2018年01月06日

1/5の高校サッカー選手権大会準々決勝の件を前振りに、堀江貴文「好きなことだけで生きていく。」

まずは、昨日開催の「第96回全国高校サッカー選手権大会」準々決勝4試合の結果から。
20180105_高校サッカー結果.PNG
このうち管理人自身はLive中継の明秀日立vs上田西戦の最後の方と、録画だった長崎総科大附vs流通経済大柏の最初の方だけ日テレで見て、その後日テレオンデマンドサイトのハイライト動画を見た程度なので、さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析
それでは得点にならないけど、誰かが触ればOK。
それはさておき、今回の大会でも出場選手の何人かはプロ入りという流れでこの本。
好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書) -
📖好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)
なので、書評エントリーを書くにあたって、まずは本の題名でGoogle検索した結果、この本に啓発された方がかなりいらっしゃるようで、(後ほど紹介しますが)それらを見れば(いつも当ブログで書く【備忘録】が省略できるどころか)本そのものを読む必要もなくなってくる件。
この本に書いてあることを全肯定とはなりませんけどね・・・

📖堀江貴文「好きなことだけで生きていく。」(ポプラ新書
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
自分の人生を無駄にしている人へ伝えたい、「自分の時間」を取り戻す生き方ー。ホリエモンの後悔しない生き方・働き方論、決定版。他人、時間、組織、お金、欲望などにふりまわされず、「好き」を生きがいにするため、どう考え、行動すればいいのかを明快に説く!最初の一歩を踏みだすことができない不器用な人たちに勇気を与える、最強の人生指南書。

【目次】
少し長いはじめに
(1%と99%の人々/1%の人たちはどこにいる?/僕からの最後通告)
第1章 僕が唯一背中を押せる場所ーなぜ堀江貴文イノベーション大学をつくったのか?
(僕が直接「背中を押す場所」、それがHIU/正直最初は不安だったHIU ほか)
第2章 はじめの一歩はノーリスク・ハイリターン
(「僕、会社やめます」/宮古島合宿から生まれた「月桃リップクリーム」 ほか)
第3章 僕らには無駄なものが多すぎる
(多くの社員を雇うことはリスク/99%の学校はいらない ほか)
第4章 「好きなこと」だけするためのスキル
(ホリエモンの質問道場!?/無駄な質問・三原則 ほか)
第5章 不器用なあなたに伝えたいこと
(遊びを仕事にする三つのステップ/地道にコツコツだけではだめ ほか)
おわりに 僕の好きなことは「おせっかい」なのかもしれない

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
堀江貴文(ホリエタカフミ)
WikiTwitterYou-TubeHP
1972年、福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。1991年、東京大学に入学(後に中退)。在学中の1996年、有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)設立。2002年、旧ライブドアから営業権を取得。2004年、社名を株式会社ライブドアに変更し、代表取締役社長CEOとなる。2006年1月、証券取引法違反で逮捕。2011年4月、懲役2年6カ月の実刑が確定。2013年3月に仮釈放(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2017年5月発行/2017.10.12読了】

【備忘録】

少し長いはじめに
・行動に移せる人は1%にも満たない
・1%の人はHIU(堀江貴文イノベーション大学校)にいる

第1章 僕が唯一背中を押せる場所ーなぜ堀江貴文イノベーション大学をつくったのか?
・人は、言い続けられないとテンションを保てない生き物なので、HIUの場は、「堀江貴文に『行動しろ』と言い続けられる」という意味で良かったのかもしれない
・率先して手を挙げる「行動力」にこそ、能力以上の価値があると考えている
・HIUの実績の一例
Carryco with me キャリコウィズミー ソフト スーツケース TSAロック キャリーケース ストッパー付 軽量 75L 改良型 - 👜Carryco with me ソフト スーツケース
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書) -
・人生は自由。やろうと思えばなんでもできる。君はどこまでも行ける

第2章 はじめの一歩はノーリスク・ハイリターン
きあら 月桃クリーム 10g - きあら 月桃クリーム 10g
・「リスクをとる」というのは決して「ギャンブル的に生きる」という意味ではない。「自分の土俵の上では、きちんと責任を取る」という姿勢を指す(安定した本業をあてにしない)
・「顕在意識」(自分で常に認識している意識)で思い込んだ方向にしか、物事はすすまないもの
本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書) -
・「人工知能を知って、どのような画期的なビジネスが展開できるのか」建設的に考えられる人になってほしい
・「それが仕事になるか」「ペイするか」なんて、未来になってみないとわからない(例:Twitter、Instagram)〜ゆえに、なすべきは自分の「好き」という感情にピュアに向き合うこと
・「今、ここ」に集中する

・成功体験に勝るものはない
・「自信をコツコツ積み上げる」ことを絶対に忘れてはいけない
・現代においてテレビ番組なんて、巷に溢れかえるアミューズメント(娯楽)の一つにすぎない
・時間の奪い合い争いから抜け出すのは意外と簡単。「見たいときに見る」というワガママなニーズに応えればいいだけ

第3章 僕らには無駄なものが多すぎる
・大切なのは学校で勉強することではなく、「人生を楽しんで生きるために必要なこと」を実践するだけ
・とにかく時間も精神力もワンコールで奪われる。それが電話。今の時代、要件はLINEで伝えればいい
ホリエモン×ひろゆき やっぱりヘンだよね ~常識を疑えば未来が開ける~ - ←表紙の撮影以外ではひろゆき氏に会ってない。
LINEグループでお題についてやりとりしたことをまとめただけ。

・ホリエモンの情報のハブ
LINE NEWSGunosyNewsPicksantennaTwitter、メルマガ等々
→ホリエモンおすすめの優良メルマガの著者
井戸実氏大川弘一氏夏野剛氏中嶋聡氏岩崎夏海氏藤沢数希氏高城剛氏上杉隆氏磯崎哲也氏津田大介氏勝間和代氏勝谷誠彦氏等々)
→彼らの知見をあなたの頭にインストールすれば、それ以外の情報に触れたときも「これはガセだな」「これは素晴らしい情報だ」という判断処理が、秒速で出来るようになる
>ちなみに、勝間和代氏のメルマガ以外は有料(月648円〜891円)
・本当にやりたいことは、人はほうっておいてもやる

第4章 「好きなこと」だけするためのスキル
・現代に必要なスキルは、記憶力というよりは検索力
>当ブログでも検索力だけでエントリーを仕上げているようなもの(^_^;)
・アイデアに固執しない(例:GREE)

・スマホは時間の効率化という面でとても役に立つ

第5章 不器用なあなたに伝えたいこと
・遊びを仕事にする3つのステップ
@作業にハマる事
A思いを持って毎日発信する事
B油断しない
・これからの時代「たゆまぬ努力」と「トリッキーな手段」の2つが必要
・ニッチなジャンルを世界水準にまで極めた行動力豊かな趣味としか思えないことを仕事にした2名

おわりに 僕の好きなことは「おせっかい」なのかもしれない
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく -

【参考書評等】
断言しよう。人は好きなことだけで生きていける。例外なくあなたも。「ホリエモン」の後悔しない生き方論の決定版!(ダ・ヴィンチニュース)
【書評】好きなことだけで生きていく。大切なのはお金じゃない!(ビジネス本書評ブログ−人生は読書量で決まる)
堀江貴文『好きなことだけで生きていく。』を読んだ(うえちも積もれば山となる)
【書評】 堀江貴文「好きなことだけで生きていく。」(猫好きの猫好きによる猫好きのための空間)
ホリエモンからの最後通告〜「好きなことだけで生きていく」書評〜(The ブログ)
ホリエモンの「好きなことだけで生きていく」に学ぶ「好きを仕事にする」3つのステップ(今日はヒトデ祭りだぞ!)
堀江貴文本「好きなことだけで生きていく」想像以上に具体的だったので紹介する(ともろぐ)
【書評】 堀江貴文 好きなことだけで生きていく。を読んだので感想(SKがこの先、生き残るには)
堀江貴文さんの新書『好きなことだけで生きていく』はおすすめ!(fujimotoyousuke.com)
堀江貴文著書「好きなことだけで生きていく。」から学んだ3つのコト。【書評】(格安SIM レビュー!)
【書評】「好きなことだけで生きていく」を読んで学んだ7つのこと(あいろんずブログ)
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
【当ブログで取り上げたホリエモン本】
ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (角川書店単行本) - 2014.3.21
格差の壁をぶっ壊す! (宝島社新書 311) - ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」 -
(2冊まとめて)2010.8.12
まな板の上の鯉、正論を吐く (新書y) - 2010.5.18

【おまけ(本書の題名でTwitter検索した結果、ホリエモンと関係ないものをいくつかピックUP)
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 04:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: