2017年09月14日

9月13日のプロ野球と⚽ACL準々決勝【浦和vs川崎】の件をからめ、「いまさら聞けない 健康の常識・非常識」

まずは、昨日甲子園球場で開催された阪神タイガース対読売巨人軍21回戦の件
Screenshot_20170914-115431.png
糸井のHRは最後まで観ていた人へのせめても罪滅ぼし…
それ以外は(阪神を応援する立場からすれば)岩田が2回だけで6失点と大炎上した上、打撃陣も拙攻が続き、序盤で試合の大勢が決してしまい、見所なし…
なんで、野球の神様はバッターにぶつけて骨折させた奴グランドに物投げた輩がいる方に味方してるんだよ(# ゚Д゚)
というこの試合に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ 巨人へblogramで人気ブログを分析
そのU型の方は防ぎようがあるので、この本などをご参考に。
いまさら聞けない健康の常識・非常識 -
📖いまさら聞けない健康の常識・非常識 -

たとえば、「擦り傷」。従来は、傷口を乾燥させて治すことが王道だったものの、最近ではこの方法が主流。
というように、健康に関する常識はけっこう時代とともに変化しているので、
ウソの健康常識に殺されないための50の正解 -
この本を2年で改定したのが本書。

📖池谷敏郎「いまさら聞けない 健康の常識・非常識」(主婦の友社)
【内容情報】(出版社より)
喫煙=肺がん?抗生物質=風邪の特効薬?答えはすべてウソ!9割の人が勘違いしている健康の常識・非常識を血管の名医が解説。

医学は日々進歩しています。
一昔前なら体にいいとされていたことが、最新の調査で実は全然そうではなかった、ということが少なくありません。
例えば風邪の特効薬といわれる抗生物質や解熱剤も、風邪にはいい効果をもたらさないのです。
「タマネギは血液をサラサラにする」とか「ガンは遺伝だから予防するとはできない」「こまめに水分補給していれば熱中症にはならない」などもすべてウソです。
本書は、科学的根拠から「本当の健康常識」をみなさんなさんに知ってもらうための本です。
本書をしっかり読んで実践していただければ、内臓が元気になって足腰も丈夫になって、
自分の足でいつまでも歩けるようになり、血管血液も実年齢以上に若返り、健康寿命を延ばすことができるのです。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1章 命にかかわる生活習慣病22の正解
(がんー生活習慣の改善、活性酸素除去、検診。3つの知恵で撃退できる/脳梗塞ー「気のせい」「疲れのせい」で放っておくと取り返しがつかなくなる/心筋梗塞ー意外と知られていない症状と原因のある病気 ほか)
2章 日常に潜む怖い病気15の正解
(風邪/インフルエンザー間違いだらけの「薬」「養生」「ワクチン」との付き合い方/肺炎ー「抗生物質」の乱用が肺炎を悪化させる/尿トラブルー頻尿を見過ごすと突然死に見舞われる!? ほか)
3章 ほうっておくと深刻化する病気13の正解
(便秘ー大腸がんのリスクを減らすためにも正しい解消法を知っておくべき/冷え性ー女性に多い冷え性には重大な病気が隠されている場合も。特に喫煙者は要注意!/認知症ーアルツハイマー型認知症の「特効薬」的存在は本当に予防と改善に役立っているのか ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
池谷敏郎(イケタニトシロウ)
池谷医院院長、医学博士。1962年、東京都生まれ。東京医科大学医学部卒業後、東京医科大学病院第二内科に入局、血圧と動脈硬化について研究する。1997年、医療法人社団池谷医院理事長兼院長に就任。専門は内科・循環器科、現在も臨床現場に立つ。東京医科大学循環器内科客員講師、日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医としても活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2017年2月発行/2017.9.4読了】

【備忘録】
1章 命にかかわる生活習慣病22の正解
(1)がん―生活習慣の改善、活性酸素除去、検診。3つの知恵で撃退できる
 ・おこげは多少口にしても問題なし
 ・ピロリ菌除去だけでは、胃がんのリスクはなくならない
 ・喫煙者でなくても肺がんを発症する可能性大
 ・がんの予防に役立つ食べ物〜ダントツの効果ありの「にんにく」(アリシンが効果成分)のほか、ブロッコリー、トマト、タマネギ、柑橘類、ハーブ類

(2)脳梗塞―「気のせい」「疲れのせい」で放っておくと取り返しがつかなくなる
 ・脳梗塞の危険サインは「ふわ〜っ」としためまい
 ・朝の起き抜けと入浴前の水分補給が脳梗塞を予防
 ・41℃のお湯に「声を出しながら」浸かると血管に負担がかかりにくい

(3)心筋梗塞―意外と知られていない症状と原因のある病気
 ・心筋梗塞で痛くなるのは「左胸」とは限らない(左の腕や首から顎の痛みとして感じられることも少なくない)
 ・早く歩けなくなのは「心不全」の可能性あり
 ・若い頃はやせていたのに、最近急激に太った人は要注意
 ・1日3〜4杯、浅煎り豆のコーヒーを飲むのは血管の老化防止に効果的

(4)高血圧―「ちょっと高め」で放置しておくと10年後に血管の病気が待っている
 ・血圧の正常値は130/85mmHgまで
 ・塩分の過剰摂取は血管を傷つけて血圧を上昇させる

(5)血管力を養う食事の工夫
 @ 糖質を含む「主食」の量を減らす
 A 血液事故予防効果のある「EPA」「DHA」を豊富に含む魚を食べる
 B 塩分の摂取量は1日8g未満に抑える
 C 1日400gの野菜を食べる
 D アルコールなら飲みすぎない程度で糖質の少ない蒸留酒がおすすめ。ソフトドリンクはコーヒーや緑茶が効果的

(6)糖尿病―糖質と運動に対する正しい知識があれば発症しない
 ・糖質より優れた「ケトン体」が脳にエネルギーを与えてくれる
 ・主食の量を少し減らすだけでも糖尿病の予防に役立つ
 ・食べ過ぎたらゾンビ体操


(7)体によい「脂質」
 ・多価不飽和脂肪酸のうち「n-3系脂肪酸」(α-レノリン酸)〜魚の油、アマニ油、エゴマ油、シソ油、クルミなど
 ・逆に避けたいのは飽和脂肪酸や「n-6系脂肪酸」(リノール酸)〜サラダ油
 ・糖質制限食の人がココナッツオイルを摂るのはいいが、通常食にプラスするとカロリー過多に

(8)寝たきり/ロコモ−高齢者だけじゃない!若い人にも忍び寄る恐怖
 ・まずは日常生活の中でこまめに体を動かすことを心がける
 ・下半身に筋肉をしっかりつけておくことが重要(テレビを見ながら5分体操


(9)熱中症−野外でも屋内でも発症!侮ると多臓器不全で死に至る
 ・水分だけでなくミネラル分も必要(経口補水液、麦茶、蕎麦茶)

2章 日常に潜む怖い病気15の正解
(1)風邪/インフルエンザ―間違いだらけの「薬」「養生」「ワクチン」との付き合い方
 ・自分のためにも他人もためにも予防接種は受けるべき
 ・「水うがい」と「石鹸手洗い」がもっとも安全で効果的
 ・ノロウイルス撃退用「消毒液」〜500mlペットボトルに半分水を入れ、漂白剤ボトル2杯分。その後、500mlまで水を加えて作る

(2)肺炎―「抗生物質」の乱用が肺炎を悪化させる
 ・65歳を過ぎたら肺炎球菌ワクチンの接種は必須

(3)尿トラブル―頻尿を見過ごすと突然死に見舞われる!?
 ・夜間のおしっこには心不全や糖尿病(むくみがある場合)が潜んでいる
 ・男性の頻尿には前立腺がんの危険性が隠されている
 ・食事による十分なカルシウム摂取が尿結石を予防する

(4)睡眠の悩み−人生の3分の1を占める時間だからこそ正しい知識が必要
 ・睡眠は時間より質
 ・安眠のためのひと工夫
  →目を閉じて横になっていても休んでいるだけにすぎない。むしろ起きてて眠くなったら布団に入る方がいい。
  →昼寝を30分以上しない
  →休日の寝だめはダメ。起きる時間は合わせることが大事

(5)帯状疱疹〜突然起こるチクチクした痛みは帯状疱疹の前触れ

(6)ストレートネック
 ・改善の鍵は姿勢を正すこととこまめな体操習慣

3章 ほうっておくと深刻化する病気13の正解
(1)便秘―大腸がんのリスクを減らすためにも正しい解消法を知っておくべき
 ・お腹の痛みを伴う排便が毎日ある場合は「便秘」の可能性大
 ・食物繊維の中でも「水溶性」のものが便秘に効く(海藻類、果物、野菜)

(2)冷え性―女性に多い冷え性には重大な病気が隠されている場合も。特に喫煙者は要注意!
 ・歩く習慣をつけて改善を
 ・足より腰を温める
 ・生姜は「煮て」「乾燥させて」からすりおろすと体を温めてくれる
 ・血行改善にはビタミンP(ピーマン・レモン)より「グーパー運動」
 ・手が冷えている人の内臓は温かい

(3)認知症―アルツハイマー型認知症の「特効薬」的存在は本当に予防と改善に役立っているのか
 ・ココナッツオイルの効果は100%証明されたわけではない

(4)骨粗鬆症−一生分の「骨重」が決まるのは18歳。あとは減らさないように工夫するのみ

(5)貧血−ときには命に関わる病気のサインとして起こることもある

(6)緑内障−失明率第1位ながらも発症の原因は不明の怖い眼病
 ・正常な眼圧で発症している人の方が多い

(7)脂肪肝−女性に急増中の脂肪肝。原因はアルコールではなく「糖」

(8)歯周病−実は突然死をも招く怖い病気。日頃のデンタルケアがものを言う
 ・虫歯が歯周ポケットを作ることもあるが虫歯菌と歯周病菌は別物
 ・歯周病は突然死を招く怖い病気。丁寧な歯磨きで予防するべき

(9)下肢静脈瘤−運動不足などから起こる女性に多い病気
 ・下肢静脈瘤から「肺梗塞」を起こす可能性あり。予防法は足や体を常に動かす


【参考書評等】
【いまさら聞けない健康の常識・非常識】貧血は胃がんの可能性…寒さのせいにできない重病サイン5
・Amazon書評は現時点ではなし
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析

なお、(先述の甲子園の試合も含めた)昨日のプロ野球の結果。
個々の試合に関する詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
それはさておき、⚽ACL準々決勝第2戦・浦和レッズ vs.川崎フロンターレの件

ここまでは昨日の段階で確認していたのですが、今朝起きてみると…
なんでこうなった?
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへblogramによるブログ分析
こっちは悪さした方が負けたのに(^_^;)
天罰なんかクソ喰らえっ!!! - M.J.Q(エム・ジェイ・キュー)
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: