2017年12月29日

湘南ベルマーレ選手異動状況のまとめを前振りに、2017年Jリーグ展望の答え合わせ

本題に入る前に、昨日は本屋を5件ほど回ったんですが、
15歳 サッカーで生きると誓った日 - 有隣堂厚木店はじめ5件ともこの本置いてませんでした。
関係者からもおわびされて、こっちこそ恐縮(^_^;)
その梅崎 司浦和レッズから湘南ベルマーレへの完全移籍の件27日のエントリーで取り上げましたが、その後の異動も含め現時点での公式発表分は次のとおり。
<新加入>
・新井 光(長野高校・2017年特別指定)
・松田天馬(鹿屋体育大学・2017年特別指定)
・坂 圭祐(順天堂大学)
・山口和樹(国士舘大学)
・真田幸太(湘南ベルマーレユース・2種登録済)
・和田響稀(湘南ベルマーレユース)→福島へ期限付移籍
・鈴木国友(横浜桐蔭大学)←ここまでの新卒7名は早い時期のリリース
・大野和成(アルビレックス新潟から完全移籍加入
・富居大樹(モンテディオ山形から完全移籍加入
・梅崎 司(浦和レッズから完全移籍加入
・小林祐介(柏レイソルから期限付移籍加入
・ミハエル ミキッチ(サンフレッチェ広島から完全移籍加入

<期限付移籍加入→完全移籍加入>
高橋 諒名古屋グランパス

<期限付移籍加入期間延長>
秋野央樹柏レイソル
岡本拓也浦和レッズ

<退団>
・坪井慶介(契約満了レノファ山口
・武田英二郎(契約満了横浜FC
・藤田祥史(契約満了→行先未定)
・山田直輝(期限付移籍期間満了浦和レッズに復帰
・安東 輝(松本山雅へ完全移籍

<期限付移籍>
神谷優太(→愛媛FC
奈良輪雄太(→東京ヴェルディ

<期限付移籍中選手(OUT)>
伊藤 剛福島ユナイテッドへ完全移籍)
田村翔太福島ユナイテッドへ完全移籍)
梶川裕嗣徳島ヴォルティスに完全移籍)
広瀬健太選手栃木SCに期限付移籍中アルビレックス新潟に完全移籍)
レッズとは山田⇔梅崎、アルビレックスとは広瀬⇔大野の実質トレードみたいな形になってしまったことはさておき、未定分の公式発表は年明けと思えばいいでしょうか?
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogramによるブログ分析
#湘南ベルマーレ #J2優勝 #記念グッズ #マグカップ #モバイルバッテリー 記念グッズじゃないけど、 #チケットケース も合わせて購入したのが、今さっき届いた! #Bellmare←Jリーグショップで注文したのが日本郵便で先に届いた。楽天市場分も佐川で本日配達予定
それはさておき、この番組も見たところで、2017年のJ1開幕日(2/25)付のエントリー:「Jリーグ本日開幕につき、2017年Jリーグの展望みたいなもの」の答え合わせ。

プロ野球なら選択肢がセ・パ各6つしかないので個々の順位予想もさほど難しくはないものの、Jリーグだと各カテゴリーのクラブ数が多いので(J1:18、J2:22、J3:17)、順位予想は湘南ベルマーレが2017年に所属していたJ2だけにしました。

まずは、その答え合わせから。

1.J2順位予想/結果
01位:湘南ベルマーレ/湘南(当たり)
表彰式掴み取ったシャーレ.jpg
>半分希望も込みでしたが一番当たって欲しいところが当たって良かったです。

以下、次のとおり。

02位:京都サンガ/長崎(誤差10)
03位:モンテディオ山形/名古屋(誤差1)
04位:名古屋グランパス/福岡(誤差2)
05位:松本山雅/東京ヴェルディ(誤差5)
06位:アビスパ福岡/千葉(誤差2)
07位:徳島ヴォルティス/徳島(当たり)
08位:ジェフ千葉/松本(誤差2)
09位:横浜FC/大分(誤差2)
10位:東京ヴェルディ/横浜FC(誤差1)
11位:大分トリニータ/山形(誤差8)
12位:V・ファーレン長崎/京都(誤差10)
13位:ファジアーノ岡山/岡山(当たり)
14位:レノファ山口/水戸(誤差1)
15位:水戸ホーリーホック/愛媛(誤差5)
16位:カマタマーレ讃岐/町田(誤差5)
17位:ロアッソ熊本/金沢(誤差2)
18位:FC岐阜/岐阜(当たり)
19位:ツエーゲン金沢/讃岐(誤差3)
20位:愛媛FC/山口(誤差6)
21位:町田ゼルビア/熊本(誤差4)
22位:ザスパクサツ群馬/群馬(当たり)
>湘南の優勝も含め、徳島、岡山、岐阜、群馬の5つが当たり。
>予想順位と実際の順位との誤差をトータルすると69。
>想定より良かったのは長崎。これは高木監督もさることながら、経営危機を契機にジャパネットたかたがバックについてサッカー(ピッチ)に集中できる環境が構築されたのが大きかったと思います。
>逆に、想定より良くなかったのが京都と山形。どちらも一時的には強さを見せましたが、それを安定して継続できなかったからでしょうか?

2.湘南ベルマーレは1年でJ1に復帰できるか?
シーズン開始前のコメント:
2014年みたいに圧倒的首位独走とまではいかないとは思いますが、開幕ダッシュが大事。過去3回の昇格したシーズンも2009年5戦負けなし、2012年9戦負けなし、2014年14連勝でしたし。
水戸ちゃんとぐんまちゃんに足下すくわれませんように…
>過去のJ1昇格を決めたシーズンより(水戸、群馬に亜足下をすくわれなかったくらいで)開幕ダッシュの勢いがあったとは思わないですが、一番大きかったのは連敗が一度もなかったこと。
>試合の中でも相手を圧倒している感はあまりなかったですが、1−0で逃げ切れる粘りが出てきたのは良かったと思います。
>ともあれ、結果があってればいいです。

3.J1優勝、上位予想
当初の予想:
【優勝争い】
本命:鹿島
対抗:浦和
以下、ガンバ、セレッソ、神戸の関西勢。広島、柏も期待値が低いときほど結果出す?
>川崎フロンターレを忘れてないか?!
>実際のところ、風間さん抜けたら残留争いには巻き込まれないものの中位に留まると思ってました
>浦和は結果的にはACL優勝で満足してしまったわけではないでしょうが、リーグ戦との両建ては難しいことを実感させましたね
>ガンバ、広島は今までのスタイルが通用しなくなってきたから?
>そのあたりの詳細分析はこちらに譲ります。
   ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへblogramによるブログ分析

4.J1残留争い予想
シーズン開始前のコメント:
昨年残留争いにギリギリで踏みとどまった新潟、甲府。そして、エレベータークラブの札幌。
この3クラブを軸に、大前の抜けた清水、仙台。前年の躍進の反動で大宮、鳥栖。そして、サプライズ枠でオリジナル10でJ2未経験2クラブのうち鹿島は当面あり得ないけど、横浜F・マリノス?
>結局、(この中で言及した)甲府、新潟、大宮が降格したので、概ね当たり
>横浜F・マリノスは俊輔の抜けた穴が大きいと思ったですが、ここにリストアップして選手が危機感を感じて、奮起したか?!

5.J3からJ2へ昇格するクラブは?
北九州、栃木、長野の3強。
>栃木は当てましたが、J2ライセンスのない秋田と沼津が最後まで優勝争いするとまでは想定してませんでした。
J LEAGUE SOCCER KING (Jリーグサッカーキング) 2018年 2-3 月 合併号【Jリーグ優勝クラブ特集】2017シーズンCHAMPIONS [雑誌] - エル・ゴラッソ総集編2017湘南ベルマーレ365 - ←どちらも購入済
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: