2020年05月11日

火事場泥棒とは…

火事場泥棒(かじばどろぼう)とは、
火事で混乱した現場で窃盗を働くこと、または窃盗を働く者。
転じて、人々が混乱している中で利益を得ること、または利益を得る者。
Wikipediaより
その他、安倍政権の火事場泥棒と呼ばれても仕方ない案件と言えば、以下の2件。
個人的には、前者については新型コロナウイルス禍で今後行き過ぎたグローバル化が是正の方向に向かう中、日本の食料自給率を上げていかなければいけないという立場から反対。
後者については、公務員の定年延長は(本音はできるだけ年金を払いたくないからということは百も承知ですし、自分自身はできる限り早くリタイアしたい人ですが)世間の流れに沿ったもので、それ自体に特段の問題があるわけではないのですが…
いつやるか? 今でしょ! - 林 修どさくさに紛れて何すんねん - fresh!
さらに、火事場泥棒と批判するなら、国内のこれらの案件だけではなく、こちらの動きにも抗議しないといけません。
領土問題をどう解決するか―尖閣、竹島、千島 - 志位 和夫北方領土・竹島・尖閣、これが解決策 (朝日新書) - 岩下明裕当ブログ書評
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 11:01| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記というか雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: