2018年11月28日

プロ野球MVP&新人王決定の件などを前振りに、「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」

まずは、昨日開催の「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」(プロ野球表彰式)の件。
第一部がファーム表彰式ですが、イースタンウエスタンも各球団からひとりずつ優秀選手は選ばれるもののMVPというのはない模様。
そして、第二部が一軍(パ・リーグ&セ・リーグ)表彰。既に発表されたベストナインに加えて、新人王とMVPが発表。
受賞された皆さんおめでとうございます。
さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ
これからも活躍できるように、食事にもさらに気を使ってください。
という流れでこの本。
世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
📖世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
この記事を見れば、本を読まずとも、肉は控えて、魚を食べたくなることは必至。(じゃがいもを除く)野菜や果物も生で、蕎麦も10割か二八で、パンやパスタも全粒粉で作られたものを食べようと思うはず。あと、おやつはナッツ類か砂糖の量が少ないダークチョコレートの方向で。
となると、エンゲル係数かなり上がりまっせ(^_^;)

【本当に健康に良い食品5つ】
○魚
○野菜と果物(フルーツジュースとじゃがいもは含まず)
○茶色い炭水化物(玄米、蕎麦粉の含有量が多い蕎麦、全粒粉を使った黒いパンやパスタ)
○オリーブオイル
○ナッツ類

【本当に体に悪い食品3つ】
×赤い肉(牛肉や豚肉など。白い肉の鶏肉は含まない。ハムやソーセージなどの加工肉は特に体に悪い)
×白い炭水化物(白米、うどん、パスタ、小麦粉)
×バターなどの飽和脂肪酸


📖津川友介「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」(東洋経済新報社)
【内容情報】(出版社より)
ハーバード大学を経てUCLA助教授として活動する医師が、あなたに教える不動のルール

健康になるための「体に良い食品」はこれだけ!
あらゆる食品をエビデンスベースで5グループに分類

●バターコーヒーは×
●グルテンフリーは×
●100%果汁でもジュースは×
●βカロテンは×
●白米は×

今あなたが信じている健康情報は本当に正しい情報でしょうか。
お医者さんや栄養士さんが言っていたから正しいと思っていないでしょうか。
専門の資格を持っていると正しいことを発信しているように見えますが、そうとは限りません。

せっかく健康意識の高い人が、テレビや本の誤った情報を信じてしまうことで、
その努力が無駄になったり、不健康になってしまうのはとても残念なことです。
実は、巷に溢れる「体に良い食事」には、個人の経験談だったり、
健康に良いという研究結果がごく少数のものも含まれています。

本書では、最新の膨大な研究論文をもとに複数の質の高い研究で
体に良いことが科学的に証明されている食事を紹介しています。
まずは2週間ほど本書で説明している食事法を続けてみてください。
自分の体が変わってきたことを実感できるようになるはずです。

【目次】
はじめに
謝辞
本書の読み方
主な食品一覧
主なリスク一覧

第1章 日本人が勘違いしがちな健康常識
 1 科学的根拠にもとづく本当に体に良い食事
 2 食品に含まれる「成分」に惑わされるな

第2章 体に良いという科学的根拠がある食べ物
 1 オリーブオイルやナッツは脳卒中やがんのリスクを下げる
 2 果物は糖尿病を予防するが、フルーツジュースは糖尿病のリスクを上げる
 3 魚は心筋梗塞や乳がんのリスクを下げる

第3章 体に悪いという科学的根拠がある食べ物
 1 「白い炭水化物」は体に悪い
 2 牛肉、豚肉、ソーセージやハムは健康に悪い

特別編 病気の人、子ども、妊婦にとっての「究極の食事」

注・参考文献

【著者プロフィール】
津川 友介(つがわ・ゆうすけ)
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)内科学助教授。東北大学医学部卒、ハーバード大学で修士号(MPH)および博士号(PhD)を取得。聖路加国際病院、世界銀行、ハーバード大学勤務を経て、2017年から現職。共著書に『週刊ダイヤモンド』2017年「ベスト経済書」第1位に選ばれた『「原因と結果」の経済学:データから真実を見抜く思考法』(ダイヤモンド社)。ブログ「医療政策学×医療経済学」で医療に関する最新情報を発信している。
【2018年4月発行/2018.9.25読了】

【備忘録】
第1章 日本人が勘違いしがちな健康常識
・健康的な食事をするために必要なのは体に良い「食品」を選ぶことで、成分が重要なのではない
・健康を維持するために重要なことは、色々な種類の野菜や果物を毎日たくさん食べ続けること
・白い炭水化物の代わりに何を食べるか。野菜や果物か、茶色い炭水化物というのではあれば正しい食事指導

第2章 体に良いという科学的根拠がある食べ物
 1 オリーブオイルやナッツは脳卒中やがんのリスクを下げる
・地中海食=オリーブオイル+ナッツ類+魚+野菜・果物

 2 果物は糖尿病を予防するが、フルーツジュースは糖尿病のリスクを上げる

 3 魚は心筋梗塞や乳がんのリスクを下げる
  ・1日60グラム以上食べても、プラスアルファのメリットは少ない

第3章 体に悪いという科学的根拠がある食べ物
 1 「白い炭水化物」は体に悪い
・魚や野菜を多く摂取できるという点で日本食は優れているが、炭水化物が多いことと塩分摂取量が多すぎることが問題
・塩分摂取量を減らすか、カリウムを多く含む食品を摂取する

 2 牛肉、豚肉、ソーセージやハムは健康に悪い
・卵は「1週間に6個まで」
・高血圧の人は塩分を控えるべし
・腎臓病の人にとっては「カリウム」「たんぱく質」「塩分」が大敵


【参考書評等】
「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」の訂正・追加情報(2018/05/21)
Amazon書評
楽天ブックス書評
読書メーター

posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:05| 神奈川 ☔| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: