2018年01月08日

Fリーグ2017-2018・第32節:湘南ベルマーレ5−2アグレミーナ浜松(駒沢屋内)はじめ、1/7〜8のFリーグの件

Fリーグ2017-2018・第32&第33(最終)節は、1月6日(土)〜8日(月)までのセントラル開催(駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場)で、12クラブとも3日間で各2試合ずつ行いますが、1日に5試合行うのが限度なので、6日に2試合。7日と8日は各5試合ずつ実施。
第32節:湘南ベルマーレ対アグレミーナ浜松は1月7日午前10時キックオフだったので、AbemaTVで視聴。
1−1で前半終了。後半に入ると、
横澤選手はアナリストプレーヤー(前監督)
この後、小門選手が2枚目のイエローカードで退場し、湘南ベルマーレは2分間1人少ない状態に。その間に無失点でしのぎきったのが大きかったですね。
F32_湘南5−2浜松.PNG
得点差ほど圧倒している印象はありませんでしたね。前半はむしろアグレミーナ浜松の方が圧してました。
【関連記事】
2位・湘南が横澤の今季2発目など計5発で7連勝! 浜松は小門退場の数的有利を生かせず《湘南vs浜松》
(浜松)豊島監督「もう少しパフォーマンスを上げることができれば、より自分がやりたい理想のフットサルに近づける」
(浜松)松浦(2010〜12Jリーグの方の湘南所属)「決定力の差が顕著に表れた試合」
(湘南乃熊)奥村監督「このままプレーオフに行っても1回戦で負ける雰囲気だった」
(湘南)刈込「勝ち点3をなんとか奪えた」
さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへblogramによるブログ分析
最終節もAbemaTVで見られますが
駒沢オリンピック公園内にはWi-Fiスポットもあるようですし、1週間後のプレーオフの下見も兼ねて現地に行くことにしました。
全試合通して観ることは出来ますが、名古屋オーシャンズvs.湘南ベルマーレとその前後のどちらか一試合だけにするつもり。
なお、昨日(7日)開催の5試合の結果と現時点での順位。
順位表
1位:名古屋オーシャンズ(勝ち点79、得失点差+92・以下同じ)
2位:湘南ベルマーレ(70、+57)
3位:ペスカドーラ町田(68、+40)
4位:フウガドールすみだ(65、+39)
5位:シュライカー大阪(57、+39)
ーー<ここまでがプレーオフ進出>ーー
6位:府中アスレティックFC(57、+15)
7位:バルドラール浦安(41、-15・全日程終了)
8位:アグレミーナ浜松(26、-40)
9位:ヴォスクオーレ仙台(26、-60)
10位:エスポラーダ北海道(24、-58・全日程終了)
11位:バサジィ大分(19、-51)
12位:デウソン神戸(18、-58)
フットサル戦術 トレーニングデザイン ~Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド~: 限られた戦力・時間・場所で最大限のパフォーマンスを引き出す -
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: