2018年01月20日

常磐線車内で出産の件を前振りに、「時刻表探検 数字に秘められた謎を解く」+他の1/19の気になったニュース数件

出産した女性がTwitterで謝罪と感謝の言葉をツイートしてたようですが、現在は非公開になっていることも含め)さらに詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 鉄道ブログへblogramによるブログ分析
総括するとまさにそれ。
という流れでこの本。
時刻表探検 数字に秘められた謎を解く (旅鉄BOOKS 001) -
📖時刻表探検 数字に秘められた謎を解く(旅鉄BOOKS 001)

管理人自身も小学生の頃から時刻表を愛読。

今も、毎年3月のダイヤ改正時にJTBもしくはJR時刻表MyLINE東京時刻表、小田急時刻表の3冊を毎年購入。
JR時刻表 2017年 03 月号 [雑誌] - 東京時刻表 2017年 04 月号 [雑誌] - 2017小田急時刻表 (トラベルムック) - ←読了時点で家にあったのはこの3冊
とは言っても、実際にどこかに出かける時に電車の時刻を調べるのはネットが主。
特に、都心部は電車が頻繁に運行されていることもあり、電車に乗っている最中に次の行程を探すほうが効率的だと思います。
「それなら時刻表買わなくてもいいじゃん」と鉄人でなければそういう判断をすると自分でも思いますが、特集ページもあるし、車両編成表もあるしで本来の時刻を調べるという用途以外で色々と楽しめるところがありますので。

📖「旅と鉄道」編集部時刻表探検 数字に秘められた謎を解く(発行:天夢人/発売:山と渓谷社)
【内容紹介】
 「時刻表」は、ただの駅名と時刻の羅列ではなく、論理とロマンの集積です。背景にある秘密を知れば、人間の営為の深さを知ることになります。
 ただ駅名と数字が並んでいるだけのデータに見える「時刻表」、そこには不思議な魅力がある。駅名からはその土地の風景が浮かび、時刻を追ってページを繰れば路線の特徴が見えてくる。さらに昔の時刻表を開けば、往時の名列車が走り去っていく…。そこに掲載されているものは、、ロマンだともいえます。
 また、古い「時刻表」は、当時の日本を知る貴重な史料になる。昨今、ページを繰ることが少なくなった「時刻表」ですが、その魅力と秘密を、時刻表に精通した著者が、過去のデータを掘り起こし、解き明かします。
 本書は好評を博した『旅と鉄道』(天夢人発行)2013年4月号特集「時刻表探検」を再編集し、新規原稿を加えて単行本化したものです。

【目次】
Prologue 時刻表の行間に何を見るか
第1章 時刻表づくりの裏側 時刻表と生きる/時刻表テスト[初級編]
第2章 時刻表を学ぶ 時刻表は万能事典/「史料」としての時刻表/日本では見つからない幻の時刻表
第3章 鉄道躍進の瞬間を刻む 記憶に残るダイヤ改正
第4章 時刻表を彩った優等列車たち 列車速度の変遷をたどる/時刻表を駆け抜けた名列車/ 編成の事実は?
第5章 時刻表の進化をたどる 表紙から見る鉄道史/時刻表記号学/時刻表の進化を占う/国鉄線でない国鉄線・芦屋線
第6章 時刻表とミステリーの関係 時刻表トリックの秘密/松本清張の『点と線』「4分間の空白」に迫る/時刻表から消えた由緒ある線・宇品線
第7章 壮大なる鉄道旅の記録 東京発、巴里行き/栄光の特別急行「あじあ」の時刻表/時刻表テスト[実践編]

【2017年7月発行/2017.1127読了】

【備忘録】
第1章 時刻表づくりの裏側
時刻表と生きる
→元時刻表編集長が、時刻表編集の裏側を明かします。
・元資料は今でも紙のことが多い
・紙の時刻表は「一覧性」と「保存性」がネットより優位

第2章 時刻表を学ぶ 時刻表は万能事典
→旅行系専門学校の講師が、使いこなし術を紹介します。
・最近はICカード乗車券の普及で、運賃や料金についての関心が薄く、いくら払っているかを知らない人も少なくない
>さらに、オートチャージ(残高1,000円未満で改札を入ると自動的に3,000円チャージしてくれる機能)なんか利用したら把握不可能。(アプリで使用履歴は確認できるものの)クレジット明細にはチャージ金額しか載らないし。
「史料」としての時刻表
→鉄道史研究の第一人者が、鉄道開通から太平洋戦争中までの時刻表発展史を解説します。

第3章 鉄道躍進の瞬間を刻む
記憶に残るダイヤ改正
→戦後の鉄道史に残る昭和の六大ダイヤ改正を紹介します。
1961年10月1日ダイヤ改正(全国特急網完成)
・1964年10月1日ダイヤ改正(東海道新幹線の開通と電車特急網西進)
1968年10月1日ダイヤ改正(国鉄史に残るエポックメーキングな大改正)
1982年11月15日ダイヤ改正(東北・上越新幹線の開通と国鉄の変革)
(だだし、大宮〜盛岡間は同年6月23日に暫定開業)
1986年11月1日ダイヤ改正(利便性を高めた国鉄最後のダイヤ改正)
1988年3月13日ダイヤ改正(日本を”一本列島”化したJR初の大改正)

第4章 時刻表を彩った優等列車たち
列車速度の変遷をたどる
→東海道・山陽本線、東北・函館本線の二大ルートのスピードアップの変遷を紹介します。
時刻表を駆け抜けた名列車
→超特急から名脇役の急行まで、時刻表を彩った数々の列車を紹介します。
富士】〜(寝台特急の「富士」葬式鉄として廃止前日に)見ただけ
090312_冨士(東京駅).jpgD1000723.jpgD1000725.jpg
つばめ】〜JR九州になってから在来線特急と九州新幹線で乗車
RIMG0277.jpgDSCN2567.jpgDSCN2566.jpg
かすが
【こだま】〜東海道・山陽新幹線で乗車
→人生初は0系で小田原〜京都(中学の就学旅行)
RIMG0044.jpg←同系のものを鉄道博物館で撮影

レールスター車両は今では新大阪-博多間のこだま運用

スーパーサウスポーあさちゃん。さん(@ssasachan)がシェアした投稿 -

能登
白鳥
ひばり
陸中
雷鳥・サンダーバード】〜サンダーバードに乗車(敦賀→大阪)
D1008155.jpgD1008156.jpg
あかつき
【北近畿】(現こうのとり
北斗星カシオペア】〜見ただけ
DSCN0229.jpg
一時期、夏の臨時列車で小樽まで延長運転されていたのを小樽駅で撮影)
トワイライトエクスプレス】〜大阪駅で見ただけ
トワイライトエクスプレススイート側.jpgトワイライトエクスプレス機関車側.jpg

第5章 時刻表の進化をたどる
表紙から見る鉄道史
→印刷技術や出版業界の変化とともに変わっていった時刻表の表紙を検証します。
時刻表記号学
→時刻表を少しでも見やすくするため、時刻表編集者が「記号」に込めた工夫を見ていきます
時刻表の進化を占う
→列車検索アプリ全盛のいま、これからの時刻表はどうなっていくかを検証します。
JR 貨物時刻表 2017 -

第6章 時刻表とミステリーの関係
時刻表トリックの秘密
→ミステリーの定番、時刻表トリック。名作を例に、設定の仕方を解き明かしていきます。
寝台特急(ブルートレイン)殺人事件―ミリオンセラー・シリーズ (光文社文庫) - 黒いトランク (創元推理文庫) -
松本清張の『点と線』“4分間の空白”に迫る
→時刻表ミステリーというジャンルを確立した名著を、テツ目線で解説していきます。
点と線 (新潮文庫) -
ガラスの城 (講談社文庫) - 旅は自由席 -

第7章 壮大なる鉄道旅の記録 東京発、巴里行き
→戦前の時刻表に載っていた、東京からパリ、ロンドン、ローマを結ぶ国際列車の時刻を検証します。
満鉄特急「あじあ」の誕生―開発前夜から終焉までの全貌 -
シベリア鉄道9400キロ (角川文庫 (6230)) -

【参考書評等】
雑誌『旅と鉄道』版元(天夢人)から「旅鉄BOOKS」シリーズが刊行されます 第一弾は『時刻表探検 数字に秘められた謎を解く』/鉄道チャンネル
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
この本に関しては以上ですが、さらに昨日(1/19)気になったニュースを数件。
白鵬が休場したのは一昨日(1/18・5日目)からで、その時点では稀勢の里は最後まで出るつもりだったものの…
この取組はたまたま出先でTVで見てたのですが、一緒にいた人と「稀勢の里、最後まで出るのは無理だね。明日から休場するじゃね?しっかり治した方がいいよ。」と言ってたら、
ホンマにその通りになってしまった件。
さらに詳しいことや他の方の見解はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 相撲ブログへblogramによるブログ分析

僕はサッカーが好きで、 プロの選手として成長したくて、 純粋にその想いに駆られ 今回、この道を選ぶことにしました。 居心地の良いところにいるよりも 新しいところに行く怖さ。 正直、不安はあるし、緊張するし。 それでも ここまで叩かれて、戻る場所を無くすことになってまでも、 挑戦すると決めました。 みんなで一丸となって勝利した試合があった。 悔しい思いをした試合もあった。 あらゆることを「マリノス」で得て、学んだ。 だからこそ、自分自身こうして移籍するなんて1つも想ってなかったです。 でも、自分の成長のためにマリノスを離れる決断をしました。 マリノスでも成長出来るだろ? そう思う方がいるのもわかります。 でも僕の中では、サッカー選手としてこれまで積み上げてきたものやチーム内での立場、ここで一度リセットして、いちから始めることがさらなる成長に繋がると、悩み抜いた上に判断しました。 そして、これだけは言えます。10番もキャプテンも中途半端な気持ちで背負っていません。日々その重みを感じながら、怪我する前はピッチで、怪我してからもピッチ外で、マリノスがどうすれば良いチームになるか自分なりに考え行動してきました。 僕はマリノスが大好きです。 だって、 自分の全てが、詰まった、 8歳から過ごしてきたクラブですよ。 「屑、死ね、裏切り者、怪我治るな」など 何を言われてもしょうがない。 そう思っていましたが、ひとつだけ言わせてもらいたい。 今までマリノスの選手として 闘ってきたこと これだけは否定されたくない。 たくさんの人を失望させ傷つけてしまって、すみません。 叱咤激励の投稿、コメント、ほぼ読ませていただきました。 こんな中でも応援してくれている人がいること、どんなに嬉しかったか。 ありがとうございました。 最後に、 横浜F・マリノスに関わる全ての皆さん、 今まで本当にありがとうございました。 長い間、お世話になりました。 そして、 川崎フロンターレの皆さん、お世話になります。 誠心誠意 全力を尽くしてプレーします! よろしくお願いします。

齋藤 学さん(@manabu011)がシェアした投稿 -

マリノスからフロンターレに移籍した齋藤 学選手が昨日InstagramおよびFacebook投稿した件。(ともに同一内容)
マリノスサポの立場からすれば色々言いたいことがあるのはよくわかりますが、
第三者サポなんでこれ以上はよう言わん。
それより、ここまで小室哲哉氏を追い詰めて誰得?
もっとも、小室哲哉さんは「不倫はしてない。普通の男性としての能力はない。」って言ってるんですが…
「言論の自由」とは「他人の人生を潰す自由」ではないはずだし…

やくざと芸能界 (講談社+α文庫) -
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: