2018年01月21日

Fリーグプレーオフ決勝第1戦の件を前振りに、茂木 誠「ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ2 日本人が知らない101の疑問」

まずは、「DUARIG Fリーグ2017/2018」プレーオフ決勝第1戦の件。
当事者であれば現地に行ってたところ、1週間前のプレーオフ準決勝で湘南ベルマーレはシーズン終了。この試合もAbemaTVで実況中継していたわけですが、結局見たのは引用Tweetに貼っているダイジェストだけ。なので、(Fリーグが来シーズンから2部制になること【(湘南ベルマーレはF1って)「レースにも参入したんかい」と勘違いされそうな(^_^;)】も含め)詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 フットサルへblogramによるブログ分析
フットサルにも、Fリーグにもなんらかの関係性を見い出すのは難しいけど、この本。
ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書) -
📖ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 (SB新書)

ちなみに、こっちは読んでません。
ニュースの“なぜ?"は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書) - 📖ニュースの“なぜ?";は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問 (SB新書)

それはさておき、わかりやすい解説で、この本で世界に起こっている様々な事象のより深いところが見えてきました。

とありきたりな感想を。

📖茂木 誠「ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ2 日本人が知らない 101の疑問SB新書
緊急出版!
北ミサイル問題! 対立する、米朝! 日本はどうする?
激動の国際ニュースを世界史から読み解く、人気シリーズ第二弾!
「日本の生き残りに関心を持つすべての人に本書を薦める。」
佐藤優(作家・元外務省主任分析官)推薦!
「ニュースキャスターをしているときに読みたかった! 」
あの久米宏さんも大絶賛した前作から、1年半。
シリーズ10万部突破、人気のニュース解説、待望の第二弾が刊行となります。
トランプ大統領が誕生し、予測不能となった大国アメリカ。
イギリスのEU離脱、右傾化するフランス、ISの崩壊と世界中に拡散するテロの恐怖…。
そして米中対立。挑発を続ける、北朝鮮――。
テレビや新聞のニュースを鵜呑みにするだけでは、国債ニュースは絶対に読み解くことはできません。
大局的に歴史から眺めなければ、いま世界で起きている出来事の根っこをつかむことはできないのです。
本書は、人気予備校講師が「1問1答」スタイルでニュースの疑問に世界史の視点から答えます。
学生からビジネスマン、教養人まで。すべての日本人、必読の1冊です。

Q アメリカという国は、グローバリストか? 一国主義か?
Q なぜアメリカメディアは民主党寄りなのか?
Q なぜ、貧しい移民のための「民主党」がウォール街と協力するのか?
Q 米中戦争は本当に起こるのか?
Q ヨーロッパ経済でドイツ独り勝ち、本当の理由とは?
Q イギリスの「EU離脱」はなぜ起きたか?
Q なぜドイツだけ「極右政党」が台頭しないのか?
Q 「反グローバリズム」の勢いが衰えているのはなぜ?
Q 世界中で「爆買い」が突然止まった理由とは?
Q 「一帯一路」は何をめざしているか?
Q 習近平は、なぜ日本に強気に出るのか?
Q なぜ世界地図で台湾は「国家」扱いされていないのか?
Q 中国の領海侵犯がメディアで報道されない理由とは?
Q 北朝鮮は、なぜ中国の言いなりにならないのか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 閉じこもる斜陽の超大国、アメリカ
(なぜ共和党は「小さな政府」を選ぶのか?/なぜ東海岸にはユダヤ系移民が多いのか?/なぜ西海岸にはアジア系の移民が多いのか? ほか)
第2章 イギリスのEU離脱と、ヨーロッパの暗い未来
(そもそも、EUとは何か?/フランスがドイツを恐れるのはなぜ?/なぜEUの本部はブリュッセルなのか? ほか)
第3章 朝鮮半島クライシスと中国、そして日本
(なぜ共産主義の中国が経済成長できたのか?/中国人の「爆買い」はなぜ起きたか?/なぜ中国にはゴーストタウンが増えているのか? ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
茂木 誠(モギマコト)
東京都出身。駿台予備学校世界史科講師。ネット配信のN予備校世界史講師。首都圏各校で「東大世界史」等の国公立系の講座を主に担当。iPadを駆使した独自の視覚的授業が支持を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2017年9月発行/2017.11.16読了】

【備忘録】
1章 閉じこもる斜陽の超大国、アメリカ
←こうは書いてはありませんでしたが、「(公共投資拡大は)共和党の保守本流の考え方とは異なるので、どこまで続けられるかは注目すべき点」とは書いてありました。


2章 イギリスの離脱とヨーロッパの暗い未来
←これ本書とは関係ありません。

3章 朝鮮半島クライシスと中国、そして日本
←これも本書とは直接関係ありません

図解 世界史で学べ! 地政学 - ←この本もご参考に

【参考書評等】
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: