2019年01月29日

⚽アジアカップ準決勝、日本代表が3−0でイラン代表に快勝〜大迫半端ないって

アジアカップノックアウトステージ準決勝:イラン代表0−3日本代表(ハッザーア ビンザイード スタジアム)
【戦評】
物足りないパフォーマンスが続いていた攻撃陣が、「エース」の復活によって水を得た魚のように躍動した。トルクメニスタン戦以来の先発となった大迫勇也は、主に低い位置を取ってボールに関わり、相手を引き付けてフリーの選手を生み出す。このプレーが味方のスペースへの飛び出しやボランチの積極的な攻撃参加を可能とし、何度も決定機を生み出した。それだけでなく、自身もゴール前に入り込んでフィニッシャーとしても活躍。PKを含めた2得点で日本をファイナル進出に導いた大迫の働きぶりは、まさに「半端ない」の一言に尽きる。

一方の守備面では、ボールを奪うとすぐさま最終ラインの裏へロングボールを蹴り込み、肉弾戦を仕掛けるイランの攻撃に苦しめられる場面が多々あった。だが、1トップのサルダル・アズムンに対して厳しくマークに付き、最後まで自由にプレーをさせなかった冨安健洋を筆頭に、ピッチ上の全員が球際や競り合いのシーンで集中を高く保って対応。今大会の中で、最も手応えのある無失点勝利といっても良いだろう。

「アジア最強」と評された難敵との大一番で、最高の90分を披露した「森保ジャパン」。目標の覇権奪回へ、いよいよあと1勝だ。
日本時間23時からのキックオフで、半分寝落ち状態だったので(朝のニュースではダイジェストはきちんと見ましたが)得点シーンをまとめたTweetも引用しておきます。
これまでの試合ですべて1点差でなんとか勝ち抜いてきた日本代表と最多12得点かつ無失点のイラン代表。日本代表が勝つにしても1−0とか2−1。しかも、延長やPK戦までもつれ込むのでは想定していたところ、3−0とは想定外。一言で総括すると「大迫半端ないって」でいいでしょう。
さらに詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへ

日本代表にとってこれは痛いけど、代わりの選手がやってくれると信じましょう。
2018カルビー日本代表■レギュラーカード■17/遠藤航 ≪カルビーサッカー日本代表チップスカード≫
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:56| 神奈川 ☀| Comment(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
代表戦って全く中身がないくそつまらない。ただ勝っただけの試合。 イランの全力パワープレーに対応するだけの試合で中身のない試合。相手が笛も吹かれていないにも関わらず「ファウルがない」と主審に詰め寄っている間にさっさと起き上がってプレーした南野に演技賞をあげよう。意気消沈したイランに3点とっても当たり前。 南野の演技がなかったら1点も取れなかった。
Posted by 海外組のつまらん試合 at 2019年01月29日 11:47
>海外組のつまらん試合さん
コメントありがとうございます。
個人的には、ノックアウトステージは負ければ終わりなので、勝てば内容は問いませんが、そもそも森保監督がサンフレッチェ広島の監督をしてたときもこんな感じでしたし…
Posted by 管理人 at 2019年01月30日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: