2020年11月13日

「沁みる夜汽車」の物語

本題に入る前に、昨日(11/12)プロ野球関連では東北楽天の石井一久GMが監督兼任になるとか阪神のあまり代わり映えしない2021年度の監督・コーチ陣容発表とかありましたが、個人的にはあえてブログ記事化するほどの内容でもないので、詳しいことや関連情報はこちらをあたってもらうとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ
このニュースにからめて、オフシーズンのために書き溜めてあった読書感想文シリーズから今回はこちら。
何度でも泣ける 「沁みる夜汽車」の物語――ありふれた鉄道で起きたありえない感動の実話 - NHK 沁みる夜汽車制作チーム
📖何度でも泣ける 「沁みる夜汽車」の物語――ありふれた鉄道で起きたありえない感動の実話

一番読みたかったのは(NHK BS1でのOAも見ましたが)「第2話 生きる勇気を与えてくれた伝言板の青春物語〜JR東海道線 二宮駅〜」のこの話。
ネタバレになるので、(湘南ベルマーレなどの試合のピッチレポーターやTBS📻で伊集院さんの番組のアシスタントをされているホリプロ所属の)安田美香さんご本人のブログ記事(OA前と本書出版前の各1回)のブログ記事の紹介と、今では珍しくなった「伝言板」でもやりとりと高校時代のイジメに関わる話であることに留めます。
2020-06-28-15-05-51-605.jpg

それ以外には、「第10話 一番大きな夢を乗せて天国へ旅立った小さな運転士〜江ノ島電鉄〜」
江ノ電 10kmの奇跡  ――人々はなぜ引きつけられるのか? - 深谷 研二当ブログ書評
この本にも掲載されていますし、日テレの24時間テレビの中でもドラマ化されているので、あの話とわかる人は多いのでは?

ーーーーーーーーーーーーーーーー
📖NHK沁みる夜汽車制作チーム「沁みる夜汽車」の物語(ビジネス社)
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「心に響く本当にいい話」「どのエピソードも胸にくる」-ネットで大反響を呼んだ人間ドラマに、放送されなかったエピソードを追加し書籍化!

【目次】
[鉄道がつないだ10のあたたかいストーリー]
第1話 49歳、年の差を超えた電車のなかの友情物語〜JR中央線〜
第2話 生きる勇気を与えてくれた伝言板の青春物語〜JR東海道線 二宮駅〜
第3話 子どもたちの背中を押す卒業へのメッセージボード〜三陸鉄道 久慈駅〜
第4話 あきらめずに夢をかなえた50歳からの再出発〜紀州鉄道〜
第5話 利用者を見守り続ける駅のなかの理髪店〜JR小浜線 加斗駅〜
第6話 親子の心と心を結ぶ記憶で描いた鉄道画〜西武鉄道〜
第7話 人と人の縁をつなぐ服を着た小便小僧〜JR浜松町駅〜
第8話 みんなが家族になれるサヨばあちゃんの休憩所〜大井川鐡道 抜里駅〜
第9話 夫婦で守り続けたなつかしい釜飯の駅弁〜長良川鉄道 美濃太田駅〜
第10話 一番大きな夢を乗せて天国へ旅立った小さな運転士〜江ノ島電鉄〜

【2020年1月発行/2020.7.7読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備忘録】
第1話 49歳、年の差を超えた電車のなかの友情物語〜JR中央線〜

第2話 生きる勇気を与えてくれた伝言板の青春物語〜JR東海道線 二宮駅〜
D1000107.JPG

第3話 子どもたちの背中を押す卒業へのメッセージボード〜三陸鉄道 久慈駅〜

第4話 あきらめずに夢をかなえた50歳からの再出発〜紀州鉄道〜

第5話 利用者を見守り続ける駅のなかの理髪店〜JR小浜線 加斗駅〜

第6話 親子の心と心を結ぶ記憶で描いた鉄道画〜西武鉄道〜
福島尚鉄道画集 ~線路は続くよ~ - 福島 尚

第7話 人と人の縁をつなぐ服を着た小便小僧〜JR浜松町駅〜

第8話 みんなが家族になれるサヨばあちゃんの休憩所〜大井川鐡道 抜里駅〜
20130811 (129).jpg

第9話 夫婦で守り続けたなつかしい釜飯の駅弁〜長良川鉄道 美濃太田駅〜

第10話 一番大きな夢を乗せて天国へ旅立った小さな運転士〜江ノ島電鉄〜
🚃【心あたたまる鐡話】江ノ電の運転士になった少年のおはなし
🚃江ノ電・早世の少年に運転士「辞令」没後10年夢かなう

これ以外にもOAはされているものの書籍には載ってない話も

「沁みる」とは、ただ「泣ける」だけではない、「感動できる」だけでもない、心にグッときて共感できることなのではないか?

【参考書評等】
村井美樹/何度でも泣ける「沁しみる夜汽車」の物語 NHK沁みる夜汽車制作チーム著(東京新聞)
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: