2021年02月04日

ビートたけし「芸人と影」+α

本題に入る前にこの件。
個人的には芸能人の不倫問題なんて一般の第三者に迷惑をかけているわけでもなし、当事者同士で解決すればいい件だと思ってますし…

自分が芸能人で不倫案件が発覚したら、記者会見で「世間をお騒がせして申し訳ありません。」なんて謝罪せず、「芸能記者の皆さん、仕事ができて良かったですね。」と皮肉のひとつでも言ってみたいと思うのですが、たけしさんも似たようなことを言っていたようなキガス。

「騒いでいるのはお前らの方じゃん」だったかな?

この本にはそれらは書いてあったかどうかは記憶にないですけど(^_^;)

芸人と影 (小学館新書) - ビートたけし📖芸人と影 (小学館新書) /ビートたけし

そもそも、たけしさんのゆうとおり、芸能界は本来はカタギの世界で生きていけないヤクザ者、半端者の集まりのはずなのに、昨今は世間からモラルを求められているのもなんだかなぁ〜

ということをはじめ(たけしさんなりに)ど正論を言ってるに過ぎないのに、「ベストセラー『テレビじゃ言えない』を上回る危険度だ!I」なんて煽るのも(^_^;)

その本の当ブログ書評でも書いたとおり、今はTVでは言えなくなりましたが、かってはビートたけし(以下、敬称略)本人がTVで言ってたような気がするし、そもそもそんなに過激とは思わなかった。出版記念トークショーで「本にも書けない」って内容をLiveでやればもっと良かったような気が…
(もしかしたら、どっかでやってるかもしらんけど)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
📖ビート たけし/芸人と影 小学館新書
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2019年のニュース、ワイドショー、SNSを騒がせたお笑い芸人たちの「闇営業問題」。芸能界の光と影を知り尽くすビートたけしが、テレビでは決して語られない裏事情を明かす。「オイラたち芸人は、猿まわしの猿なんだ」-。話題となったその言葉の真意とは。芸能界、メディア、そしてニッポン人が抱える「現代の影」をタブーなしでぶった斬る。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 芸人の影
第2章 テレビの影、ネットの闇
第3章 ニッポンの影、政治の闇
おまけその1 「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」伝説祝辞を全文公開
おまけその2 ビートたけしが振り返る「爆笑!平成10大事件簿」
第4章 話題の「芸能&スポーツ」一刀両断
おまけその3 令和初の「ヒンシュク大賞」を決定する

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ビートたけし
1947年東京都足立区生まれ。漫才コンビ「ツービート」で一世を風靡。その後、テレビ、ラジオのほか映画やアートでも才能を発揮し、世界的な名声を得る。97年『HANA-BI』でベネチア国際映画祭金獅子賞、03年『座頭市』で同映画祭監督賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2019年12月発行/2020.10.29読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備忘録】
第1章 芸人の影
・芸能人と「怖い人たち」は昔から”同居”していた。変わったのは社会の方だ
これだけは知っておきたいコンプライアンスの基本24のケース - 秋山進いまはそれアウトです! 社会人のための身近なコンプライアンス入門 - 菊間千乃当ブログ書評
興行師列伝 愛と裏切りの近代芸能史 (新潮新書) - 笹山敬輔
・「アウトロー」は決して芸の肥やしにならない。本物の名人は、決して「影の努力」を惜しまない


第2章 テレビの影、ネットの闇
・バラエティはやらせの歴史
水曜スペシャル「川口浩 探検シリーズ」 川口浩探検隊~野性の脅威・猛獣編~ DVD BOX - 川口浩, 川口浩
水曜スペシャル「川口浩 探検シリーズ」 川口浩探検隊~野性の脅威・猛獣編~ DVD BOX - 川口浩, 川口浩
・「脚色」より恥なのは「マンネリ」「二番煎じ」
・ネットが作った「二元論で割り切る社会」


第3章 ニッポンの影、政治の闇
・小泉進次郎は「口先」だけということに国民が気づいた
・たけし「まずは東京湾の環境改善だろ」
・政治家も芸人も、人前に出てしゃべる仕事ってのは「場の空気」と「自分の立ち位置」が読めなきゃダメ
・災害だらけのこの国が「お祭り優先」なのはおかしい
・どうせカジノをやるなら「純和風」で
・身勝手な悪意は「弱者」へ向かう
・神戸の「教師イジメ」は紛れもなく犯罪。これぞ「反面教師」


おまけその2 ビートたけしが振り返る「爆笑!平成10大事件簿」
・平成30年間でこれだけ科学技術が発達したのに、なんでひと目でわかる「ズラ」はなくならないんだ?

第4章 話題の「芸能&スポーツ」一刀両断
・樹木希林さんは「攻め」、市原悦子さんは「受け」の演技
一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書) - 樹木 希林市原悦子 ことばの宝物 - 市原 悦子
・相撲協会が懸賞金から源泉徴収するのは輪島が使い込んで税金が払えなくなり、立て替えたことから
・「投球制限」「サイン盗み」「日の丸ポロシャツ問題」どうも高校野球はタテマエだらけで気持ちわるいぜ
〜そもそも野球は「盗み」のスポーツ(盗塁、振り逃げ、隠し球)
・日本人ってのはなんでいつも一言でまとまたがるんだろう?
・バカなガキがハロウィンで羽目を外すのはテレビがワイドショーのネタにするから
〜荒れる成人式も同様

おまけその3 令和初の「ヒンシュク大賞」を決定する


【参考書評等】
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: