2021年01月07日

「人物相関図」で読み解く日本史の真相+α

本題に入る前に+αの方から。
T型糖尿病を患ってるだけに、これはすごく心配。
1型糖尿病通信 - Kimmi
一方、湘南ベルマーレの方では、昨日(1/6)は先だって契約満了のリリースが出ていた選手の行き先確定のリリース。
この件はじめ湘南ベルマーレ関連情報こちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへ
昨日のエントリーに引き続き、今回も読書感想文。
「人物相関図」で読み解く日本史の真相 - 後藤 寿一
📖「人物相関図」で読み解く日本史の真相

本書で取り上げたテーマは計29件。

図書館で借りた本で返却期限が迫っていたため、最後の方は「人物相関図」を中心に流し読み。

それでも日本史への理解は一層深まったと思います。

NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 麒麟がくる: 明智光秀とその時代 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック) - NHK出版
個人的な注目ポイントは2020年のNHK大河ドラマ「 麒麟がくる」関連の「本能寺の変(1582年)」〜光秀はなぜ信長を襲ったのか?黒幕か単独か・・・・・・光秀の意外な人間関係。
本書でも「四国説」にかなり記述を割いています。
ネタバレはここまで。あとはこのエントリーをご覧になられた皆さまがご自身で本書を読んでいただくことをお勧めしたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
📖後藤寿一/「人物相関図」で読み解く日本史の真相PHP研究所
【内容情報】(出版社より)
明智光秀はなぜ「本能寺の変」を起こしたのか? 聖徳太子はなぜ政界から身を引いたのか? 西郷隆盛はなぜ明治新政府と決別し、戦闘にまで至ったのか?
この“なぜ”については、その人物周辺の人間関係・相関関係を見ていくと、疑問の霧が晴れていくとともに、そこにくっきりとした人物像が浮かび上がってくる。
本書では、日本史上で起こった事件の背景にある人間関係にスポットをあてるもの。日本史のエポックにおいてキーマンとなった重要人物が、「誰と、どのような立場で動いたか」を、歴史人物の動きと相関関係を探りながら、事件の全貌を解明する。
聖徳太子の改革、乙巳の変、平安遷都、摂関政治、源平合戦、承久の乱、鎌倉幕府滅亡、応仁・文明の乱、本能寺の変、関ヶ原の戦い、忠臣蔵、ペリー来航と動乱、西南戦争、日米開戦、終戦など、古代から太平洋戦争まで“人間関係”でひもとく日本史通史。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 統一国家の誕生と権力闘争の時代ー天皇による支配と皇位継承を巡る争乱
(卑弥呼の遣使239年ーなぜ卑弥呼は魏に使者を派遣し、魏はこれを厚遇したのか?/聖徳太子の改革7世紀初頭ー飛鳥時代の偉大な政治家・聖徳太子は、なぜ政界から身を引いたのか?/乙巳の変645年ー政変はなぜ起こったのか?中大兄皇子と蘇我入鹿を巡る謎 ほか)
第2章 野望と愛憎が渦巻く武士の時代ー戦乱の世における骨肉の争い
(保元の乱と平治の乱1156年〜ー二つの乱を巡る人間関係が平氏台頭の原因となる/源平合戦1180年〜ー平家との戦いに相乗りした武士団に、源頼朝の心の内はどうだったのか?/承久の乱1221年ー東日本の武家政権vs西日本の朝廷、対立解消を企図して始まった争乱 ほか)
第3章 太平の時代から戦争の時代へー外国の侵略に揺れる日本内部の対立構造
(鎖国17世紀ー貿易を望んでいた幕府が、鎖国を決意するに至った国際関係とは?/忠臣蔵1702年ー吉良上野介殺害は必然だった?幕府の思惑で造成された赤穂浪士同情論/享保の改革18世紀ー幕府の財政を立て直した、八代将軍・吉宗と改革を助けた代官群像 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
後藤寿一(ゴトウ・ジュイチ)
1943年生まれ。早稲田大学卒業後、サンケイ新聞を経て、フリー・ジャーナリスト、エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2020年6月発行/2020・9。18読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備忘録的補足(というか一部「ネタバレ」)】
第1章 統一国家の誕生と権力闘争の時代ー天皇による支配と皇位継承を巡る争乱

第2章 野望と愛憎が渦巻く武士の時代ー戦乱の世における骨肉の争い

第3章 太平の時代から戦争の時代へー外国の侵略に揺れる日本内部の対立構造
>そして、その流れは現在の財務省に受け継がれ…
>とは本書には書いてませんが…


【参考書評等】
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: