2018年05月29日

神奈川県・茅ヶ崎市で90歳女性運転の車が死傷事故の件を前振りに、飯野たから「撮ってはいけない」


本題に入る前に、この事故現場の国道1号(茅ヶ崎市)一里塚交差点は、直近ではおとといの夜にテラスモール湘南から帰るときに通ったほか、イオンスタイル湘南茅ケ崎茅ヶ崎中央公園ヤマダ電機テックランド茅ヶ崎店旧ダイクマ本店?)も近く(しょっちゅう行っているわけでもないけど)、それなりにおなじみの所。
20170819_茅ヶ崎市のマンホールの蓋.jpg←当該事故現場近くのマンホールの蓋
赤信号ってわかって運転したなら、老化による認知能力の低下以前にあまりにも確信犯過ぎる(# ゚Д゚)
そして、事故車の赤い車ってもしやと思っていたら…
管理人が1990年にホンダ・アコード・セダン2.0EXL-i(4WS)を購入する際に、比較検討対象として試乗して見積もりまで取った「初代日産プリメーラ(P10)
自分はアコードセダンのあと、スズキ・カルタス・クレセントワゴン('96/7〜)
VW POLO(9N)('03/2〜)VW POLO BlueGT(6R)('14.1〜現在に至る)と3台乗り継いでいるのに、事故を起こした90歳のおばあちゃんは新車から20年以上乗り続けていたんでしょうか?
それはさておき、自分がもし現場に居合わせていたら(運転中でもなければ)この方みたいに写真撮ってたかもしれません。
【当該ニュースの元記事はリンク切れ】
現に撮ってるし(^_^;)

ともあれ、そういうのはどこまで許されるのか?

この本を読んで勉強しましょう。
撮ってはいけない - 📖撮ってはいけない

この本を一読して、自分的にまずいところは飲食店でのメニュー撮影でいちいち店に断っていないところくらいで、あとは特段問題ありませんでした。

もちろん、撮影禁止と明示してある店では外観(メニュー看板を含む)だけにしてるし…

それと写り込み自体は違法ではないようですが、マナーとして(本人が了承していない限り)トリミングするか個人が特定できないようにしてますし…

📖飯野たから「撮ってはいけない」(自由国民社
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
その写真、大丈夫ですか?スマホ・SNS時代だから起こる本当に怖いトラブルを事例で紹介!「一瞬のシャッターチャンス」を「一生の後悔」にしないためにー。だれもが知っておきたい著作権のコワイ話満載!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 撮ってはいけない
(子どもを無断撮影/自撮り写真の写り込み ほか)
第2章 使ってはいけない
(コピペ論文/ブログで本を紹介 ほか)
第3章 歌ってはいけない
(店でCDを流す/路上ライブ ほか)
第4章 真似てはいけない
(替え歌・ものまね/参考書と塾の教材 ほか)
『撮ってはいけない』かんたん用語辞典

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
飯野たから(イイノタカラ)
山梨県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。銀行、出版社でのサラリーマン生活を経て、1982年からフリーライター。1990年『巨大銀行の罠・銀行検査官(ペンネームTAKARA。日本文芸社)』で劇画原作デビュー

紺野礼央(コンノレオ)
弁護士・弁理士。兵庫県生まれ。2016年に小野・紺野法律事務所を開設。インターネット上のトラブルや知的財産権に関する問題を多く扱っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2017年11月発行/2018.3.7読了】

【備忘録】
第1章 撮ってはいけない
・自撮りした画像の背景に写りこんだ人物や著作物は、その画像をネット上にUPする場合でも削除する必要はありません。
(クレームを避けるには、モザイクをかけたりトリミングする方法もある)
・友人同士の楽しい画像でも、ネット上にアップしたければ、改めて相手の許可をもらったほうがトラブルは避けられる
(もらった画像の無断UPは著作権の侵害)
・ペットに肖像権はないが、無許可で撮ってもかまわないということではありません。飼い主の許可をもらってから撮るのが撮影者のマナーです。
シャビちゃん.jpg
(ちなみに、この🐩ワンコを撮ってSNSにUPすると見つかり次第飼い主からもれなく「いいね」が付きます(^_^;)

・芸能人を隠し撮りし、その画像をネット上に無断でアップすると、肖像権侵害の他、パブリシティ権の問題も生じます

・盗撮を疑われたときは、相手に撮った画像を見せるのが誤解を解く早道です

・料理には著作権がないので撮影には店の許可は不要だが、一言店に断ることと周りの客に迷惑をかけないことが最低限のマナーです

・一般開放されている路上や公園のオブジェ、また商店や会社の壁看板や屋外広告などは、原則自由に撮ってもかまいません

・ネット上の写真は、自分が見て楽しむだけなら、その画像をコピーし、スマホやパソコンに保存するのは自由です。通常、許可はいりません。

・夫の浮気現場の隠し撮りは、違法な手段を使わない限り、妻の権利です。しかし、その画像をむやみにSNSにアップしてはいけません

・万引きを見つけ、犯人の顔写真を撮ったのなら、店の人と一緒に警察に届け出て、画像を提出してください。無断公表は(冤罪の可能性もあり)おすすめできません。

第2章 使ってはいけない
・自分の創作部分とコピペの部分をハッキリわけろ

・他人の写真を使う場合は必ず(出典)を明記すること

・私的利用には会社での会議資料等に使うことは含まれていない(著作権者の許可が必要)

第3章 歌ってはいけない
・店のBGMで流すことは私的利用はならない。使用料が必要

第4章 真似てはいけない

・誰が見てもニセモノとわかっていても、デザインなどを真似て、その外観が本物のブランドバッグにそっくりなら、意匠権の侵害になる
正しいコピペのすすめ――模倣、創造、著作権と私たち (岩波ジュニア新書) - コピペと言われないレポートの書き方教室 -

【参考書評等】
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:00| 神奈川 | Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: