2020年07月13日

J1第4節:湘南0△0札幌【142日ぶりの現地参戦もGET1に留まる】、なおとらほ〜\(^o^)/

最初に、Googleフォトが勝手に作った動画で昨日の行動記録的なもの。

とは言っても、掲題の試合終了まではカバーしてませんが(^_^;)
それはさておき、2月21日のJ1開幕戦以来のShonan BMWスタジアム平塚来場につき、19時キックオフなのに13時少し過ぎに駐車場に着いてしまった問題(^_^;)
その時点で、お隣のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで⚾イースタン・リーグの試合【横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ】開催であることを確認した後、近くの🍜屋で昼食。店内では(たぶん湘南ケーブルネットワーク経由での)Jスポ3の京セラドーム大阪の試合中継を流してました。
Polish_20200712_151120312.jpg
昨日の昼間は晴れていてかなり暑い状況も、日陰にいればさほどつらくはなく、食後はローソンに寄って、公園内の日本庭園で休息。
従来はキックオフの4時間前からスタグルやショップが開店してましたが、昨日は3時間前の16時から。その頃になるとぼちぼちと人も集まりだし、いつも見かける方にもごあいさつ。(ただし、以下のような事情もあり、知己の常連さんも半分くらいは自粛していた感じか?)
当然のことながら、リーグ開幕戦では25店舗出店だったのが、昨日は12店舗と半分以下に。おなじみの(フレンチトーストの)ぴぃちゃんちは出てなかったので、入場後の17時台にCLOVERのカツカレーを食べただけでしたが…
検温は36.4度(平熱)。席はメインスタンドのアウェイ寄り(4ゲート)のやや上の方。(2席空きなので、左空き席にバッグ、右空き席にペットボトル飲料などを置けるというぜいたく仕様で草)

アウェイの選手紹介中、元ベルマーレ在籍の選手のときは間をとって拍手で迎えるベルマーレスタイルは変わらず。

新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、三村ロンドさんのひとりコール・アンド・レスポンス。(観客は拍手のみ)

そして、控えめな円陣ダッシュ。

その後の試合経過は、(管理人自身は実況Tweetスタイルは変えていないので)1つ前のエントリー(2020年07月12日のTweetまとめ)もご参考にしていただくとして、まずは前半総括。
後半のお互いいくつかのチャンスを作るも、(前半も同じ場所で石原直樹のシュートをセーブした)ゴールポストのファインセーブ菅野(すげの)はすげーのなどでスコアは動かず試合終了。
Polish_20200712_151120312-COLLAGE.jpg
(そもそも、まだリーグ戦はここまで3試合善戦しつつも、勝ち点0。かつ相手は現時点で得点ランキングトップタイの鈴木武蔵がケガで欠場していたし、アウェイ連戦の疲れもあってチャナティップもジェイも途中交代したのもあって)「勝利のダンス」制限付き有観客試合時バージョンを見たかったのは言うまでもないですが、無失点勝ち点1を得たのが次につながればいいと前向きにとらえることにします。
Man of the Matchが選手でなくてもいいなら、前半は石原直樹、後半はジェイのゴールを阻んだ、5ゲート側のゴールポストだと思うんですが…
MOM_LI.jpg
それはさておき、
DSC00004-COLLAGE.jpg
ちなみに、声を出すなと言われても(😷越しとは言え)出てしまうもの(^_^;)
そして、自分は気づかなかったもののアウェイコンサドーレサポもコソーリいた模様。
この方は東京在住の方のようですが、そもそもアウェイ席を設けなかったのは動員最大5,000人という上限の規制の中、チケット争奪戦になる可能性を想定してホーム優先とした要素の方が大きいのでは?。
感染予防の観点からすれば、どちらを応援しているかというより、来場者がどこに住んでいるか?(開催地に近い人の方がリスク小)の方が重要。アウェイサポが遠方から来るとは限らないし、プロ野球ではホーム・ビジターの区別をしていないけど、「来場者は開催地の同一または隣接する都道府県内の者に限る(要、住所を証明するもの提示)」とするのも検温、アルコール消毒、ソーシャルディスタンス確保のための諸施策に加えて、さらに運営側の負担が増えるだけ。緊急事態宣言下で「都道府県境を超える不要不急の移動は自粛」としたのも、「居住地よりも50キロ(あるいは100キロ)を超える移動は自粛」よりもわかりやすいし、行政がその方がやりやすいからなのと同様なことかと思うわけですが…
という、試合そのものの感想からは外れてしまいましたが、そのあたりも踏まえて、さらに詳しいことや総括はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
昨日、現地で撮影した画像・動画はこちらにまとめしたので、ご覧ください。
なお、場外イベントは自粛につき、動くキングベルの姿は見られず。(自粛対象になっていない)ピッチにもいなかったのは、ご老体で感染して重症化するのが怖かったからかどうかはしらんけど…
という流れで、ベルマーレクイーンの活動はなしも、
ひとりだけ📻の実況中継に登場
IMG_20200712_210500.jpg
一方、BMWスよりも1時間早く始まった阪神甲子園球場の阪神タイガース対横浜DeNAベイスタース・6回戦の件
【以下(ホーム目線になりますが)Tigers-net.comから来た試合結果を伝えるメールをベースに試合概要は以下のとおり】
| 0 0 0 0 0 0 0 0 1 | 1
| 0 0 0 0 0 1 0 1 x | 2

勝:岩貞2勝1敗
S:スアレス1S
敗:(この日誕生日の)平良2勝1敗
【継投】
横浜DeNA:平良 - エスコバー - パットン
阪神:岩貞 - スアレス

先発はタイガースは岩貞、ベイスターズは平良でプレイボール!
5回まで両投手がしっかりと抑えます。
均衡を破ったのは6回裏、タイガースは二死2塁から大山がレフトへタイムリーヒットを放ち先制します!
8回裏、さらに大山飛躍を見せます!二死2塁からライト線へタイムリーツーベースヒットを放ち本日2打点の活躍を見せます!
好投を続けていた岩貞は8回114球無失点の好投でマウンドを降ります
2番手スアレスがマウンドに上がりますが、一死1・2塁のピンチにロペスにレフトへタイムリーを浴びてしまいます。しかしながら、後続を
断ち切ってゲームセット!移籍後初セーブ
【シーズン通算対戦成績】3勝3敗
【試合時間】3時間1分
【観衆】4,931人


この試合に関するさらに詳しいことや総括はこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ DeNA
ベイスターズへ
個人的にも、ここまでの投球を見る限りでは(残り5に迫った日米通算250セーブの早期達成のために失敗覚悟で起用し続けるよりも)一度2軍で調整した方がいいとは思っていたので、これは好判断。
藤川球児 ストレートという名の魔球 (ヨシモトブックス) - 松下 雄一郎藤川球児のピッチング・バイブル―投手としての基本から投球術まで - 藤川 球児
そのほか、昨日のプロ野球ならびに⚽J1第4節の件は結果のみここに掲載。
さらに、J3第3節で1試合のみ開催された試合結果も追記。

⚽G大阪U-23 1−3 ガイナーレ鳥取(パナスタ、632人)

(明日の当ブログのエントリーで総括をするかもしらんけど)個々の試合に関する詳しいことや総括はとりあえずこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 サッカーブログへ
となれば、首都圏では来月から有観客試合の制限を緩めるのではなく、よくて現状維持(5,000人以下もしくは定員の50%のいずれか少ない方)。最悪の場合は無観客になるかもしらんけど…
感染列島 スタンダード・エディション [DVD] - 妻夫木聡, 檀れい, 国仲涼子, 田中裕二, 池脇千鶴, カンニング竹山, 佐藤浩市, 藤竜也
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 14:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: