2020年04月05日

産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。/たんたん【購入本】

産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。 - たんたん, カネシゲ タカシ
📖産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。 - たんたん, カネシゲ タカシ

当ブログ開設初期の頃から(旦那さまのカネシゲタカシさんともども)交流のあるたんたんさんのコミックエッセイ(漫画はカネシゲさん作)。
10年以上前に上梓された「おわらいおんでは、カネシゲさんがネタを考えて、絵はたんたんさんの担当だったんですが、この本ではたんたんさんのブログの「子どもを産んじゃダメだと思ってた」というテーマで書かれた内容をもとに、夫のカネシゲさんが漫画を担当。
cakesさんで試し読みが可能。連載もの(毎週水・土更新)なので時間はかかりますが、いずれ読まずとも内容がわかってしまう?
とは言いつつも、本書のベースになったブログ記事のそれぞれは自分自身もその時点では読んではいたものの、WEBで見ただけのものは一時的にしか残らないもの。
改めて書籍を読んでみて諸般の事情を再認識した次第。
自分自身の感想もずたたんさんと全く同じ。
あえて付け加えるとすれば、たんたんさんはいいパートナーに恵まれましたね。これから白ちゃんがたんたんさんの言うことを聞かなくなる時期があるかもしれませんが、今の幸せな気持ちを忘れずにいれば、大丈夫。
もし、どうしても言って聞かせなければわからないことがあれば、(川崎フロンターレ中村憲剛選手いわく)父親(カネシゲさん)の出番。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
📖たんたん・著、カネシゲタカシ・漫画/ 産んじゃダメだと思ってた、産んでみたら幸せだった。幻冬舎
【内容情報】(出版社より)
父母との関係、うつ、二度の流産、高齢出産……。
「産まないことは正義!」と思っていた女性が最愛の我が子に出会うまで。
笑いあり涙あり、夫婦で描き上げた魂のコミックエッセイ!

“生きづらさ”に苦しんでいた彼女に下された診断は「境界性パーソナリティ障害」だった。夫と二人三脚で克服し平穏な日々を送るも「子どもを産んじゃダメだ」という信念だけは揺るがなかった。その思いに風穴をあけた夫のひと言。そこから彼女はなぜ「子どもを産んじゃダメだ」と思っているのか、紐解きはじめることにーー。

心の底から「子どもが産みたい!」と思うことが、夫への一番の恩返し。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 子どもを産んじゃダメだと思ってたわたし
第2章 わたしの父と母、家族のこと
第3章 夫との出会いと生きづらさの正体
第4章 産んじゃダメ、という正義からの脱出
第5章 二度の流産
第6章 両親とのその後、そしてついに出産!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
たんたん(タンタン)
1977年生まれ、愛知県出身。芸術家。ビクターエンタテインメント育成アーティストとして活動後、イラストレーターとして書籍・雑誌等のイラストを手がけ、キャラクターブック『おわらいおん』(メディアファクトリー)を出版。2011年「G.I.E.#13」グランプリ受賞。ニューヨーク短期留学を経て、現在は油彩画を中心に音楽・文芸・造形などで幅広く活動
おわらいおん (メディアファクトリーのキャラクターブック) - たんたん・カネシゲタカシ

カネシゲタカシ
1975年生まれ、大阪府出身。漫画家、コラムニスト。「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。テレビ、ラジオ、イベント等にも出演する元よしもと芸人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
野球大喜利 ザ・フィーバー ~こんなプロ野球はイヤだ7~ - カネシゲタカシ, 野球大喜利ベイスたんやよ! - カネシゲ タカシ
【2020年3月18日発売開始/同21日読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
購入本の場合は、書き込みも自由にできるので、図書館等で借りた本のようにメモ代わりの【備忘録】は省略。
もっとも、前述のcakesさんで一部の内容が順次公開されていくので、それらで読まずともある程度内容がわかってしまうんですが…


【参考情報】
Amazon評価
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
そして、これから子供が欲しくなった女性の方にはこちらをおすすめ。
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: