の甲子園の阪神タイガース対読売ジャイアンツ20回戦の件
せっかく、田口から5点も取ったのに、藤浪がG坂本へのデッドボールから崩れ出し4回途中4失点KO。それでも、8回まで1点差を守り切り、あとは9回をドリスが抑えるだけという展開に…
しかしながら、先頭亀井のセカンドゴロのはずが上本に代えて守備固めに入っていた森越が体勢を崩して打球処理がもたついて内野安打に。長野四球のあと、橋本到のフライがレフトまで至らずポテンになり、福留の悪送球の間に巨人が同点に。無死二、三塁となおもピンチ継続もドリスが踏ん張り、同点止まりで延長に。延長戦に入ってからともに勝ち越しのチャンスは作るも決め手を欠き、延長12回引き分け。
そのあたりも含めこの試合関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ 巨人へblogramで人気ブログを分析
という流れでこの本。
大人の“かくれ発達障害”が増えている: 発達障害は万病のもと! -
📖大人の“かくれ発達障害”が増えている〜発達障害は万病のもと!
とは言っても藤浪くんが"かくれ発達障害"だと思っているわけではなく…

それはさておき、発達「障害」というと自分は関係ないと思うものの、発達「アンバランス」症候群と言われてしまえば、誰にでもその要素はあるような気はします。

📖岩橋和彦ほか「大人の“かくれ発達障害”が増えている 発達障害は万病のもと!」(法研
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
かくれ躁うつ病、新型うつ病、依存症、食べ吐き、リストカット、暴言、パニック障害・不安障害…治らないその症状は、発達障害に“重ね着”しているのかも?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜ発達障害が増えているのか
(はじめにーなぜ今、発達障害が注目されてきたのか/そもそも発達障害とは ほか)
第2章 発達障害は万病のもと
(発達障害と合併症・二次障害/気分障害ー発達障害のほぼ9割が合併 ほか)
第3章 発達障害を正しく診断するには
(学童期の心理学的に言われる“9歳の壁”/発達障害の初診年齢と二次障害の発症年齢 ほか)
第4章 良く効く発達障害の治療法・対処法
(発達障害の診断と治療の受け方のコツ/薬物療法の実際 ほか)
第5章 発達障害とキャリア・ガイダンス
(就活のキーワードは「コミュニケーション能力」、次に「主体性」/就労支援(キャリア・ガイダンス)はなぜ必要か ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
岩橋和彦(イワハシカズヒコ)
1960年神戸市生れ。精神科医、医学博士。香川医科大学(現香川大学医学部)。同大学院卒。折野病院精神科医長、香川医科大学精神科講師を経て、麻布大学生命・環境科学部教授、同大学健康管理センター長。東京女子医科大学特別講師。日本臨床精神神経薬理学会専門医、精神保健指定医、認定産業医。専門は精神神経薬理(CYPによる向精神薬の代謝)、遺伝学(ゲノム検査)、アニマルセラピーなど

星野仁彦(ホシノヨシヒコ)
1947年福島県生まれ。精神科医、医学博士。福島県立医科大学卒業。米国エール大学児童精神科留学、福島県立医科大学神経精神科助教授などを経て、福島学院大学大学院心理学研究科教授。専門は児童精神医学、スクールカウンセリング、精神薬理学など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2017年6月発行/2017.7.20読了】

【備忘録】
第1章 なぜ発達障害が増えているのか
・そもそも発達障害とは
1.注意欠如多動性障害(ADHD)〜注意力に欠け、落ち着きがなく、時には衝動的な行動を取る
2.自閉症やアスペルガー症候群(AS〜空気が読めない、こだわりが強い)
3.学習障害〜読む/書く/計算するなどの特定の能力の取得が困難
・脳の発達がデコボコ〜発達アンバランス症候群
📖栗原 類「発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由
発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由 -
大人のADHDの基本症状と随伴症状
1.多動性>△
2.不注意性>△
3.衝動性>☓
4.仕事の先延ばし傾向(業績不振)>△
5.感情の不安定性>△
6.ストレス耐性が低い>☓
7.対人スキルの低さ・社会性の未熟 >△
8.自己評価・自尊心の低さ>☓
9.新奇性追求傾向と独創性>○
10.整理整頓ができず、忘れ物が多い>△
11.計画性がなく、管理が苦手である>☓
12.不注意で事故を起こしやすい傾向がある>☓
13.夜間の睡眠障害と昼間の居眠り>△
14.習癖(爪噛み・抜毛・貧乏ゆすり・チックなど)>△
15.依存性や嗜癖行動>☓
16.のめり込みとマニアックな傾向>△


第2章 発達障害は万病のもと
>高血圧や糖尿病やガンになりやすいとまでは書いてありませんが…
かくれ躁うつ病が増えている : なかなか治らない心の病気 -

第3章 発達障害を正しく診断するには
ハロウェルとレイティの大人のADHD診断基準
>全20問のチェックリストで、15項目以上が当てはまる場合、大人のADHDである可能性
>12/20該当(^_^;)
>なお、この本とは直接関係ないけど
>(12項目中)7つ以上当てはまった人は要注意。10を超えている人は完全に依存症
>8/12(^_^;)

第4章 良く効く発達障害の治療法・対処法

第5章 発達障害とキャリア・ガイダンス

【参考情報等】
大人の発達障害の種類と特徴は?自分で気づくことは可能なのか(病気辞典)
「生きにくさ」の裏に、大人の発達障害が隠れている(日経DUAL)
Amazon書評
読書メーター
発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190) -
📖発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)

最後に、昨日のプロ野球の結果。
個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
  ↑  ↑  ↑
そっちの方が、セ・パ同日優勝決定よりありそうな気が…
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック