2020年05月19日

検察庁法改正案の今国会成立を断念したものの…

5月11日付のエントリーで言及した火事場泥棒的動きのうち、その時点で世間を一番騒がせていた案件については、とりあえず今国会での成立は見送り、継続審議へ。
この件は、公務員の定年延長という総論では特段反対する理由はないものの、検察官の定年をそのときの政権の意向で左右できる点に問題あり。しかしながら、検察の独立性を保ちつつも、政権の側で検察の暴走を防ぐ手立ても必要なのは言うまでもありませんし、そのあたりの調整も踏まえて継続審議していただいければ…
おかしいぞ!警察・検察・裁判所―市民社会の自由が危ない - 昭, 魚住, 貴男, 斎藤, 昭宏, 大谷, 環, 三井
それ以外では、憲法改正の方はどさくさまぎれにという方向にはなさそうですが、種苗法改正の方も継続審議の方向へ向かうのか?
個人的には、どっちが正しいのか判断がつきかねますが…
売り渡される食の安全 (角川新書) - 山田 正彦
そんな中、前掲の5月11日付のエントリーでは言及していなかったこの件。
そして、海外での火事場泥棒案件。
こちらの方も動向を注意深く見守っていかないといけませんね。
中国が反論できない 真実の尖閣史 (扶桑社BOOKS) - 石 平, いしゐ のぞむ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:02| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記というか雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: