2019年12月13日

【図解】50代までにやるべきお金の計画書

図解 50代までにやるべき お金の計画書
📖【図解】50代までにやるべき お金の計画書

(本書発刊時点で)著者は40代前半にして、FP(ファイナンシャルプランナー)事務所開設20年弱ですが、管理人自身はまさにこの本の対象者ど真ん中。

なので、この本に書かれている「以下の6つを実行すれば未来が変わる」
(1)働き続ける
(2)年金を増やす
(3)保険を見直す
(4)マイホームを見直す
(5)投資にチャレンジする
(6)介護と相続を考える
のそれぞれについて、じっくりと考えていかなけれないけない状況にあることは間違いなしということで、この本のポイントとそれに対する現時点での自分自身のスタンスは以下の【備忘録+コメント】にて。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
📖藤原久敏[図解]50代までにやるべきお金の計画書彩図社
将来のお金に関する重要なポイントが図解でわかる!かつては「60歳になれば、引退して悠々自適の生活が送れる」と言われていました。しかし、それを実現するのはとても難しい時代になりました。人生の後半にかかるお金は何とかして自分で準備するしかありません。どうすれば準備できるのか。その方法について、本当に大事なポイントを図で示した本書があれば、明るい未来に向けた計画を立てることができます。
【内容情報】(出版社より)
★いま、社会が急速に変化しています
定年の延長、年金支給開始年齢の引き上げ……いま、社会の枠組みが急速に変化しています。
国や会社は、これまでのように、人生の最後まで面倒を見てくれなくなりました。
これからは、一人ひとりがリタイア後に備えて、具体的な行動を起こさなければならない時代なのです。
★リタイア後の新たな人生を設計しましょう
かつてはリタイア後の人生は「余生」とされましたが、人生100年とも言われるこの時代において、リタイア後にあるのは「新たな人生」です。
その新たな人生を、充実した輝かしいものにするか、それとも、お金の不安に怯えつつひっそり暮らすのか。
それは、これから何をするのかによって、大きく左右されるのです。
実りあるセカンドライフを迎えるため、そして、心おきなく「今」を充実させるためにも、ぜひとも本書をご活用いただければと思います。

[目次]
1章 働き続ける
2章 年金を増やす
3章 保険を見直す
4章 マイホームを見直す
5章 投資にチャレンジする
6章 介護と相続の準備をする
【2019年1月発行/2019.7.31読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備忘録+コメント】
1章 働き続ける
・60歳以降は雇用条件が変わり、賃金がある程度減ることを覚悟しておこう
・年金という収入を確保した上での起業は意外と手堅い。検討の価値あり
・定年後、再就職まで半年くらいのんびりと過ごすのはやめておいたほうがいい。その間に仕事への意欲が衰えてしまうから
・60歳(定年)にこだわらず、チャンスがあったら再就職や起業を始めたほうがベター。そのための準備をしていれば
>せっかく、60歳でリタイアしてあとはたまにバイトで悠々自適で過ごそうと思ったのに(´・ω・`)

2章 年金を増やす
・繰り下げ受給のほうがベター
・「ねんきん定期便」で自分の記録を確認しよう
>今度じっくり確認してみます

3章 保険を見直す
・公的医療保険のおかげで、実際の自己負担はそれほど高額にはならない
・先進医療など公的保険でまかなえないものを民間の保険で補う
・健康保険任意継続制度は、退職後最長2年間継続できるが、現役時代の会社負担分も自己負担(支払い保険料2倍)となることに注意
>基本的にはムダな延命治療不要派

4章 マイホームを見直す
・住宅ローンは繰り上げ返済をした方がベター
>自分は、税金の控除が終わった段階で繰り上げ返済済み
・住み続けるならバリアフリー化を踏まえたリフォームは必要
>床は総フローリング化済みで、残るは浴室のリフォームでそれに対応予定

5章 投資にチャレンジする
・「長期保有」、「分散投資」を心がけよう
>本書では「投資信託」を勧めてますが、自分の場合は自ら選択して株式の方が儲かっていて、投資信託は含み損が出ている問題(^_^;)

6章 介護と相続の準備をする
・公的介護保険制度で補いきれない部分を民間の介護保険で
>両親はすでにいないので、自分の問題ですね


【参考書評等】
本が好き!sumikoさんの書評/CFP取得者の著者が50代前後の方に向けて書いた1冊
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:49| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: