2017年12月05日

12/4の行動録【飯坂温泉→日本三景・松島→無人のユアスタ→エスパル仙台東館スタバでてれまさむね見て新幹線等で帰宅】

本題に入る前に、日曜日(12月3日)に目の前で観ていたとうスタ以外の同日のJ3第34節【最終節】やJ1昇格プレーオフの結果はきちんと把握してますが、今日(12/5)「2017Jリーグアウォーズ」があるので、それも含めた総括の形で明日のエントリーに回します。なので、それらの関連情報はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析
昨日の行動録。(Twitterでも逐一流しているので)1つ前の(Tweetまとめ)エントリー上掲のGoogleフォトをご覧ください。

画像を動画化するとこんな感じです。

なお、今回の一泊二日の旅行で初めて福島県(飯坂温泉)に泊まったので生涯経県値更新。
生涯経県値(2017-12-04更新).PNG
(福島県が「接地:2点」から「宿泊:4点」に)
以上

と時間の余裕がなければそこまでにしたところでしたが、昨日のTweetまとめ(Twilog)をベースに改めて(Tweetを補足する形も込みで)昨日の行動録を。

昨日は朝、寒さで目が醒め部屋に暖房を入れてふとんの中から6時28分にブログ更新
朝風呂(前の日の晩と同じ小さい浴室の方)を浴びてから朝食。朝食後は荷物を片づけてから、部屋にはトイレはあっても洗面台がなかったので大きい方の浴室でもうひと風呂浴びつつ、歯磨き&ひげそりを経て、9時に宿をチェックアウト
共同浴場(鯖湖湯)と神社を通って飯坂温泉駅へ
DSC_7791-COLLAGE.jpg
23分で福島駅到着。東口の福島交通飯坂線から地下通路を通り、西口から9時50分発のやまびこ127号仙台行きに乗車
終点仙台到着後4分で仙石東北ライン快速石巻行に乗り換え
高城町で降りて、仙石線あおば通行に乗り換え
DSC_7819-COLLAGE.jpg
1つ目の松島海岸駅下車。
自分で焼いて食べる笹かま
DSC_7834.jpg
そして、12時発の遊覧船(第三仁王丸)乗車。
左側の窓際席に座ったのですが、前半の説明箇所は右の方が主体。一旦湾の外を出て船着き場に戻るときは逆になるので、見逃すことはないかと思いますが、説明はないので、初めての方であれば右側の窓際席がおすすめ。
#日本三景 って、 #松島 #天橋立 とあと一つは?鐘島仁王島 #日本三景 #松島 #遊覧観光船この辺りが一番波が荒い。 #水島#テトラポット があるのは残念だな😢😢😢 #日本三景 #松島僕らは叫ぶ♪ 金いる福浦橋♪
遊覧船から撮った写真のうち、InstagramにUPしたのをここでも再掲しますが、さらにコラージュ加工したものも載せておきます。
DSC_7835-COLLAGE.jpgDSC_7857-COLLAGE.jpg
DSC05384-COLLAGE.jpgDSC_7880-COLLAGE.jpg
再び松島海岸駅へ戻るとあおば通行の電車の時間まで20分以上合間があったのでILE CAFEへ
というか最近使えなくなった?
乗車後、陸前浜田東塩釜本塩釜と時折海が見える区間までの意識はあったのですが、気づいたら終点あおば通
仙台市営地下鉄南北線で向かったのは北行終点泉中央
無人のユアスタを一周。
近くのコジマ×ビックカメラをのぞいて、再び泉中央駅から仙台駅へ。東西線のホームで電車を見てからヨドバシカメラを経て、予約した新幹線の時刻近くまでエスパス仙台東館のスタバで休息
20171204_181124385-COLLAGE.jpg
昨日InstagramにUPしたのはワンセグ横画面で画像が荒くて村田奈央さんの美しさが伝わりにくいので、ここではコラージュ加工した9画面で。
彼女の出番が終わったところで、新幹線のホームへ移動し18時57分発の東京行に乗車。
湘南新宿ライン南行の電車を待っている間に立ち食いそば。
乗ること約30分。大宮で乗ったときは4人がけのボックスシートを一人占めし、浦和から2人がけと比較的ガラガラだったのに、池袋で席が埋まるどころか立つ人もいっぱいに
新宿からは小田急ロマンスカー。
あーだこーだ言っても3分間立ってればいいだけのことですけどね。
ということで、22時40分頃帰宅。さっそく、写真だけでもPCに取り込もうと思ったものの、眠気には勝てず(^_^;)
日本三景への誘い―松島・天橋立・厳島 -
厳島(宮島)へは2008年8月12日に行っているので)残るは天橋立
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: