2018年09月04日

9/3【日本時間】の⚾関連の件を前振りに、丹野清志「リンゴを食べる教科書」

まずは、エンジェルス大谷翔平選手の投手としての復帰登板の件。
自分も今シーズンは投手の方は封印すると思っていたんですが、エンジェルスもビジネスでやってるわけだし…
一方、こちらの方は清宮幸太郎⚾じゃなくて、清宮克幸🏈がいたかのようなスコア(^_^;)
清宮幸太郎 3年間の軌跡 2017年 11 月号 [雑誌]: 高校野球 増刊究極の勝利 ULTIMATE CRUSH
上掲の2つの案件に関するさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログをblogramで分析
先の夏の甲子園で準優勝した金足農業に関するこのTweetを引用して無理やりこの本につなげてみました(^_^;)
リンゴを食べる教科書 健康果実のひみつ
リンゴを食べる教科書 健康果実のひみつ

本の題名でGoogle先生に尋ねてみた結果、本書に関連するもの以外は出なかったので、キーワードを「リンゴ 健康」に切り替えてみた結果
🍎りんごと健康
🍏りんごは健康に良い食べ物 - りんごのチカラ研究所
🍎隠れたスーパーフルーツ!?りんごが持ってる15の健康効果 | TOPPING LABO
🍏医者を遠ざけるほどの効果?りんごの栄養と効能|オリーブオイルをひとまわし
🍎「リンゴはからだにいい」は本当の話 |糖尿病ネットワーク


これらの検索結果を見れば、この本を読まなくてもよくね?!と思った次第です(^_^;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
📖丹野清志「リンゴを食べる教科書」(ナツメ社
【内容情報】(出版社より)
2016年2月に英国の医学誌にて、「1日1個リンゴを食べると寿命が延びる」との研究結果が発表されました。欧米だけでなく日本でもリンゴの健康効果は広く知られています。本書は、栄養だけでなく、美味しいリンゴの秘密に迫りました。リンゴはどのようにして作られるのか? リンゴをどのように調理すればよいのか? 美味しいリンゴの秘密と魅力を、もっと知って頂きたいという願いで生まれました。「リンゴの栄養」にはじまり、美味しいリンゴが出荷されるまでの「リンゴ畑の1年」、地元の食材を生かした「リンゴ料理」まで、1冊の中で紹介しました。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1日1個のリンゴ生活で元気な身体をつくる。どうして美味しいのか。なぜ身体がきれいになるのか。ふるさと食材を使ったリンゴ料理から、農家の1年、歴史、リンゴを楽しむスポットまで、楽しく紹介!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 リンゴはからだをきれいにする
(1日1個のリンゴで健康を保つ)
第2章 リンゴができるまでーおいしいリンゴは自然と人間の合作
(1年最初の仕事は整枝・剪定/桜から少し遅れて花が咲く/授粉作業の主役はマメコバチ ほか)
第3章 リンゴを食べる
(牛肉とリンゴのしぐれ煮/サンマとリンゴのさつま揚げ/鶏肉のオーブン焼きリンゴとジャガイモ添え ほか)
第4章 リンゴのふるさと「津軽」を知る、遊ぶ、学ぶ
(青森リンゴの歴史/津軽あちらこちら/津軽を食べる ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
丹野清志(タンノキヨシ)
1944年福島市生まれ。東京写真短期大学卒。写真家・エッセイスト。1960年代から、日本各地の農漁村を巡りさまざまな仕事と暮らしにふれ、主に農産物を作る人々の生活を取材し雑誌などに発表してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです
【2017年3月発行/2018.5.28読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備忘録】
はじめに
・リンゴは日本人のこころの果実


第1章 リンゴはからだをきれいにする
・1日1個のリンゴで健康を保つ(1日1個のリンゴは医者を遠ざける - Wikipedia
【注目すべきりんごの栄養成分】
・食物繊維
ペクチンやセルロースといった食物繊維が含まれています。皮や種の近くに多いため、できるだけ皮ごと食べるか、皮を厚く剥きすぎないようにします。りんごには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれており、便通改善や腸内環境改善に役立ち、糖質の吸収を抑え、急激な血糖値の上昇を防ぎます。消化が良く病気の時にも胃腸に負担をかけない食品と言えます。

・クエン酸、リンゴ酸
酸味の成分です。疲労回復効果があります。また歯を白くする効果もあると言われています。 1日10個など食べ過ぎると、かえって酸による歯のダメージが生じる可能性がありますので注意が必要です。

・ビタミンB、C
100g当たりのビタミンCの量は、キウイや柿やイチゴに比べると10分の1以下なのですが、ある程度保存がきくのと、寒い地域でも育つために古くから貴重なビタミン源とされてきました。ビタミンCは免疫力や肌の再生力を高めます。

・ミネラル
カリウムが含まれ、塩分を尿中に出して血圧を下げる効果があります。

・抗酸化物質
ケルセチン、ポリフェノールなどが含まれます。活性酸素を除去し、免疫力を高め、疲れにくくなる効果が期待できます。 美肌・美白、動脈硬化予防の効果もあります。

第2章 リンゴができるまで〜 おいしいリンゴは自然と人間の合作
・実がつくだけではおいしくならない
→🍎りんごができるまで(りんごミュージアム)
ふじの収穫期は11月上旬
・リンゴの運搬は木箱
・リンゴいろいろ


第3章 リンゴを食べる
おいしいリンゴの見分け方
・リンゴの料理(レシピ)


第4章 リンゴのふるさと「津軽」を知る、遊ぶ、学ぶ
弘前市リンゴ公園
日本最古のリンゴの木
・津軽観光ガイド
>なお、この本には長野県のりんごの産地についてはまったく言及してません。


【参考書評等】
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: