2020年02月19日

もっと言ってはいけない/橘 玲

もっと言ってはいけない (新潮新書) - 橘 玲
📖もっと言ってはいけない (新潮新書) - 橘 玲
言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) - 橘 玲
言ってはいけない 残酷すぎる真実」の書評エントリーでも書いたように、「言ってはいけない〜」、「(『残酷すぎる真実』や『不愉快な現実』というより)よくぞ(言いにくいことを)言ってくれた」という感想はこちらも同様。
これなんて、他の方ではよう言えんよね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
📖橘 玲もっと言ってはいけない新潮新書
【内容情報】(出版社より)
あのベストセラーがパワーアップして帰還! 「日本人の3分の1は日本語が読めない」「年収、学力、老後は遺伝の影響」「人種と知能の禁断」「幸福を感じられないワケ」……残酷で不愉快な人間社会のタブーが明かされる。

【目次】
まえがき 日本人は世界でもっとも「自己家畜化」された特別な民族

プロローグ 日本語の読めない大人たち
日本人の3分の1は日本語が読めない?
先進国の成人の半分はかんたんな文章が読めない
無意識は高い知能をもっている
知能とポピュリズム
知識社会に適応できるのは1割強

【1】「人種と知能」を語る前に述べておくべきいくつかのこと
なぜ知能が問題になるのか?
統計的事実とブラックスワン
差別とは合理的に説明できないこと
遺伝率と遺伝決定論
同性愛は生得的なものか?
「ゲイ遺伝子」の発見
同性愛はなぜ自然選択されたのか?
リベラルな社会ほど遺伝率が上がる

【2】一般知能と人種差別
白人と黒人のIQのちがい
レイシストは誰か?
捏造された知能のデータ
一般知能は「統計的実在」
IQの高い黒人の子どもたち
年齢とともに遺伝率は上がる
教育への投資効果は年率10%?
教育無償化は社会的弱者の子どもたちへ
お金を渡せば教育効果は高まるのか?
先進国の知能は低下しはじめている
極端な男の知能、平均的な女の知能
知能とは知能テストが測ったもの

【3】人種と大陸系統
すべてのヨーロッパ人の祖先
私もあなたも「天皇家の遠縁」
犬種を論じるのはイヌ差別?
人種は社会的構築物
人類はかつて水生生活していた?
赤ちゃんはなぜ泳げるのか?
サピエンスの誕生は77万〜55万年前
覆される通説
サピエンスはユーラシアで誕生した
ネアンデルタール人になにが起こったか?
「出アフリカ」はわずか1000人?
ヒトの「進化」は加速している
遺伝と文化は「共進化」する

【4】国別知能指数の衝撃
アボリジニのIQは高い
学力ランキングはよくてIQランキングは差別?
知能の基準はサン人
寒冷地への移住で知能が上がる
ヨーロッパはなぜ北にいくほどIQが高いのか?
宗教改革と知能
科挙が東アジア系の知能を上げた?
稲作というイノベーション
産業革命と勤勉革命
アメリカ黒人の知能は高い
ユダヤ人の知能は高くない?
パレスティナ人はイスラームに改宗したユダヤ人
キリスト教の誕生とユダヤ人の知能
差別から生まれた「高知能集団」
バラモンの知能
ヨーロッパ人とインド人は同祖集団
言語的知能が低いと保守的になる?
知能の高い国はリベラルになる?
制度決定論は「空白の石版」

【5】「自己家畜化」という革命
成功した日本人移民
生き延びるために賭けるもの
日本にはなぜ華僑財閥がないのか?
「遺伝決定論」を否定したヒトラー
弥生人の“ジェノサイド”
「下戸遺伝子」でわかる弥生と縄文の遺伝分布
アメリカ社会でもっとも成功したアジア系移民
アファーマティブ・アクションで「差別」されるアジア系
アジア系は内向型人間
ペットになったキツネ
石槍という「大量破壊兵器」
道徳の起源は相互監視
農耕という第二の「自己家畜化」
チワワとドーベルマン

【6】「置かれた場所」で咲く不幸――ひ弱なラン
高い所得をもたらす性格とは?
内向的な脳と外向的な脳
セロトニンとうつ病
楽観的な脳・悲観的な脳
敏感と鈍感の進化論
日本のリベラルは睾丸が小さい?
なぜ日本人は子どもとまちがえられるのか?
日本人は「ひ弱なラン」
咲ける場所に移りなさい

あとがき
注釈:参考文献

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
橘 玲(タチバナ アキラ)
1959(昭和34)年生まれ。作家。小説に『マネーロンダリング』『ダブルマリッジ』ほか、ノンフィクションに『幸福の「資本」論』『残酷すぎる成功法則』(監訳)『80's』『朝日ぎらい』など著作多数。『言ってはいけない 残酷すぎる真実』がベストセラーとなり、2017新書大賞受賞。
【2019年1月発行/2020.1.26読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備忘録】
プロローグ 日本語の読めない大人たち

1 「人種と知能」を語る前に述べておくべきいくつかのこと
・リベラルな社会では「個人の努力ではどうしようもないもの(運命)」を理由とした差別は許されない
>自分にもこの価値観はかなり染み付いている
・日本で「ネトウヨ」と呼ばれるのは「自分が日本人であるということ以外に誇るものがない」愛国原理主義者のこと
・知能の遺伝率はきわだって高く、論理的推論能力は68%、一般知能(IQ)は77%。知能は7〜8割は遺伝するといえる
・私(人格)=遺伝+環境(共有環境ー非共有環境)

2 一般知能と人種差別
日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書) - 安藤 寿康
・「差別」の根源は、一般知能(言語運用能力と数学・論理能力)を極端に重視する現代社会そのもの

3 人種と大陸系統


4 国別知能指数の衝撃


5 「自己家畜化」という革命
・日本の一足早い近代化は地理的・歴史的・文化的な偶然(幸運)によるもので、条件が整えば他の東アジア諸国でも同じことが加納だった
・行動遺伝学では「外向的/内向的」のような性格の遺伝率はおよそ5割。残りの半分は「友だち関係(非共有環境)」


6 「置かれた場所」で咲く不幸ーひ弱なラン


あとがき
・人類の第一の革命:「石器」の発明〜誰もが誰もを殺せる社会へ
・人類の第ニの革命:「農耕」の開始〜ムラ社会に適応できない遺伝子が淘汰された
・産業革命以前と以後とで、世界はまったく異なるものに変わってしまった〜知識社会そのものが不愉快で残酷


【参考書評等】
ゴッホ氏のnote
ヒノキブログ
>これらを読めば、本書を読まずとも内容をほぼ把握できてしまう(^_^;)
Amazon書評
楽天市場 みんなのレビュー・口コミ
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: