2018年10月24日

巨人第3次原監督体制発足の件を前振りに、「大人の学び旅6 義経と源平合戦を旅する」

ということも含めさらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 巨人へblogramで人気ブログを分析
とは言っても…
ともあれ、監督時代よりは時間の余裕はあるでしょうから、今まで家族サービスも(シーズンオフを除き)十分に出来なかったでしょうし、家族旅行にも出かけたらいいかもしれません。
という流れでこの本。
義経と源平合戦を旅する (大人の学び旅)📖義経と源平合戦を旅する

例によってこの手の本ではお約束の本書で掲載された場所で自分が行ったところの開示から。

清水寺(中学の修学旅行ほか数回)
京都タワーから清水寺1.jpg京都タワーから清水寺2.jpg
(注:現地で撮ったデジタル画像はないので、京都タワーから撮った写真をUP)

瀬田の唐橋


中尊寺
990810_平泉1.JPG990810_平泉02.jpg
990810_中尊寺から下2.jpg

盛岡わんこそば(「駅前芭蕉館」ではなく、盛岡駅近くの店
DSC_3418.jpg

石橋山古戦場跡(だだし、そこの近くを通っただけ)

厳美渓
>自分が行ったときは水がほとんどなかったし、そもそもデジカメ持つ前だ(^_^;)

鶴岡八幡宮

みもすそ川公園壇ノ浦古戦場跡
【「壇ノ浦古戦場跡」は確認してません】

由比ヶ浜
20180113_122907843.jpg20180113_123812819.jpg
(江ノ電の由比ヶ浜駅からは海は見えないです)

江島神社
2017-10-18_江島神社.jpg

📖産業編集センター大人の学び旅6 義経と源平合戦を旅する
【内容紹介】
悲劇の武将であり戦の天才でもあった源義経の生涯をたどりながら、
今も各地に残る源平合戦ゆかりの史跡を紹介。
あわせて、平安末期の動乱から、武士の世の到来、
すなわち鎌倉幕府成立までの流れも学べる。
さらに、近隣の見どころやグルメスポット情報、地図も多数掲載。

「判官びいき」の言葉も生み出し、日本人のヒーローであり続けた義経。
その魅力を解き明かし、史実と伝説の両方を楽しむ歴史旅へと誘う一冊。

掲載地域
▶︎京都府(京都市)
▶奈良県(吉野町周辺)︎
▶︎香川県(高松市屋島周辺)
▶︎兵庫県(神戸市須磨区周辺)
▶︎山口県(下関市周辺)
▶︎神奈川県(鎌倉市周辺)
▶︎岩手県(平泉町、一関市周辺)

【目次】
旅する前に学んでおきたい!「義経と源平合戦」の基礎知識
第1章 幼き御曹司牛若 京都・洛北エリア
第2章 義経、武将になる 一ノ谷、屋島、壇ノ浦エリア
第3章 朝敵・義経失意の都落ち 奈良・吉野エリア
第4章 義経、衣川に散る 平泉エリア
第5章 伝説となった英雄・義経 鎌倉・藤沢エリア
【2018年3月発行/2018.8.14読了】

【備忘録】
旅する前に学んでおきたい!「義経と源平合戦」の基礎知識



第1章 幼き御曹司牛若 京都・洛北エリア
鞍馬寺

貴船神社

貴船の川床料理


第2章 義経、武将になる 一ノ谷、屋島、壇ノ浦エリア
鵯越

栗林公園

源平餅

しものせき海峡まつり


第3章 朝敵・義経失意の都落ち 奈良・吉野エリア
吉野平家の落人集落

・「くずきり」を最初に出した店『芳魂庵

多武峰名物「義経鍋


第4章 義経、衣川に散る 平泉エリア
郭公だんご(厳美渓)


第5章 伝説となった英雄・義経 鎌倉・藤沢エリア
鎌倉まつり「静の舞」



【参考書評等】
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ人気ブログをblogramで分析
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:49| 神奈川 | Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: