2018年11月06日

鎌田 實/だまされない

だまされない📖だまされない

「おわりに」に書かれているように、健康のためには

1.よく笑い、よく運動し、よくタンパク質をとり、よく野菜をとり、よく野菜を食べ、減塩を心がけるのが一番。

2.ときどきおいしいものを食べた人の勝ち。

3.我慢せず、前向きに美しく生きる。

4.大切なのは自分の頭できちんと考えるということ。

5.情報を鵜呑みにすることなく、何が自分にとって役に立つかをしっかりと判断することが重要。

自分自身もこれらを心がけていこうと思います。


鎌田 實だまされない」(KADOKAWA
健康問題から社会問題まで、翻弄される人々の目覚めを促す言葉の劇薬!
健康ってなんだろう?
生きるってなんだろう?
死ぬってなんだろう?

誰もが抱くこんな疑問への解答はいたるところにあります。
でもそれは正しいのでしょうか。
信じていいのでしょうか。

社会は人をだまします。
人も自分をだまします。
実は自分の身体すらも自分をだましにかかってきます。

そんな環境に生きながらも、幸せに生きるためには
なにを知るべきか、どうすべきか、どう考えるべきか。

医師にして作家である鎌田實が、その答えに迫ります。


【もくじ】
第1章 間違いだらけの健康情報にだまされない
免疫力の秘密/「遺伝」にだまされるな/コレステロールにだまされるな/極端な健康情報に真実なし/「降圧剤は飲むな」という嘘/本当に「正しい」睡眠とは

第2章 時代の「思い込み」にだまされない
日本の伝統食より欧米型の食事のほうが健康にいい!? /人の不幸は蜜の味/スマートフォンに遊ばれてはダメ/日本は「幸せ」に向かっているのか

第3章 自分の「心」や「身体」にだまされない
好きなように生きていいのか/行動を変えれば、性格が変わる!?/男も女も生き方に影響を与える男性ホルモン/人生の影の支配者

第4章 社会にだまされない
役職定年だけなら会社はズルい/「やりがい搾取」にだまされるな/キレる中高年はモンスターか/アンガー・マネジメントで戦略的に怒る

第5章 がん治療法にだまされない
がん検診は万能ではない/がんには勝てないと思い込むな/間違いだらけのがん治療/最先端医療にだまされない/がん治療現場の新しい取り組み

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
鎌田 實(カマタミノル)
1948年東京生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県茅野市の諏訪中央病院医師として、患者の心のケアまで含めた地域一体型の医療に携わり、長野県を健康長寿県に導いた。1988年に同病院院長に、2005年から名誉院長に就任。また1991年からチェルノブイリ事故被災者の救援活動を開始し、2004年からはイラクへの医療支援も開始。4つの小児病院へ毎月400万円分の薬を送り続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2018年2月発行/2018.8.7読了】

【備忘録(+参考情報)】
第1章 間違いだらけの健康情報にだまされない
・免疫力の秘密〜大切なのは免疫をちょうどいいバランスで働かせること
・「遺伝」にだまされるな
ジエンド・オブ・イルネス 病気にならない生き方
・遺伝子を調べようが、調べなかろうが、つねに糖尿病やがんになるリスクがあると考え、毎日の生活を自分でコントロールしていく。その方がよっぽど健康的
・コレステロールにだまされるな
ちょい太でだいじょうぶ (集英社文庫)
・極端な健康情報に真実なし
・鎌田流ダイエット〜肉や魚などのタンパク質は、基本的に体が欲しがるだけ食べていい。極力、野菜も食べる。ただし、糖質、特に甘いものは注意。そして大切なのは運動(極端よりバランスが大事)
・快感ホルモンで一度成功を味わえ
・毎朝食物繊維をとれば腸によく、免疫細胞が活性化される可能性があり、血糖値が急激に上がることもなくなる
・血圧は(原則)生活習慣を変えることでコントロールする〜野菜、減塩、運動、減量
・血圧の日ごとの乱高下を見逃すな
・「睡眠時間よりも朝の目覚めのよさ」が大事
・眠る前に身体を温める


第2章 時代の「思い込み」にだまされない
・日本の伝統食より欧米型の食事のほうが健康にいい!?
→欧米型の食事のほうが、塩分が少ない。タンパク質が豊富
激励禁忌神話の終焉
・著者お気に入りの曲

・(著者の)働く理由〜より自由になるため。誰かの役に立っている自分の存在を実感するため。働くこと自体が面白い
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉「わがまま」のつながり方カマタノコトバ人間の値打ち (集英社新書)忖度バカ (小学館新書)


第3章 自分の「心」や「身体」にだまされない
・好きなように生きていいのか〜刹那的な生き方は人を幸せにする比率が低い
マシュマロ・テスト――成功する子・しない子 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
・行動を変えれば、性格が変わる!?
がんばらない (集英社文庫)


第4章 社会にだまされない
・どんなに辛いことがあっても、「働く場」があって、「愛する人」がいれば乗り越えられる
ひとりぽっちをつくらない―コミュニティソーシャルワーカーの仕事


第5章 がん治療法にだまされない
・がん検診は万能ではない
・がんには勝てないと思い込むな〜「気」で負けないこと、「がん」=死ではない、がんでも仕事を辞めるな、
・間違いだらけのがん治療


【参考書評等】
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:36| 神奈川 ☔| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: