2017年09月26日

9月25日のプロ野球の件を前振りに、佐藤信之「通勤電車のはなし」

まずは、昨日(9/25・月)のプロ野球の結果。
個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
24日の試合開始前の時点では(客層のことも考えて)甲子園で2つ阪神が勝ち、ハマスタで3つDeNAが勝てば、阪神2位、DeNA3位で決まると思っていたものの、まさかの甲子園で\横浜連続優勝/
そのあたりの🐯系の方々の見解はこちらをご覧いただくとして、
   ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへblogramで人気ブログを分析
ということで、関西🐯系の方々には明日から週末まで首都圏入りの人が少なからずいるかと思いますが、「関東と関西で勝手が違うことが多い」という流れで(その克服の一助にはならないけど)この本。
通勤電車のはなし - 東京・大阪、快適通勤のために (中公新書) -
📖通勤電車のはなし - 東京・大阪、快適通勤のために (中公新書)

個人的に電車通勤をしたのは、(最初の会社で)新入社員だった最初の半年だけで(しかもバス10分+電車一駅)、その後自動車通勤。さらに勤務先から徒歩圏内に転居し、現在に至るなので、通勤ラッシュの経験といえば、午前中の社用で東京方面に出るときくらい。それも、ロマンスカー(有料座席指定特急)の時間帯が合う日程で組むことがほとんどなので、小田急線上りの通勤ラッシュの大混雑の経験はあんまりないです。

(その少ない体験の中でも)朝の通勤ラッシュには慣れた人が多いので混雑の割には整然としていてそんなにキツさは感じませんでしたが、むしろ、夕方の帰りのラッシュの方が電車に慣れてない人の乗車率が高かったりするので、そちらの方が辛いです。

📖佐藤信之「通勤電車のはなし 東京・大阪、快適通勤のために」(中公新書
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
通勤時間はムダである。この苦痛に耐える時間を有意義に利用すれば年間7兆円もの価値が生まれるといわれる。どうすれば満員電車を少しでも快適に出来るのか。新線の建設、ダイヤの工夫、新型車両の導入など、鉄道会社は努力を重ねてきた。人口減少社会の現在も、なお改善は必要である。混雑率200%に達する総武線や田園都市線をはじめ、主要路線の問題点と対策を解説。過去から将来まで、通勤電車のすべてが分かる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 通勤電車とは
第2章 東京圏のネットワークの現状
第3章 大阪圏のネットワークの現状
第4章 東京圏の人口動向と輸送改善
第5章 大阪圏の人口動向と輸送改善
第6章 東京圏の混雑緩和の推移
第7章 大阪圏の輸送力増強と混雑率
第8章 今後の展望ー東京圏
第9章 今後の展望ー大阪圏

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
佐藤信之(サトウノブユキ)
1956年、東京生まれ。亜細亜大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得。亜細亜大学講師、一般社団法人交通環境整備ネットワーク代表理事・会長、NPO法人全国鉄道利用者会議(鉄道サポーターズネットワーク)顧問、公益事業学会、日本交通学会会員。専攻・交通政策論、日本産業論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2017年5月発行/2017.9.1読了】

【備忘録・関連情報】
第1章 通勤電車とは
>著者は「信号システムの改良や信号間隔(閉塞区間)の変更により、運転間隔の短縮は1分50秒(1時間32本)まで可能ではないか」と言うものの
>渋谷駅が1面2線では無理かと…


第2章 東京圏のネットワークの現状
・複雑な大手町駅
・小竹向原の平面交差問題
運行ルートの変更のため大規模な造り替えをした二子玉川

第3章 大阪圏のネットワークの現状
国鉄本社と支社の対立
・都心ループ線として機能する大阪環状線
【2015.9.21 京橋→天王寺→西九条乗車】
15_大阪環状線 (1).jpg15_大阪環状線 (9).jpg15_大阪環状線 (12).jpg
・簡単な工夫で利便性向上「阪神尼崎駅」〜優等列車退避の各駅停車の中を通って乗り換え(両側が開く)

(と言ったのは甲子園から乗った梅田行直通特急の車内から)
・乗り換え不便な新今宮
・(鉄道会社によって)違う駅名
→JR:大阪≒阪神・阪急・大阪市営地下鉄:梅田
→JR・大阪市営:天王寺≒近鉄:阿倍野橋
→JR・神戸≒神戸地下鉄:ハーバーランド
・(一方)同じか似たような名前でも全然違う場所に
→JR・神戸≠神戸高速鉄道:高速神戸
→兵庫県の県庁:JR元町、神戸市役所:三ノ宮、神戸駅は神戸市の中心ではない
→JRと阪神の両方にある、住吉・芦屋・西宮・尼崎

第4章 東京圏の人口動向と輸送改善

第5章 大阪圏の人口動向と輸送改善
・大阪の都市機能は大阪・梅田と難波を結ぶ御堂筋に集中(御堂筋線でたいていのところへ行ける)
・大阪市営地下鉄は割高

第6章 東京圏の混雑緩和の推移
【このうち現時点で自分が乗ったことがあるのは小田急ロマンスカー(主に新宿〜本厚木間)と(引用TweetではSライナーとなってますが正しくは)S-TRAIN新宿三丁目横浜)のみ】
Collage 小田急ロマンスカー.jpgPhotoGrid_S-TRainCOLLAGE.jpg

第7章 大阪圏の輸送力増強と混雑率

第8章 今後の展望ー東京圏
・環八に鉄道を
・東京メトロの新線建設を(例:有楽町線豊洲〜松戸・北上線)
・空港アクセス線

第9章 今後の展望ー大阪圏

【参考書評等】
・「東京・大阪の快適通勤のために歴史とこれからを見ていこう」(51Blog)
「それでも楽になってきた/通勤電車のはなし(佐藤信之)」(見もの・読みもの日記)
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: