2021年01月17日

阪神淡路大震災から26年ということで、カンニング竹山「福島のことなんて、誰も知らねぇじゃねえかよ!」

ということで、(防災対策等を含めて)この関連本をこのタイミングでUPできればベストだったんですが、同じ震災関連つながりで2011年3月11日発生した東日本大震災復興絡みのこの本の紹介を。
福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ! - カンニング 竹山
📖福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ! /カンニング 竹山

本書記載の場所で管理人自身が行ったところはまったくなし。

そもそも、東北地方に初めて行ったのは勤務先の同じ職場の同僚の結婚式のあった(山形県の)かみのやま温泉。このときは往復つばさで福島はスルーしたのみ。
プラレール S-6 400系新幹線つばさ (連結仕様)
その後ツアーで行ったときも、1日目は東京から東北新幹線に乗り(埼玉→栃木→福島→宮城を通過して)岩手県の一関駅下車。バスで猊鼻渓中尊寺を経て、八幡平温泉泊。
2日目は青森県へ入って十和田湖遊覧船奥入瀬渓流散策を経て、八戸経由で再び盛岡県に入り、北山崎から田野畑村泊。
3日目は龍泉洞探検、宮古での昼食を経て、盛岡でわんこそばを食べて、新幹線で東京へ。
990810_平泉01.jpg
そして、当ブログ開設後の2005年5月29日に東北楽天ゴールデンイーグルス対阪神タイガース戦参戦。当時の球場の名称は「フルキャストスタジアム宮城」。
050529スコア.jpg00ミスターカラスコ.jpg
その翌年7月には、秋田こまちスタジアムで東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース戦を見るためにだけに日帰り遠征。このときは、行きは飛行機。帰りは新幹線。秋田新幹線で秋田→大宮間の通しの指定席は取れなかったので、指定券を秋田→盛岡間はこまち、盛岡→大宮間ははやぶさに分割して取り、連結時間中に盛岡駅のホームをダッシュも、その新幹線は福島通過。
P1000069.jpgP1000135.jpgD1000315.jpgD1000321.jpg
その後、長らく東北方面に行く機会のないまま、東日本大震災。11年ぶりに東北方面へ行ったのは、モンテディオ山形対湘南ベルマーレ戦遠征(2017年7月22日)。このときに福島駅でつばさとやまびこの分割シーンをホームで見物して福島県初接地。
翌日は、仙山線で仙台へ出て、東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックス・バファローズ戦観戦。その後、新幹線で帰ったので福島は通過したのみ。
そして、ついに福島へ行ったのは同年12月。湘南ベルマーレと提携している福島ユナイテッドFCのホーム最終戦(vs グルージャ盛岡戦@とうスタ)
Collage 2017-12-04 05_58_55.jpgIMG_20171203_120237_505.jpg
宿泊も福島市内の飯坂温泉。
JPEG_20171203_171757_1800271475.jpgJPEG_20171203_192507_1226578951.jpg
その翌日は、(宮城県仙台市経由で)松島観光をしたわけですが、その帰りに無人のユアテックスタジアム仙台へ
(そのときは、翌2018年に2回もそこへ宿泊遠征をするなんて想定も出来ず)

と、自分自身の福島へ行った話というより、東北地方全体の経験値の記述になってしまいましがなにか(^_^;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
📖カンニング竹山/福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ! (KKベストセラーズ)
【内容情報】(出版社より)
福島を「フクシマ」と呼ぶな!
福島はいま、楽しい街になっている!!
2011年の東日本大震災が起こった直後から、カンニング竹山さんはプライベートで福島に現地入りし、相馬市長と懇意になったり、たくさんの被災者と話も交わしている。東電第一原発にも実際に中に入った。
当時から現在までプライベートで現地入りは20回を数え、世間で知られている「福島」と、竹山さんが見て聞いた「福島」は大きな違いがあるという。
本書は竹山さんの目を通した“率直”な福島をあぶり出していく。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ぼくが福島に魅せられたワケ
第2章 福島は大丈夫!安全だ!
第3章 福島ってどんなとこ?基礎知識を知る!
第4章 カンニング竹山と行く!福島社会科見学Vol.1
第5章 原発ってぶっちゃけ、今どうなってるの?
第6章 カンニング竹山と行く!福島社会科見学Vol.2
第7章 福島の人ってなんかいい!あったかい!
第8章 報道にキレる!風評被害に怒り!竹山がメディアに言いたいコト!
第9章 「探偵ナイトスクープ」のご縁で実現 ×西田敏行“福島対談”

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
カンニング竹山(カンニング・タケヤマ)
1971年4月2日生まれ。福岡県出身。1992年小学校の同級生の中島忠幸とお笑いユニット「カンニング」を結成。2004年6月日本テレビ「エンタの神様」に初出演。2006年12月相方の中島氏が死去後、芸名に「カンニング」を付けて活動開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2019年3月発行/2020.9.20読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備忘録】
第1章 ぼくが福島に魅せられたワケ
・最終的には福島に人を呼んで、福島の魅力を知ってもらうことが目的だから、SNSを見て「竹山が行って楽しそうだからこんど、行ってみようかな」となればいいと思ってます。
・行ってみて何か探すことが旅!

第2章 福島は大丈夫!安全だ!
・一部の帰還困難区域以外は、除染が進んでいて放射線量はわずか。あっても歯のレントゲン程度しかない
・福島の食物は、現在日本で一番厳しい検査を経ている。つまり最も安全と言える
・福島県の人々は、元気で明るく未来を見据えて歩んでいる

第3章 福島ってどんなとこ?基礎知識を知る!
・北海道、岩手県に次いで面積が広い
・太平洋岸の浜通り、新幹線が通る中通り、山に囲まれた会津に分かれる

第4章 カンニング竹山と行く!福島社会科見学Vol.1
・アクアマリンふくしま(いわき市小名浜)

・自家製麺えなみ(福島市)

・リカちゃんキャッスル(小野新町)

・五色沼(北塩原村)

・小名浜ソープ街(いわき市小名浜)

・美空ひばり歌碑(いわき市)


第5章 原発ってぶっちゃけ、今どうなってるの?
・イチエフに実際に行ってみると、防護服も全面マスクも必要なし。ヘルメットをかぶるだけ

INSIDE Fukushima Daiichi

第6章 カンニング竹山と行く!福島社会科見学Vol.2
・JRA福島競馬(福島市)

・伊達屋(福島市)

・高湯温泉 安達屋旅館、旅館玉子湯(福島市)

・元祖円盤餃子 満腹(福島市)
>円盤餃子を飯坂温泉で食べようと思ったところ1時間以上待ちで断念。
Collage 2017-12-04 05_52_01.jpg

第7章 福島の人ってなんかいい!あったかい!
・打ち解ければ、みんなめちゃくちゃ明るい

第8章 報道にキレる!風評被害に怒り!竹山がメディアに言いたいコト!
・福島のことを、いまも「フクシマ」と言う人がいる
・なんの根拠もない説をさもありそうな顔で大真面目に語る連中
・デマを鵜呑みにするな。実際に現状を見てから言え
・他人事のように無視を決め込んでいる人たちに腹が立つ
・悲劇ばかり煽り立てるメディアの姿勢に憤りを感じる

第9章 「探偵ナイトスクープ」のご縁で実現 ×西田敏行“福島対談”


【参考書評等】
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:46| 神奈川 ☔| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: